2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『ふたりジャネット』。
2007.10.06 (土)
 河出書房新社の奇想コレクションの1冊、テリー・ビッスン『ふたりジャネット』の感想をこちらに。純粋に読書が愉しめる上質な1冊。奇想コレクションはこれで4冊目になるんだけど、どれもこれもアタリばっかりだな~。ぜひぜひ全部制覇したいところだけど、いったいいつになることやら…。orz 今特に読みたいなあと思うのは、『夜更けのエントロピー』、『最後のウィネベーゴ』、『悪魔の薔薇』あたりかなあ…。
スポンサーサイト
【記事編集】 00:14| 海外作家 ハ行| トラックバック:0| コメント:4Top↑
コメント
ああっ。これも好きです。ちょろいもさんの読んでる本がどれもツボでつい一言書きたくなる…。
「アンを押してください」とか、変な話だよねぇ…。普通に変なんだよねぇ。
この作家イイ!と思って他の作品を読んだら、SFSFした作品でちょっと…でしたわ…。
りつこ | 2007.10.06(土) 00:25 | URLコメント編集
>りつこさん

ふたりジャネットはりつこさんが好き、とおっしゃっていたので手に取ったんです(はぁと)。
「アンを押してください」、ヘン過ぎますよ!(笑)
他の作品はSFSFしてるんですね~。
わたしは結構SFは好きなので、読んでみようかしら。
ちょろいも | 2007.10.06(土) 11:48 | URL 【コメント編集
●遠隔反エントロピー的場の相対的線形安定性
こんにちは。
「熊が火を発見する」はしみじみしましたねえ。
これは熊だからいいので、もし猫が火を発見してたら、
そいらじゅう火事になりそう。

ウィルソン・ウー、ドラえもんみたいで面白いですね。
「この現象は、単なる不適合新位相幾何学的超越ユークリッド的隣接じゃない」
とか、言ってみたいなあ。
木曽のあばら屋 | 2007.10.07(日) 20:18 | URLコメント編集
>木曽さん

わはは!
たしかにこれは、猫じゃダメですよね!
熊以外で今いろいろ考えてみましたが(笑)、やっぱり熊がいちばんしっくりきます。

ウィルソン・ウーシリーズは笑えました。
主人公じゃないのにウーシリーズだし(笑)。
こういう強烈な個性を持つキャラクターは、読んでいて楽しいですね。
木曽さんはウーの素質がありそうな気がしますよ!
なんだかウーの口調が似合いそうなイメージです。
早口言葉の練習に励むといいんじゃないでしょうか(違)。
ちょろいも | 2007.10.09(火) 09:39 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。