2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『北緯四十三度の神話』読了。
2006.03.15 (水)
 浅倉卓弥『北緯四十三度の神話』の感想をこちらに。『雪の夜話』に続いて札幌が舞台の小説で、どうも共通の登場人物がいるみたい。やっぱり彼女って彼女なのよね…??

 ああ、それにしてもこの作家はほんとに、札幌のあのシンとした雪の季節を描くのがうまいなあ。中学生の姉妹が雪の積もった路上を下校途中、車の轍を辿るようにして歩く…なんて描写、やっぱり雪国で育った経験がないと書けないと思うわー!

 もう少し寒い季節に読んでおけば、もっとひたれそうでよかったかも…。

 今日はちなみにぴよの幼稚園の卒園式。ぴよはあと1年あるけれど、年長さんのお母さんたちはみんなウルウルしてました。幼稚園の卒園式って親にとっては感慨一入らしい。そうだよねえ、なんか今までの子育ての苦労が走馬燈のように蘇るんだろうな。

 ぴよもあと2日登園したら春休み。4月からは姉弟揃って幼稚園だわー。ああ、今から4月が待ち遠しい!!(笑)
スポンサーサイト
【記事編集】 23:49| 国内作家 あ行| トラックバック:4| コメント:4Top↑
コメント
もう卒園式だったんですか!早いっ!
我が家は今度の土曜日です。
もう…今から卒園式を思って泣きそうですわ。

4月から姉弟揃って幼稚園ですか!
ぴこちゃんももうそんなに大きくなったのか!
お母さん、だいぶ楽になりますね~。
七生子 | 2006.03.16(木) 11:09 | URLコメント編集
私が勤めている幼稚園は今日が卒園式でした。
年長さんのお母さんたちは皆ハンカチ握り締めておりました。
今年も子供たちは元気に巣立っていきました!
AKI | 2006.03.16(木) 18:24 | URL 【コメント編集
>七生子さん

そして今日はぴよの修了式です。
幼稚園の卒園式って一番親はグッとくるらしいよー。わたしなんて今からヒトの話を聞くだけでウルウルしちゃうよ(笑)。

来年はスポーツクラブにでも通おうかと計画してるわ!(笑)


>AKIさん

わ、引っ越したの気づいてくださったんですね♪
AKIさんは幼稚園の先生だったんですね!
先日の娘の幼稚園の卒園式では、年長さんの担任の先生方はみなさん袴姿でとってもキレイでした~。
ちょろいも | 2006.03.17(金) 10:11 | URL 【コメント編集
ちょろいもさん、こんばんは♪
TBさせていただきましたが、現在第4回新刊グランプリの加点投票&クイズを実施しております。
お時間のある時に是非お立ち寄り下さい。
トラキチ | 2006.03.26(日) 00:30 | URLコメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
北緯四十三度の神話浅倉 卓弥 / 文藝春秋(2005/12)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog<“読書は人を成長させてくれる。”そう確信した1冊。>前作『雪の神話』はファンタジー要素が強い作品であったが、本作は
2006/03/16(木) 00:09:46 | 活字中毒日記!
北緯四十三度の神話浅倉 卓弥 文藝春秋 2005-12桜庭菜穂子と和貴子は一つ違いの姉妹。地元の大学に進学し、そのまま大学の助手を勤める菜穂子。東京の大学を卒業後、故郷に戻り、ラジオ局でDJをしている和貴子。様々な出来事の中で、いつの間にか広がってしまった二人の心
2006/03/16(木) 15:13:58 | + ChiekoaLibrary +
みなさんに盛り上げていただいております第4回新刊グランプリ!(第3回の最終ランキングはこちら)現在525票ものご投票誠にありがとうございます。現在までの加点前確定ランキングは次の通りです。1  『死神の精度』 306点 2  『蒲公英草紙』 211点3  『容疑者X
2006/03/26(日) 00:28:39 | 活字中毒日記!
北緯四十三度の神話浅倉 卓弥 文藝春秋 2005-12by G-Tools幼い頃に両親をなくし、祖父母の元で暮してきた、菜穂子と和貴子の姉妹。姉の菜穂子は地元の大学に進学し、そのまま大学で遺伝子の研究を続けています。妹の和貴子は東京の大学を卒業後、故郷に戻り、ラジオ局でD
2006/04/01(土) 23:15:36 | IN MY BOOK by ゆうき
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。