2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
たらいまわし・本のTB企画「第4回 秋の夜長は長編小説!」
2004.09.01 (水)
tarais とうとう9月。9月と言えば秋はもうすぐそこ。秋と言えば読書(食欲…?)。今年の秋はちょっと気合いを入れて長編小説にチャレンジしてみませんか?

 というわけで、LINさんからたらい回されてきた今回のTB企画のお題は「第4回 秋の夜長は長編小説!」にさせていただきまーす!

 なんたって長編の大好きなちょろいも。上下巻2段組、なんて聞くとそれだけで涎が…(笑)。というわけで、まったく個人的な嗜好によりみなさまのオススメの長編小説を知りたいなーと思って企画してみました。オススメ以外でも、「未読だけどずーーーっと気になってるのよね…」みたいな作品もOKとします。気になるけどその長さに恐れをなしてなかなか手を出せない…そんな作品、結構ありません?(わたしだけ…?)未完の某峠とか(笑)。
 どうぞ、みなさんご参加下さいね(懇願)。

 さて、続く第5回ですが、独断でいつもとっても読書の趣味の合うかっこーさんにお願いしたいと思います!
かっこーさん、お願いしますね~(はぁと)。


☆たらいまわしの輪☆
AZ::Blogさんおかぼれもんさんやっぱり本が好きさん→日々のちょろいも



 そんなわけでさっそくちょろいものオススメ長編をいくつか紹介させて頂きます。


【続き】
 まずは、今まであちこちのブログで何度か話題に上がった埴谷雄高『死霊』を。今は文庫版が全3巻で出版され、入手しやすくなりましたが(それでも1冊1000円を越える…)、今回は敢えて全集版、『埴谷雄高全集 第三巻 死霊』。こちらは旧漢字・仮名遣いで、読んでいる時のあのなんとも言えない雰囲気がますます高められる気がします。そういうわたしも持っているのは文庫の方なんですが、いずれはこの全集が欲しい!

 内容は非常に難解です。正直言ってわたしには理解したとは言い難いです。ある4兄弟を中心に、それぞれの<革命>を語る…というような物語なのですが、とにかく彼らの会話にクラクラ。<虚体>にうっかりすると取り憑かれます。本当は5日間の物語であったはずなのですが、未完により3日目で終わっています。

 一度読んで終わり、というのではなく、20代、30代、40代と何度も繰り返し読んでみたくなる作品です。

 
 続いてもう少し読みやすいものを。

   
本格小説 上      本格小説 下

 水村美苗『本格小説』。あの『嵐が丘』を下敷きにしためくるめく大河小説です。中身が入れ子構造になっているのですが、とにかくグイグイと読ませます。そしてある恋人たちの人生の顛末に呆然としていたところに、いきなり予想外の展開が…。エンターテイメントとしても読み応えバッチリです。

