2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『神無き月十番目の夜』。
2007.02.16 (金)
 飯嶋和一『神無き月十番目の夜』の感想をこちらに。久しぶりの時代小説。初めて読んだ作家さんなのだけれど、とにかく読んでいて苦しくて苦しくて、その重さに胸が潰れそうだった。辛い読書だったのに、でも価値ある読書だと信じられる貴重な一冊。この本を手に取ったのは以前も書いた本好きSNSの読書会コミュの課題本になったからなのだけれど、絶対自分から手に取る本ではなかっただけに読書会のありがたみをひしひしと。あ、この読書会はどなたでも参加できますので、興味のある方はぜひぜひ(はぁと)。

スポンサーサイト
【記事編集】 15:17| 国内作家 あ行| トラックバック:3| コメント:2Top↑
コメント
●こちらにははじめまして!
ちょろいもさん、読書会ではお世話になっております。
ブログに感想をUPしたのでTBさせていただきますね。
いやー、重たかったですが、私も読んで良かったです。
コミュ様様です。^^
TRK | 2007.02.18(日) 13:46 | URLコメント編集
>TRKさん

いらっしゃいませ♪
こちらこそお世話になってます(はぁと)。
こういう自分では手に取らない、けれど読んでみてものすごく「よんでよかった!」という本との出逢いこそが、読書会の醍醐味ですよね♪

こんな本にたくさん出逢いたいですね~。
ちょろいも | 2007.02.18(日) 21:33 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
神無き月十番目の夜飯嶋 和一 小学館 2005-12-06慶長七年陰暦十月、常陸国北限、小生瀬の地に派遣された大藤嘉衛門は、野戦場の臭気が辺りに漂う中、百軒余りの家々から三百名以上の住民が消えるという奇怪な光景を目の当たりにする。さらに、嘉衛門は地元の者が「カノハタ
2007/02/16(金) 18:16:50 | + ChiekoaLibrary +
某所読書会の2月課題本。歴史の裏に隠蔽されたジェノサイド。打ちのめされました…。神無き月十番目の夜飯嶋 和一 Amazonで詳しく見る by G-Tools慶長七年(一六〇二)陰暦十月、常
2007/02/18(日) 13:36:46 | GOKURAKU Days
神無き月十番目の夜発売元: 小学館価格: ¥ 670発売日: 2005/12/06売上ランキング: 149161おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/02/21聖月さんが人生最高の書とまで言い切ったこの作品、読まねばならぬと早速購入して置いてたのだけど、SNSの読書会の二月課題に
2007/02/22(木) 01:39:31 | 本を読む女。改訂版
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。