2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
たら23・「笑う門には福来たる! “笑”の文学」
2006.04.26 (水)
bannartara23 たらい回しも23回ですか、そうですか。いやー考えてみれば長々と続いてますなー。というわけで、今回は100文字でのねあ。さんのお題、「笑う門には福来たる! “笑”の文学」でございます。
 これはちょっといいトコついてきましたね!という感じ。回を重ねるごとにお題を出すのは大変になっていると思うんですが(早いうちにたらいが回ってきて本当によかった/笑)、ねあ。さん。素晴らしいです。

 というわけで、わたしが選んだ笑える本はこちら。


【続き】
永遠のジャック&ベティ 清水義範『永遠のジャック&ベティ』。学生時代、この本を読んで初めて読書でお腹が捩れるほど笑い転げるという経験をしました。何回読んでも何回でも笑える。まさにツボ。あまりにおもしろくて家族に朗読して聞かせた本は後にも先にもこれ一冊(笑)。おかげでいまだにジンクピリチオン、セラチオペプチターゼ、塩化リゾチウムといった覚えていてもまったく役に立たない単語、さらに「インパクトの瞬間、ヘッドは回転する」といったコピーを忘れることができません。


本棚探偵の回想 それから最近読んだ中では、喜国雅彦『本棚探偵の回想』。これも笑ったなあ。古書蒐集の奥深さを知りました(笑)。





 最後にマンガ。
これを誰もあげていないのはナゼ…?

ちびまる子ちゃん (1) さくらももこ『ちびまる子ちゃん』。ちょっと国民的過ぎ?(笑) この作品の連載が始まったときは衝撃的でしたわ。りぼん愛読者だったわたし、もうどっぷりとこの世界にはまりまくり。5巻くらいまでしか読んでないんですが(笑)。サザエさんと違って、けっこうちびまる子ちゃんって、毒があるというか、卑屈さがあるというか、そういう意味でもすごーく自分に近い感じがあった気がします。ちなみにこの頃のりぼんはかなり充実していた気がするわ…。恋愛ものも好きでしたが、ちびまる子ちゃんとともに『お父さんは心配症』も衝撃的でした(爆)。これが新人賞を取って掲載されたのもビックリしたけれど、連載になったのにはさらにビックリ。おもしろさもスゴかったけれど、こんな絵でもデビューできるんだ!って(笑)。

 次はCiel Bleuの四季さんですねー(*^-^*)。どんなお題か楽しみでーす♪
スポンサーサイト
【記事編集】 16:19| 本のお話| トラックバック:10| コメント:11Top↑
コメント
こんばんは。
「ちびまる子ちゃん」、初期の頃「お父さんは心配症」との共作漫画ありましたよね。
今ではちびまる子の方はすっかり国民的漫画になってしまいましたが。
それでも「お父さんは心配症」、今でも書店で買えるという点で、すごい作品だなぁと。
ちょっと記事とはそれてしまいましたが、「お父さんは心配症」好きだったのでおもわず書いてしまいました(笑)。
AKI | 2006.04.26(水) 20:40 | URL 【コメント編集
ちょろいもさん、こんばんは。
清水義範『永遠のジャック&ベティ』。家族にも朗読してしまうほどとはすごいですね。
喜国雅彦『本棚探偵の回想』も面白い本の装丁に心惹かれているのですが未読です。
是非、図書館でチェックしたいです。
早速、今、NETから「イラハイ」検索したら、誰も借りておられなくて狂喜してます。
あ~、誰も私が行くまで借りないでね。(借りて無い本の場合はNET予約やできないのです。)
ちびまるちゃんは、懐かしい情景と、大人の感性がたっぷりで、すごい楽しめます。大好きです。
「お父さんは心配性」もめっちゃ、面白い!!最高!
ワルツ | 2006.04.27(木) 01:29 | URLコメント編集
ちょろいもさん、こんにちは。
清水義範さんの本、実は読んだことないんですよー。そんなに可笑しいんですか! ご家族に朗読してしまうほどだなんてすごいなあ。もし初清水作品を選ぶとなると、この本で大丈夫ですか? それとも何か他に清水作品初心者向けの本があったりします?
喜国さんは、私は「本棚探偵の冒険」しか読んでないんです。去年、京都の花園大学で喜国さんの講演会があったんですよ。内容はもちろん古本について。(笑) 私は都合が合わなくて行けなかったんですけど、めちゃくちゃおもしろかったらしいです。行きたかった~。

