2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『赤い竪琴』読了。
2005.09.27 (火)
tsuhara-bannar

 津原泰水『赤い竪琴』の感想をこちらに。もうかなーり遅いんだけれど、「津原まつり」ってまだ開催中なのかしら…(笑)。え、もう遅すぎますか、そうですか。

 それにしてもよかった!!
 『綺譚集』や『蘆屋家の崩壊』とはまったく違ったテイストの、まさにオトナのための美しい恋愛小説。エログロいっさいナシ!(笑) それでもやっぱり、どこかに津原テイストが。あー、どうしてブレイクしないんだ、津原泰水!!

 でも、彼は、ひっそりと本棚に隠し持っていたくなる作者かも。
 もしも誰かの家にお邪魔して、本棚に彼の作品を見つけたら、思わず心の中で抱きしめてしまいそう(笑)。でも、話題にはしないのが、きっとお約束なのだ(笑)。

スポンサーサイト
【記事編集】 13:46| 国内作家 た行| トラックバック:5| コメント:6Top↑
コメント
ちょろいもさん、TBありがとう!
今、うちのblog、livedoorの呪いにかかってるので、まともに動いてないのですが、
よくぞ、TBして下さいました。(嬉し)
なかなか投稿サイトにも入る事ができず、ちょっとの間にこちらにお邪魔しています。
ちょろいもさんの感想、読ませてもらって
最後のコトバ・・・オトナになったら読んで欲しい・・・に、
にんまりしてしまいました。
そうなのよね。静かで、ホント、抑制がきいてて・・私も心に沁みました。
クルージングで一緒になった老夫婦のように歳を重ねられたらいいなぁ・・・と思いましたわん♪
にしては・・ちょっと落ち着けって感じですが(自分、笑)
今、『剣と薔薇の夏』、図書館に予約中です。早く順番来ないかなぁ・・(楽しみ!)
ワルツ | 2005.09.27(火) 21:34 | URL 【コメント編集
>ワルツさん
なんだかワルツさん、災難なことになってらっしゃるようですね。
うちも同じlivedoorなんですが、最近は快適なんですよね~♪
日頃の行いが…おほほ(笑)。
『赤い竪琴』はホントによかったですわ~~~~。
期待してなかっただけに、不意をつかれました(笑)。
『剣と薔薇の夏』、ワルツさんの感想が楽しみです~~(*^-^*)。
ちょろいも | 2005.09.27(火) 22:11 | URL 【コメント編集
津原まつりはまだまだ開催中でございます~。
ええ、やり続けますとも!(笑)
と言いつつ。
>でも、話題にはしないのが、きっとお約束なのだ(笑)。
そうそう、そうなんですよね。
こっそり秘密を共有して、心の中で共犯者になるのが似合うんですよね。
…なんて言ってたら、なかなか布教できなくてダメなんですが。(笑)
でもほんと、本棚に「赤い竪琴」があるのを見つけた日には
もう、むぎゅーっと抱きしめたくなっちゃいますね。あ、心の中で。(笑)
四季 | 2005.09.28(水) 10:41 | URL 【コメント編集
>四季さん
こんにちは~~~
どうも最近出不精で(笑)、TBしっ放しが多くてスミマセン…。
四季さんのところはいつでも賑わってらっしゃるので、
なかなか書き込みに勇気がいるのですよ…人見知りなので(笑)。
そうそう、布教するにはダメダメなのはわかってるのですが、
「心の中での共犯関係」こそがツハラにはふさわしい…!と
思ってしまいますね~~。
ちょろいも | 2005.09.28(水) 12:05 | URL 【コメント編集
こんばんは!
コメントすっかり遅くなっちゃいました。
帰ってきた津原まつり、企画中です。
いま、津原は、雑誌でふたつの連載をもっていて、来年の前半には何冊か出版されそうです☆
赤い竪琴、ほんとに言葉にできないくらい、素晴らしい。
静かで。沈黙が言葉を語ったら、こうなるような。
それでいて、激しくて。
津原さんは、自分のポジションが見つけられずにいた人だと思うけど、
アカタテで、何かをつかんだんじゃないでしょうか。
これから、大いに期待していいと思っています!
overQ | 2005.10.02(日) 18:59 | URLコメント編集
>overQさん
「帰ってきた津原まつり」ですか!
どんな企画になるんでしょう。楽しみですわ~~~~。(*^-^*)
新作もぜひぜひ、はやく手に取ってみたいです。
でもまだまだ、読んでいない旧作が残っているんですけどね(汗)。
「沈黙が言葉を語ったら、こうなる」って
なんて素敵な、そして的を射た表現なんでしょう!!
さすがoverQさん、詩人です。(^-^)
ちょろいも | 2005.10.03(月) 11:30 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
赤い竪琴津原 泰水集英社 2005-01売り上げランキング>overQさん「帰ってきた津原まつり」ですか!どんな企画になるんでしょう。楽しみですわ~~~~。(*^-^*)新作もぜひぜひ、はやく手に取ってみたいです。でもまだまだ、読んでいない旧作が残っているんですけどね(汗)
2005/09/27(火) 18:45:44 | moji茶図書館
 [amazon] [bk1] 津原泰水まつりエントリ第3弾です。本当は刊行順に読もうと思ってたんですけど、「ペニス」は今回こそゆっくりと読もうと決心してるし(...>overQさん「帰ってきた津原まつり」ですか!どんな企画になるんでしょう。楽しみですわ~~~~。(*^-^*)新作も
2005/09/28(水) 10:35:51 | Ciel Bleu
赤い竪琴津原 泰水津原泰水ですよ?この本の前に出版された本は『綺譚集』ですよ?まったく予備知識ナシで読み始めたのでびっくりしました。ものすっごいキレイでグロくて不気味な作品かと思ったら、キレイだけれども一筋縄ではいかない極上の恋愛小説でしたよ。美...>overQ
2005/09/29(木) 00:40:44 | コウカイニッシ。
たら14も始まって、なかなかいそがしい今週ですが、なぜかのんびり、いまだ津原まつりをアップしてみる私です。(うちのたらは、明後日くらいに) 九十九夜は、今週はお休み。絵のストックがないし。怠ける口実もできたし(笑) 尊敬する人は山岡士郎な私…。今、日本に欠..
2005/10/02(日) 19:03:27 | AZ::Blog はんなり、あずき色のウェブログ☆
赤い竪琴発売元初めての作家さん。ブログをやらなかったら知らなかった作家さんだが、本屋でこの本はみかけていた。表紙の、暗いようで美しい赤が何...>overQさん「帰ってきた津原まつり」ですか!どんな企画になるんでしょう。楽しみですわ~~~~。(*^-^*)新作もぜひぜひ
2006/01/18(水) 01:59:36 | 本を読む女。改訂版
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。