2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『覇者と覇者 歓喜、慙愧、紙吹雪』。
2009.02.18 (水)
覇者と覇者  歓喜、慙愧、紙吹雪
 打海文三『覇者と覇者 歓喜、慙愧、紙吹雪』の感想をこちらに。

 ああ、待ちに待った<応化クロニクル>三部作の第三部は、残念なことに作者急逝により未完のまま出版された。
 思えば第一部『愚者と愚者』は自分ではおそらく手に取らないタイプの、表紙も趣味じゃないハードカバーだった。それが縁あってわたしの手に届き、気乗りしないまま読み始めて「おもしろいーー!!」と感激し、続きが出るのを心待ちにし、それまで他のも読んでみよう…と思って手に取った『ぼくが愛したゴウスト』の感想を書いたブログには思いがけず著者本人様からのトラックバックをいただき、冷や汗をかいたっけ。
 まだまだ若い方だったのに。
 まだまだ続きが読みたかったのに。
 改めてご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
【記事編集】 08:19| 国内作家 あ行| トラックバック:1| コメント:0Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「覇者と覇者 -歓喜、慙愧、紙吹雪-」打海文三(2008)☆☆☆☆★[2009055] ※[913] 国内、近未来、内乱、戦争、日本、シミュレーション、孤児、少女、マフィア、セックス、ジェンダー、終戦 内乱は続いていた。それでも海人はいつか家族で住むための家、そこには幼い...
2009/06/01(月) 18:22:46 | 図書館で本を借りよう!~小説・物語~
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。