2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『アラビアの夜の種族』読了。
2006.04.07 (金)
 古川日出男『アラビアの夜の種族』の感想をこちらに。

 や、素晴らしかった。第55回日本推理作家協会賞、第23回日本SF大賞ダブル受賞というのもダテじゃない。推理小説というのもSF小説というのもちょっと違う気はするけれど(笑)。

 なんたってこの入れ子構造の物語と、さらに「はじめに明記するけれども、これはぼくのオリジナルではない。」という前書き、そしてこの作品の底本となる英語版『アラビアの夜の種族』に著者がサウジアラビアで邂逅したいきさつを記したあとがきのような「仕事場にて」、このすべてが丸ごと古川日出男の創作だということにシビれる。

 古川作品は敷居が高い。受け容れ層が狭い。けれどそこに飛び込めばめくるめく古川ワールドがそこに必ず待っている。
 古川日出男と同じ時代に生まれたシアワセを噛みしめちゃうわ…。


 
スポンサーサイト
【記事編集】 12:22| 国内作家 は行| トラックバック:3| コメント:2Top↑
コメント
こちらにもこんばんは~♪
読み終えて、あ~面白かった・・・と本をすりすりしてしまった一冊ですした。
アイユーブ、ナポレオンの現実エジプトと、剣と魔法の物語世界が絶妙に混ざり合って、イスラムの世界も地下迷宮も、ホントに!物語の世界をゴージャスに堪能させてもらいました。
あっ、トルネコは、息子が小学校の時にやっいたロールプレイングゲームなので、一応知ってます。長い事、猫の冒険なのかと思ってましたが。(笑)
ワルツ | 2006.04.09(日) 01:20 | URLコメント編集
>ワルツさん

や、ホントにおもしろかったです!!
魅力ある本に出逢えてしばし鬱々とした気分を忘れさせてもらいました(笑)。
ホントにゴージャスでしたね~~~。
ちなみに、トルネコは息子さんがやってたんですか。イイ年してお恥ずかしいですわ(苦笑)。
ちょろいも | 2006.04.11(火) 18:46 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  ◎ 『13』  ◎ 『アビシニアン』◎◎ 『アラビアの夜の種族』◎◎ 『中国行きのスロウ・ボート RMX』文庫改題『二〇〇二年のスロウ・ボート』  ○ 『サウンドトラック』◎◎ 『ボディ・アンド・ソウル』  ○ 『gift』◎◎ 『ベルカ、吠えないのか』
2006/04/12(水) 21:59:56 | 「本のことども」by聖月
うーん、大傑作である。夢と魔法のファンタジックアドベンチャーである。アラビアを舞台にした比類ない冒険活劇である。砂漠の町を舞台の中心に据え、砂漠の地下に存在する迷宮へ読む者を引きずり込む幻想世界である。そんな設定のみでなく、著者の精緻な文体も冴えまくり、
2006/04/12(水) 22:00:48 | 「本のことども」by聖月
いつだったか、夜中に目がさめて、なんとなくテレビをつけたらドキュメンタリー番組をやっていた。ある職人の話。残念なことに、その人には技術があっても商才がない。お金がなくて材料を買えないのだ。でも品物をつくって展示しなければ注文が来ない。そこで、借金を....
2006/04/30(日) 15:00:55 | ぱんどら日記
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。