2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
あけましておめでとうございます。
2012.01.03 (火)

 あけましておめでとうございます。ひっそりとブログを再開いたします。
 もうHPの更新はできなくなってしまったので(ホームページビルダーなくしてしまったので)、とりあえず、ここで読んだ本の感想などつらつら綴っていけたらなあと。

 というわけで、2012年最初に読了したのは、ニール・ゲイマン「ネバーウェア」です。

 もう20年くらい前になりますが、大学時代1ヶ月ほど、ロンドンでホームステイしていたことがあります。初めての海外旅行。初めての一人旅。初めてのホームステイ。
 毎日毎日初めてのことの連続で、語学学校がひけると毎日電車でロンドン市街に出て、大英博物館に通い、ミュージカルを観まくり、いろんな国の友だちとパブに行って1杯か2杯のジンライムでお互いにつたない英語で一生懸命会話しました。
 そのときの、ロンドンの空気を思い出しました。
 古くて、いろんなものがごちゃまぜで、なんでもある街だったロンドン。
 縦横無尽に地下を通る地下鉄。
 いろんな臭い、いろんな人種。
 ロンドンならきっと、こんな地下世界はきっとあるに違いない。

 主人公のリチャードは、婚約者と大切なディナーに行く途中で怪我をした少女を助けます。そしてそのことと引き替えに、今まで持っていたすべてを失い、異世界に放り出されます。
 ”開け手”である少女ドア、胡散臭い伯爵、ねずみ語りの君、天使イズリントン、不気味な二人組の殺し屋…かくも「いかにもなファンタジー」の登場人物たちが、ロンドンでは地に足をつけて、確かな質量を持って、存在しています。
 いつか自分の世界に帰りたい、それだけを目標にリチャードは地下世界を旅し、「成長」していきます。

 なんてどっしりとした、手で触れられるようなファンタジー。
 出逢えて良かった、と心から思えるような物語。
 いきなり新年からこんな本を読めるなんて、幸先いいことこの上なし。
 ファンタジーなんてふわふわした綿菓子みたいだ、と思っている、読み応えのある物語を求めるすべての人に、自信をもってオススメします。
 紹介してくださった七生子さん、ホントにありがとうー!!





スポンサーサイト
【記事編集】 14:29| 海外作家 カ行| トラックバック:0| コメント:2Top↑
コメント
●こうしてひっそり君を
見つける私も私(爆)

いや、定期的にきてはいたのです、いつ再開するんだろうなと。
しつこい性格なので、じわじわときてはいるのでした。
そしてこうして見っけ。
きている甲斐があります。

感想、また楽しみにしていますね。
と、今日のところはまずはご挨拶を^^
ともきち | 2012.02.06(月) 08:49 | URL 【コメント編集
1年遅れであけましておめでとうございますw
いやー全然きづきませんで、大変失礼いたしました(大汗
ブログ再開、いったいいつになることやら…
ちょっと考えてみます~
すごい嬉しかったです。ありがとうございます!
ちょろいも | 2013.02.09(土) 23:46 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。