2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『リンさんの小さな子』読了。
2006.05.30 (火)
 フィリップ・クローデル『リンさんの小さな子』の感想を書きましたが、けっこう辛口かも。というわけで、この作品が大好きで辛口感想は読みたくない!という方はご遠慮くださいね…(苦笑)。辛口でも大丈夫よ!というかたはこちら
 あーどうしてわたしって、世間で「感動作」と呼ばれるモノと相性が悪いのかしら。性格が悪いのかしら(笑)。でもこれは子育てした経験のある人だったら違和感持つと思うのだけれど…。そうでもないのかなあ。
スポンサーサイト
【記事編集】 10:19| 海外作家 カ行| トラックバック:0| コメント:1Top↑
コメント
こんばんは~♪
ちょろいもさん! 感想読ませてもらってきました。(*^。^*)
そっか、そうだよね。子供に対しての愛情はあんなものではないとちょろいもさんの感想から私も思いました。

訳本の微妙な所なんですが、結構最初の方で、子供が実は「人○」だって事が、分かってしまうような。。。
起こすと目を開くとか、静かとか。
リンさんが、子供と一緒にいる様子が、現実の子供に対するものとかけ離れていて、子供のとの場面は、リンさんの孤独を余計に表す効果があったのかなとも思いました。
私は、リンさんの最後の事故がよく分かりませんでした。何だか読後感がすっきりしません。
ワルツ | 2007.03.04(日) 01:10 | URLコメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。