 他にもいろいろいろいろ挙げるとキリがないんですが、他の参加者のみなさまの回答を楽しみにすることにいたしますね~♪

スポンサーサイト
【記事編集】 17:00| 本のお話| トラックバック:26| コメント:41Top↑
コメント
はじめまして
長編小説というと秋の夜長でも読み終えられるかどうかわからないけど、SFでローダンシリーズなんてどうでしょう。
現在301巻まで刊行中です。
また、先月から毎月で年12冊刊行となりました。
もうひとつは、デルフィニア戦記です。全18巻なので、こちらは一気に読めると思います。
柊龍司 | 2004.09.01(水) 18:34 | URLコメント編集
『本格小説』は確かに長編かもしれないけど、あんまりにも面白くって、
下巻は一気に読んじゃった覚えがあるな~。
これは『指輪物語』にも通ずるかもね。最初は1冊を1週間以上かけて読んでたのに、
最終巻は一日で読んじゃったもん。
私にとっての「未読だけどずーーーっと気になってるのよね…」は
プルーストの『失われた時を求めて』。
本だけは、確保してあるんだけど…老後の楽しみっす(大汗)。
あ。「グイン・サーガ」が54巻で止まってるので、その先を読まなくっちゃ…そのうちにいつか(遠い目)。
まだ諦めてませんのよ。おほほ。
七生子 | 2004.09.01(水) 21:36 | URL 【コメント編集
>柊龍司さん
ようこそいらっしゃいませ♪
出ましたね、ペリーローダン! 柊さんはもしかしてお読みなんでしょうか…。
このシリーズ、原作が2作出る間に翻訳が1冊、くらいのペースなので、
日本語版はどんどん差をつけられる一方…と何かで読んだ覚えがあります。
原作者も第二世代に交代したという話ですし、なかなか今からは手が
出ませんね…(^-^;)。
わたしの知り合いで読んでいる方が一人いらっしゃいましたが。
『デルフィニア戦記』は確かに一気読みですね~。
軽いのでサクサク読めちゃう。
数年前に友人がまとめて貸してくれて、立て続けに読んだ記憶が…。
今出ているシリーズもかなり話題のようですね(^-^)。
またぜひ遊びにいらしてくださいね~。
ちょろいも | 2004.09.01(水) 21:50 | URL 【コメント編集
>七生子さん
たしかに『本格小説』も一気読みよね!
『指輪物語』も…前半入り込むかではちょっとかかるけど、
巻を追うごとに加速度を増す感じ…。
面白い本は、いくら長くてもやめられないのよね~~~、ふふっ。
『失われた時を求めて』…!
わたしも読んでないわ…。これは、子ども達に手が掛からなくなってから、
ゆっくりとページを繰りたいかなあ。
『グイン・サーガ』って、100巻突破したのよね…?
54巻か…。七生子さんなら、本気を出せば追いつけそうね(笑)。
ちなみにわたしははるか昔に、1巻だけ読んで投げました(笑)。
栗本薫は(中島梓も)相性が悪いみたいだわ~。
ちょろいも | 2004.09.01(水) 21:54 | URL 【コメント編集
『死霊』未読です。文庫も出ましたし、早く彼らと戦いたい気持ちでいっぱいです(わたしは文庫で充分です)。プルーストは学生時代にひと通り眼を通しましたが、やめときゃよかったと今は思っています。ほんとにもうすごい時間がかかったので。
Rym | 2004.09.02(木) 00:01 | URLコメント編集
はじめまして。『死霊』は単行本で読みました。どっちが誤植が多いのかわかりませんが、多かったです。
トラックバック二重投稿ですねごめんなさい!
mort_a_credit | 2004.09.02(木) 02:19 | URLコメント編集
長篇・・・。
そしてきちゃった、たらいまわし企画。
しかもいま、じゅげむ、表示できません。
なので考えてます。参加しますよぉ。長篇企画。
わたしも「本格小説」はあまり長いとは思わなかったわー。
それにしてもみなさん、長いの読んでますねー。
かっこー | 2004.09.02(木) 07:45 | URL 【コメント編集
>Rymさん
いらっしゃいませ~♪
『死霊』、きっとRymさんなら気に入るかと思います。プルースト、読了なさっ
ているのですね!! やめときゃよかったですか…(笑)。 でも、たとえ
どんなに面白くなかろうと、あまりにも読了に苦労した作品って、読了したと
いうただそれだけでものすごい達成感があったりしませんか?(笑)
わたしにとってはピンチョンの『V.』がそんな作品なんですが(笑)。
>mort_a_credit さん
はじめまして! 今回はご参加ありがとうございます。
トラックバックは1つ削除しておきました(^-^)。
『死霊』、誤植が多いのですか? 気がつかなかったかも(笑)。
というか、当時気づいていたとしてももう忘れてしまいました…(苦笑)。
文庫の方はどうなのかしら?
実は文庫は手元においたまままだぱらぱらっと開いてみただけなのです(爆)。
mort_a_credit さんオススメの『別れる理由』、ものすごくおもしろそう
ですね!!
ぜひ読んでみたいと思います。
>かっこーさん
はーい、回しましたよ、キッチリと!!(笑)
じゅげむ、なんだか昨日くらいからやたら重いね~~。
ライブドアは相次ぐメンテナンスでちょっと調子がよくなってきたみたい。
というかオリンピックが終わったからかな?
明日あたり、またメンテナンスするらしいですが…(ー_ー;)。
『本格小説』は一気よね~~。
かっこーさんのオススメ本、楽しみにしてますわん♪
ちょろいも | 2004.09.02(木) 09:50 | URL 【コメント編集
>ちょろいもさん
クルクル (*^ー^)ノ(^-^)(-^ )(^ )( )( ^)( ^-)(^-^)ノコンチャ
主催者、お疲れさまです。
さて、私のblogの方に多摩のいずみさんから、このTB企画へのコメントがあったので
こちらにも転載させてください。
