2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『”文学少女”と慟哭の巡礼者』。
2007.11.19 (月)
 扁桃腺炎が治ったと思ったら今度は胃腸にキて、すっかり体調を崩してました…。なんとか週末を乗り越えて無事復調。先週いっぱいはまったく読む気にならなかった本の山もまた手に取り始めた週始め。図書館本もだんだん増えてきたわ(笑)。

 というわけで、野村美月『”文学少女”と慟哭の巡礼者』の感想をこちらに。次のシリーズ最終巻をひかえてそろそろクライマックスという感じの”文学少女”シリーズ。今回はやわらかいハートには号泣モノ。巻を重ねるごとにどんどんよくなってくるなあ。これってアレだよね、人気が出たからどんどん巻を重ねる、というのではなく、ちゃんと次はこう、次はこう、とシリーズ全体の構想があって、その構想に沿って物語が語られていくからよね。わたしは基本的にシリーズがだらだら長篇化して読者と作者が馴れ合いに陥るようなお話が苦手なんだけれど、このシリーズはそういう作品とはきっちり一線を画している気がして好ましい。間に外伝が挟まれるようだけれど、次の最終巻ではきっちりとシリーズを終わらせてほしいなあ。
スポンサーサイト
【記事編集】 12:21| 国内作家 な行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。