2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『”文学少女”と穢名の天使』。
2007.10.31 (水)
 ”文学少女”シリーズ第4作目にあたる、野村美月『”文学少女”と穢名の天使』の感想をこちらに。今回の下敷きになる物語は舞台化・映画化を繰り返す超名作。わたしは何度も舞台を見てるし映画もちらっと見たことあるんだけれど、原作は読んでいないんだよねえ…orz。ついこの間もこの作品を下敷きにした短篇を読んだばかりだし、これはいよいよ読めってことかしら。秋も終わっちゃうし。

 それはともかく、今回の文学少女は非常に読み応えがあったわ。いつもどうしてもラノベ特有のあのノリに、楽しみながらも軽くヒいてしまって心から物語に入り込みきれない自分がいるんだけれど、ここへきてまったく違和感なく物語を楽しめてしまった。わたしがラノベに馴れたのか?(笑) いやいや、そうじゃないと思う。物語が「かつての少女だったわたしのための物語」から、「わたしのための物語」に変わってきた気がする。これは次作がもんのすご~~~~く楽しみっ♪
スポンサーサイト
【記事編集】 09:29| 国内作家 な行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。