2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『朝日のようにさわやかに』。
2007.09.06 (木)
 恩田陸『朝日のようにさわやかに』の感想をこちらに。スミマセン、個人的にはイマイチ…。直前に読んだ『黄昏の百合の骨』がけっこう好みだっただけに、残念。しかし多作な作家さん。わたしは後半はわりと読んでると思うんだけれど、初期の作品はまだまだボロボロ取りこぼしがあるのよね…。いつかまとめて全部読んでみたいんだけれど(けっこうリンクしてる作品があるのよね)、いやーいつになることやら。まず手元に揃えるだけで大変そうだ(苦笑)。読み出すとどれも非常にサクサク読めるんだけどなあ。

 北海道はすっかり夏は終了いたしました。街路樹のナナカマドが赤く色づいてキレイ。こどもたちは今日からTシャツの下に肌着を着せました。半ズボンもそろそろしまわなくちゃなあ。

スポンサーサイト
【記事編集】 10:00| 国内作家 あ行| トラックバック:1| コメント:0Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
朝日のようにさわやかに出版社: 新潮社 (2007/03)ISBN-10: 4103971088評価:70点表題作を含む、14作品からなる短編集。極めて個人的な感想を結論から言うと、恩田陸はやっぱり長編のほうが面白いなということだろうか。この短編集自体が、5年ぶりの短編集....
2007/11/09(金) 01:01:47 | デコ親父はいつも減量中
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。