2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『アラーの神にもいわれはない』。
2007.10.06 (土)
 高校生が選ぶコンクール賞、2000年受賞作の『アラーの神にもいわれはない』の感想をこちらに。これで現時点で読んでいない受賞作はたぶん『フランスの遺言書』のみ、だと思うのだけれど、とにかく毎度毎度思うのがその受賞作のレベルの高さ。『ある秘密』も『マグヌス』も本当に素晴らしかったし、『碁を打つ女』もよかった(これは後日感想をあげる予定)。でも、敢えて言えばこの作品は、それらを上回るほどの力のある作品で、わたしはその衝撃に打ちひしがれた。言葉の限界を超えて、この胸に届く衝動はなんだろう。著者は残念ながら2003年に急逝し、死後にフランスで遺作となる本作の続編『Quand on refuse on dit non』が刊行されたそうだ。ぜひぜひ翻訳を期待したい。

 ついでに言えば、この本、装丁ですっごく損をしていると思うわ。わたしは手に取ったときうっかりノンフィクションかと思った。こんなにも素晴らしい語り部が語った素晴らしい物語であるのに。ノンフィクションの価値をわたしははっきりと認めている。けれどそれと同じように、物語には物語だけが持つ力がある、と思う。

スポンサーサイト
【記事編集】 11:46| 海外作家 カ行| トラックバック:1| コメント:2Top↑
コメント
ようやく読みました。
物語の力を感じさせてくれる小説でしたね。
訳者の方の熱い想いも伝わってきて、素晴らしかったです。

でもほんとにちょろいもさんの感想を読んでいなかったら読まなかったとおもう…この表紙…。ありがとう!!
りつこ | 2008.02.01(金) 12:57 | URL 【コメント編集
>りつこさん

ながらく放置してしまってスミマセン!!
読んでくださったんですね~~~。りつこさんも「物語の力」を感じてくださったようでとってもとっても嬉しいです。

しかしホントにこの表紙、損しまくりですよね!!(笑)

ところで高校生ゴンクール賞受賞作の最新の邦訳『ファラゴ』がでましたね♪ わたしはさっそく図書館に予約いたしました~。
ちょろいも | 2008.02.19(火) 11:06 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アラーの神にもいわれはない―ある西アフリカ少年兵の物語 作者: アマドゥクルマ, Ahmadou Kourouma, 真島一郎 出版社/メーカー: 人文書院 発売日: 2003/07 メディア: 単行本 ★★★★★ 冷戦後アフリカの最悪の紛争、リベリア・シエラレオネ両国の内戦の惨劇、チャイルドソ
2008/02/01(金) 12:58:45 | りつこの読書メモ
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。