2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『ピカルディの薔薇』。
2006.12.29 (金)
 津原泰水ピカルディの薔薇』の感想をこちらに。待望の猿渡と伯爵シリーズ(?)の2作目です。いや~~~~~めっちゃ好み!!わたしは『ブラバン』よりも断然こっち派だなあ。や、そんな派閥は在りませんが(笑)。どうして津原泰水は、こんなにも美しく妖しい世界を描き出すことができるのか。うっとり。くらくら。ヘタすると中毒を起こしそう(笑)。

 いよいよ今年も残すところあと2日。カウントダウンって感じですなー。わたしは明日より実家巡りの旅に出ます。って両方同じ市内なんですが(笑)。そんなわけで、ネットは今日か、もしくは明日で更新納めです。あー、今年の感想、数冊残っちゃったな…。なんとか更新できるかしら。できないか。微妙。

 年末年始の読み納め、読み始め本は京極夏彦『邪魅の雫』になるかと。うまく行けば年内に読み終われるかなー?

 みなさま、今年も1年お世話になりました(ぺこり)。こんなネットの片隅をちょこちょこ覗いてくださるみなさまに心からの感謝を。
スポンサーサイト
【記事編集】 21:22| 国内作家 た行| トラックバック:1| コメント:2Top↑
コメント
●ようやく読みました!
「ブラバン」とあわせて、ようやく読みました!
ついに、作家・津原泰水、目覚めの時が来た…と思いました。
もはや、みにくいアヒルの子ではなく、白鳥として羽ばたく感じ。
「甘い風」のおわりのほうで、
「小手先の知恵ではない。運や風向きでも、またなにかを捧げて手に入るものでもない。血と泥にまみれながらの道程そのものなのだ、表現とは。」
と叫んだところが、津原泰水の作家宣言のようで、大きなブレイクスルーを感じました。
「ブラバン」のほうも、私はすごく面白く読めました。この世代を代表する小説家になりはじめた…なんて思いました☆
overQ | 2007.01.21(日) 21:30 | URLコメント編集
>overQさん

ほんとによかったですよね、コレ。
この世代を代表する小説家に…うんうん、わたしもそう思います。ぜひぜひ、このままさらに羽ばたいてほしい。

『ブラバン』もけして悪いとは思わないんですけれど。
でもこの二つは同じ作家さんとは言えあまりにタイプが違いますから、やっぱり相性というか、好みの問題なんでしょうね~。
ちょろいも | 2007.01.23(火) 12:07 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
津原泰水という作家は、どこかしらみにくいアヒルの子を思わせるものがあって、自分が...
2007/02/04(日) 19:40:56 | AZ::Blog はんなりと、あずき色☆
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。