>早いうちにたらいが回ってきて本当によかった/笑
何を仰るうさぎさん。(古っ) 2度目というのもありますのよ~。油断大敵ですわ!(笑)
四季 | 2006.04.27(木) 08:56 | URL 【コメント編集
ちょろいもさん、おはようございます!

清水義範さん、確か北上次郎さんかどなたかがこんな面白い小説を書くとは~みたいな感じで書かれているのを読んだことがあって、そんなに面白いのかぁと思っていたのですが、ちょろいもさんのお腹をよじれさせるほど面白い『永遠のジャック&ベティ』、一体どんな本なのかものすごく気になります!
みらくる | 2006.04.27(木) 09:20 | URLコメント編集
ぎゃー、ごめんなさい。
ブログが下に下がっちゃったの、私がシンプソンズのリンク先の
長いアドレスを書いちゃったからかも。
もしそうだったら、削除してくださいませ。
お手数かけてすみませんm(。≧Д≦。)m
LIN | 2006.04.27(木) 10:32 | URLコメント編集
>AKIさん

いらっしゃいませ(はぁと)。
そうそう、共作マンガってありましたね!!
AKIさん、よく覚えていらっしゃる(笑)。
わたしも「お父さんは心配性」大好きでした~。


>ワルツさん

や、なんというか、ものすごく個人的にツボにはまったんですよね~<永遠のジャック&ベティ
ワルツさんも笑えるといいんですが。

そうそう、イラハイも早くワルツさんに回ってきますように♪


>四季さん

清水義範はどこから読んでも大丈夫だと思いますよ~。
しかし家族に朗読って今考えてもバカですねえ(笑)。
実はわたしは本棚探偵は回想しか読んでません。冒険も読みたいと思いつつ…。
講演会、わたしも行きたかったですわ!!


>みらくるさん

清水義範は笑えます。
ぜひぜひこの機会にご一読を。
あー、でもウケなくても怒らないでくださいね!(笑)


>LINさん

せっかく素敵なサイトご紹介くださったのにごめんなさい~! お言葉に甘えて削除させていただきました。
清水作品、本と本との間の箸休め的に読むにはもってこい!の作品だと思います♪ プルーストの合間にどうぞ~(笑)。

ちょろいも | 2006.04.28(金) 12:39 | URLコメント編集
ちょろいもさん、こんばんは。
「永遠のジャック&ベティ」気になります。
ジンクピリチオンはかなりの有害物質だからタバコ並みに避けた方がいいとか、
塩化リゾチウムは卵の白身から作られていて、だから卵アレルギーの人には禁忌だとか、
そんな事は知ってる私なんですが、未読でした。
これを機会に読みます。はい。
きみ駒 | 2006.04.30(日) 00:40 | URLコメント編集
●ご参加いただきありがとうございます
ちょろいもさん こんにちわ(^^)
遅くなって申し訳ございません。

『永遠のジャック&ベティ』読み聞かせをされたんですか?これはかなり面白そうですね~探します。

そういえば『ちびまる子ちゃん』もそうですね。
ノスタルジックな部分がクローズアップされることもしばしばですが、元来かなり毒はいてますね(笑)

楽しい本をありがとうございます♪
ねあ。 | 2006.04.30(日) 17:21 | URLコメント編集
>きみ駒さん

TBしたんですがなんか文字化けに…
スミマセン~~~
ジンクピリチオンって煙草並みの有害物質なんですね。知りませんでした~。
ちなみにジャック&ベティを読んでもそういった有益な知識は何一つ得ることはできませんのであしからず(笑)。
きみ駒さんにも気に入っていただけるといいんですが。


>ねあ。さん

いえいえ、わたしもコメントはいっつも遅れまくりですから…。(^-^;)
ジャック&ベティは何しろツボだったんですよね~。ねあ。さんも同じツボにはまれるといいのですが。

