2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『楊令伝(二)』。
2007.11.27 (火)
 北方謙三『楊令伝(二)』を東京から帰る飛行機の中で読了。ちゃんとした感想の方は全巻読破してから…の予定なんだけど、『水滸伝』を読んだときもそうだけど、全部読んでから感想を…と思っても、さすがに長すぎて細かいところは忘れちゃうし、登場人物はめちゃめちゃ多いのでわけわかんなくなったりしちゃうし(いや水滸伝は恐ろしいほどにたくさんの登場人物がちゃんとキャラ立ちしてるんですが)、というわけでとりあえず2巻の感想、というかさらっと雰囲気を書いてみようかな。

 何と言っても楊令が大きくなりました。ここまで成長するとは。恐ろしい子…! 1巻ではタイトルに名前がつくほどの最重要人物であるにも関わらず出番が少なくてやきもきさせたんだけれど、今回はかなり登場シーンが多くなってるわ。水滸伝の時からずーーーーーっと心に暗いものを抱いていた武松をガラリと変えたり、呉用にまで影響力を及ぼすほどの「漢(おとこ)力量」(今わたしが創作しました)は見事。わたしの愛した(笑)楊子が命を賭けた子供なだけある。

 それにしても毎回出てくる漢たちにシビれる一級のエンタメ作品ではあるんだけど、実はこっそり思っていることが。
 なにかあったら子午山に送りつけるって、ズルいよね(爆)?

 3巻もすでに出版されていて、早く読みたくってウズウズ。図書館様、早く回してくださいませ(笑)。
スポンサーサイト
【記事編集】 13:44| 国内作家 か行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。