2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『鴨川ホルモー』。
2007.06.21 (木)
 万城目学『鴨川ホルモー』の感想をこちらに。なんてバカバカしい…(笑)。作風は同じ京都を舞台にした作品ばかりをかいている、森見登美彦を連想させる。たぶん誰しもが思うことのような気もするけど(苦笑)。このままこの路線を突っ走っていくのか、それとも独自路線を築き上げていくのか、今の段階ではまだ未知数という感じだけれど、とりあえずホントにただただ、どこか突き抜けておバカなこの感じは個人的に好きな部類。第2作『鹿男あをによし』も、近いうちに読みたいと思います。

 あ、ちなみに、このタイトルを始めついつい『鴨川モルホー』と読んでしまい、未だに間違ってしまうというわたしのマヌケさは内緒ってことでひとつ(笑)。
スポンサーサイト
【記事編集】 22:20| 国内作家 ま行| トラックバック:0| コメント:4Top↑
コメント
●ということでお久しぶり(ここでは)
森見を連想するのは
誰もがだろうけど、
モルホーと読むのは初めてここで見たわ。ぐふ。

皆、ホルモン、という連想なんだよね。
ちょろいもさん、発想が違うわ違うわと思ったり。
でも言われると段々
モルホーと見えてきて
明日あたりどこかでモルホーと叫びそうな自分が怖い(爆)
ともきち | 2007.06.22(金) 05:21 | URL 【コメント編集
>ともきちさん

わざわざこちらにまでいらしてくださってありがとう。
モルホーはわたしだけ? わたしだけなの!?
相方もこの本は既読なんですが、モルホーについては「誰も間違わないだろ…」と一蹴されました(涙)。
わたしは未だにこの本のタイトルを口にするときには一瞬どっちだったか頭の中で確認しますよ!(笑)
ちょろいも | 2007.06.22(金) 11:17 | URL 【コメント編集
●仲間です!
こんにちは。
私もモルホーと間違えてしまう者です。
うちの娘たちも。
タイトルは、ちょっと考えてから(ホルモンに似てるから、ホルモー…)口にするようにしています。
でも意識していないとつい「モルホー」と言ってしまう。
小葉 | 2007.06.23(土) 11:56 | URL 【コメント編集
>小葉さん

うわ~~~~お仲間が!!(感激)
ずっとパソが壊れててここもアクセスできなくなってました…。お返事遅くなっちゃってホントにスミマセン。
でもめっちゃ嬉しいです~~。
これからは間違っても少しだけ安心できそうです(笑)。
ちょろいも | 2007.07.09(月) 21:05 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。