ちびまる子ちゃん、なんだか最近ほのぼのマンガ化してる?と思うんですけど、連載当時はかなり毒ありましたよね? わたしはその毒にしびれましたわ~。
ちょろいも | 2006.05.02(火) 13:48 | URLコメント編集
こんばんは。
コメントが遅くなって、申し訳ありません。
>『お父さんは心配症』
私も岡田あーみん大好きで、何度も読みました。好きなシーンは、ビル火災のときにお父さんと北野君が放水に乗っかって「ファイトーぉ、いっぱあつ!」と、某栄養ドリンクのCMコピーを絶叫するカットです。
ちなみに、『こいつら100%伝説』も読むたびに爆笑しています。
多摩のいずみ | 2006.05.10(水) 01:31 | URLコメント編集
>多摩のいずみさん

いえいえ、遅くなっての謝罪だなんて!!
わたしなんてTB送りっぱなしですから…(大汗)。どうしてもネットで筆まめになれません。スミマセン!
ネット熱みたいなものがわたしの中にあって、それが非常に熱しやすく冷めやすいため、御しづらくて難儀してます…。

多摩のいずみさんもあーみん大好きだったんですね!意外ですわ(笑)。
ちなみにわたしは『こいつら100%伝説』はダメだったんですよねー(苦笑)。
ちょろいも | 2006.05.11(木) 09:47 | URLコメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
これまで天才によって創造されたあらゆる書物の中で最も偉大な、最も憂鬱な書物。 現...
2006/04/26(水) 20:01:34 | AZ::Blog はんなりと、あずき色☆
過去2回参加させていただいた「たら本」。楽しかったので前回あたりからまた参加させていただこうかな…と...
2006/04/26(水) 22:28:56 | unaG -2nd Season-
第23回たらいまわし企画。今回はねあさんのお題『笑う門には福来たる! “笑”の文学』でございます。わたしが真っ先におもいついた「笑える本」は…
2006/04/27(木) 02:33:22 | コウカイニッシ。
今回のお題は、「笑う門には福来たる! “笑”の文学」です。 関西人となって早○○年。いつしか会話の中でもボケたりツッこんだり、この話をどうやって落とそうかと考え...
2006/04/27(木) 04:52:04 | Ciel Bleu
今回の主催は「100文字で」のねあ。さん。お題は「笑う門には福来たる! “笑”の文学」です(^O^)。新年度が始まり、4月もそろそろ終わりに近づいてきました。少し緊張感も解けてきた頃だと思います。でも、こういった時に疲れがどっとでてしまうもの。そこで今....
2006/04/27(木) 06:40:59 | イタリアごろごろ猫記
たらい回し本のTB企画第23回、始まったようです。 主催は、 「100字で」のねあさま。 お題は、「笑う門には福来たる! “笑”の文学」 おーーー!!!「笑門来福」は、私のモットー。 でも笑うたびに、記憶がとんでしまって、笑ったコトだけが鮮明で、 何がおもし
2006/04/27(木) 09:34:56 | おかぼれもん。
たらいまわし本のTB企画第23回。 今回は「100文字で。」のねあさん主催です。...
2006/04/27(木) 21:05:26 | ほんの保管所-仮
本大好き!な皆様、こんにちは。きみ駒と申します。今回も、遅くなりましたが、たら本企画に参加させて下さい。主催者は「100文字で」 のねあ。さん。よろしくどうぞ。テーマは「笑」だ。わはははは。
2006/04/29(土) 15:30:13 | KIMIKOMA Weblog
ちょっと遅くなってしまいました。申し訳ございません。 第23回開催させていただきます(^^)どうぞお手柔らかに… 今回は“笑”の文学です。 新年度が始まり、4月もそろそろ終わりに近づいてきました。 少し緊張感も解けてきた頃だと思います。でも、こういった時に疲
2006/04/30(日) 18:02:52 | 100文字で
「たら本」であります。遅ればせながら参加申し上げたく存じます。
2006/05/03(水) 22:06:24 | 混乱と反省の日々
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。