2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
あせった…/古事記読書中。
2004.06.09 (水)
 今朝、パソコンを立ち上げて自分のHPにつないだら、カウンタが消えている! あれっ、と思ってこっちのブログも見てみると、うわーこっちも消えてるよー。

 実はこのカウンタは最近見つけた無料カウンタで、設置するのが登録なしで超簡単、しかもアクセス解析つき♪ということで乗り換えたばかり。やっとアクセスが1万こえてたのに、うわーんどうしよう、とややパニック。で、カウンタ配布のサイトに行ってみると、これまたページ自体が見つからない!! ぎゃー。これはホントにもうダメなの…??

 ちょっと涙目だったけれど、しばらくして昼過ぎにつないだら、直ってました♪ よかった~。
 しかし、今までアクセス解析なんてやったことなかったのに、ちょっとやりだすと解析できないのがこんなにストレスになるなんて…(苦笑)。ちなみに、昨日設置したこうさぎにもアクセス解析がついてるので、ブログの方はとりあえず安心(って何がだ)。


 話はかわって、ただ今橋本治の『少年少女古典文学館 (1) 古事記』読書中。子供向けに古事記の上巻部分をわかりやすく書いたものなのだけれど、これがむちゃくちゃ豪華なのだ~。まず執筆者は橋本治でしょ、監修が司馬遼太郎に田辺聖子に井上ひさし! しかも挿絵はコロポックルシリーズの村上勉ですよ、アナタ!!個人的に古事記って結構好き、しかも橋本治もすごく好き。で、この執筆陣。読まないわけにはいかないでしょー。図書館で返却本の棚に無造作に置いてあるのを見つけたのはもはや運命としか思えない(笑)。

 橋本治は高校に入学したばかりの頃、「世の中には新井素子や氷室冴子以外にきちんとした小説家がいる(ムチャクチャ失礼)」ということをわたしにガツンと教えてくれた作家(笑)。『桃尻娘』は衝撃的だった…。『窯変 源氏物語』なんて全14巻なのに再読しまくってるし(笑)。やっぱり、『古事記』でも橋本治は橋本治ね…ということを再認識しつつ読んでいる。ちなみに、こんなのも見つけた。よ、読みたい…。

スポンサーサイト
【記事編集】 22:33| 雑文| トラックバック:1| コメント:3Top↑
コメント
ちょろいもさん、まさに私も同時刻(多分)、同じ状態に陥りパニくりました。
あそこは無料だから運営が大変なようです。
恐らくサーバーダウンかと・・・
カンパ大募集らしいです。
ところで、ちょろいもさんは「こうさぎ保育園」の事、ご存知ですか?
http://i4.to/
記事投稿に対応していないlivedoorユーザーなどが登録すると、
こうさぎから記事が届く仕組みのようです。
『橋本治の古事記』おもしろそ♪
LIN | 2004.06.10(木) 09:27 | URLコメント編集
橋本治はいいよねぇ。読むとその後、考えている文章が橋本治ちっくになるのでした。「桃尻娘」はまったもの。
でもさいきんはちょっとくどいかなーとひいていたのでした。
「三島由紀夫とはなにものだったのか」も積んでる。
ちょろいもさんの文章を読んで、本棚から出そうとしてます。
ブログうさぎ、興味あるんですよねー。
でもジュゲム、サーバーダウンが多くって。
かっこー | 2004.06.10(木) 10:50 | URL 【コメント編集
>LINさん
わー、LINさんもパニクり仲間でしたか(笑)♪
保育園、全然知りませんでした~! 教えてくださって感謝です(*^-^*)。
でも、なんだか受付が急増しているみたいですね。
わたしも入園できるかしら…。…って、なんだか待機児童みたいですな(笑)。
『古事記』はよかったですよ~。古事記に興味がおありでしたら
オススメです。
>かっこーさん
いいですよね、橋本治!
たしかに最近はくどいかしら…やっぱり年とったのかもしれませんね(苦笑)。
江國香織がセンスで美しい日本語を操る代表とすると、
橋本治は理性で正しい日本語を操っているような気がします。
しかも、いかにその言葉が正しいか、を読者に懇切丁寧に説明しようと
するから、文章がくどくなってしまうのかも(笑)。
『三島由紀夫とはなにものだったのか』、わたしも気になっていたんですよ。
かっこーさんが読んだら、感想を見て読むかどうか決めようかしら(笑)。
じゅげむ、なんだか最近やたら繋がりにくい気がしますね…。
妙に重い時があるし。
かっこーさんもlivedoorに乗り換えましょう!(爆)
ちょろいも | 2004.06.10(木) 16:27 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
[一覧] 書籍一覧 【書誌目次情報】 古事記 少年少女古典文学館1 [講談社 1993/06/10] 【書名】 橋本治の古事記 この本の要約 ↑関連情報 ↑この項目に関するオンラインリソース レビュー・インプレッション MOVIE and BOOK ☆ October 2003 「...
2004/07/11(日) 15:20:55 | PukiWiki/TrackBack 0.1
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。