多摩のいずみさんはご自分のblogをお持ちじゃないので、前回、私が主催の時も
コメントという形で参加してくださった方です。
よろぴく~
前回に引き続き、図々しくお邪魔しております。
読みたい長編小説、山のようであります。漱石『明暗』、谷崎潤一郎
『細雪』、大岡昇平『レイテ戦記』、野間宏『わが塔はそこに立つ』
大江健三郎『洪水はわが魂に及び』、井上靖『孔子』、加賀乙彦『宣告』
デュ・ガール『チボー家の人々』、カフカ『アメリカ』、ヘンリー・ミ
ラー『北回帰線』、トーマス・マン『ファウスト博士』、それから、
『カレワラ』『エッダ』等々。中里介山『大菩薩峠』も面白そう。
ドストエフスキーは読み返したいものが多いですが、やはり『カラマー
ゾフ』と『白痴』。ダンテ『神曲』は天国篇をいい加減に読んでしまった
ので、キチンと読みたいです。パステルナーク『ドクトル・ジバゴ』は
今度は新訳で。『ニーベルンゲンの歌』は実家で行方不明。加賀乙彦
『帰らざる夏』も捜索中。
でも、実際には秋の夜長は仕事なのであります。深夜、皆が寝静まった
闇の中、ただひとり部屋のなかで動き出し、…ああ、これでは『死霊』
1章の図書館の光景ではないか。
Posted by 多摩のいずみ at 2004年09月02日 07:34
LIN | 2004.09.02(木) 10:07 | URLコメント編集
こんにちは。
第4回主催者さま、おつかれさまでございます。
昨日、こちらの記事を読みまして、ゆっくりしていたら、
すでに、たくさんの方が参加してらっしゃって!びっくりです。
まだ、皆さんのところを回っていないので。。。
だぶっていないことを祈りつつ、エントリーいたしました。
どうぞ、宜しくお願いいたします。
pico | 2004.09.02(木) 13:03 | URLコメント編集
すみません。
TB二重投稿してしまいました。
お手数おかけいたします。。。
pico | 2004.09.02(木) 13:08 | URL 【コメント編集
ちょろいもさん、主催者たいへんご苦労様です☆
参加される方もじわじわ増えてきてる感じ。
うれしいと同時に、主催者さんのご苦労を思うと、ちょっと恐ろしいようなw
コメントつけるのも、だいぶ大変になってきつつありますね。
読んだことのない作品は、ほんとなんて書いたらいいかわからないですもんね(・∀・)
今回は長編なので、読もうと思いながら、手を出すのが億劫で読んでないのが多いです。
「本格小説」も、読もう読もうと思いながら、読んでないなぁ。これを機会にぜひ読みたいと思ってます。
ペリー・ローダン全巻を一冊にして出版する計画があるそうです。
分厚い本、という部門で、ギネスを狙うらしいです。
印刷技術の限界に挑戦する試みらしいです。…嘘です(゚ν゚)
overQ | 2004.09.02(木) 16:11 | URLコメント編集
>LINさん
こんばんは~♪
おおっ、転載ありがとうございます。
さすが多摩のいずみさん、相変わらずシブすぎます…。ええ、こっそりと
ファンです(笑)。
『明暗』『細雪』『チボー家の人々』『アメリカ』あたりはいつも
気になっているんですけどね…。
『白痴』もいつまでも積みっぱなしです。マズイ…。
>picoさん
いらっしゃいませ~♪
はい、たくさんの方に参加していただいて感激してます!
これも今までのお三方の人望の賜物と感謝してます。(*^-^*)
挙げられた本、だぶってませんでしたね!
長編、というだけではちょっと括りが大きすぎましたでしょうか(^-^;)。
TBは1個削除しておきました(^-^)。
>overQさん
コメントつけるのには確かに時間がかかりますが、反響があると
やっぱりとっても嬉しいですね♪
最初に企画されたoverQさんはやっぱりスゴイですわ~。
ええ、でも、みなさん挙げられるのは読んだことのない作品ばかり
なんです(泣)。
『本格小説』、読み出すとあっという間に読めちゃいますよ~。
それにしてもペリー・ローダン1本化計画…
一瞬信じちゃったじゃないですか~~~~~!!!(号泣)
ちょろいも | 2004.09.03(金) 00:24 | URL 【コメント編集
『死霊』文庫版は、単行本を底本にしています。
文庫は買ったけど、俺も読んでません。
埴谷雄高は生前、自分の著作を文庫化するなと言いのこしています。
なので、文庫を開こうとすると背後から怒られそうで・・
>LINさん というか 多摩のいずみさんへ
カフカ『アメリカ』は、白水社から数年前に刊行された、
池内紀の個人訳カフカ全集の一冊『失踪者』で読むのがいいですよ。
mort_a_credit | 2004.09.03(金) 00:47 | URLコメント編集
ちょろいもさん、こんばんは。
第4回主催、ありがとうございます!!
嬉しいお題で、楽しませてもらってます。
ちょろいもさんがあげておられる埴谷雄高『死霊』は、
あちこちで話題になっていて読んでみたいのですが、
難しそうですね~!
水村美苗『本格小説』は、『嵐が丘』をモチーフにしてるんですか!!
それは、すごい~~。登場人物は日本人?・・
是非読んでみたいです。
題名どおり、本格小説なんですね!(笑)
私も遅ればせながらエントリーしてみました~~~。(^_^;)どうぞよろしく!
ワルツ | 2004.09.03(金) 02:02 | URLコメント編集
> mort_a_creditさん
『死霊』の文庫版は単行本が底本だったんですねー。
では、もしかすると単行本の誤植がそのまま…もあり得ますねえ。
>埴谷雄高は生前、自分の著作を文庫化するなと言いのこしています。
これは知りませんでした~。
確かに、そう聞くとなんだか怖くて文庫は開けませんね…(苦笑)。
でも、遺言を曲げてまで今さら文庫になったのは
きっといろいろ経緯があったんでしょうねえ…。
うーん。
>ワルツさん
『死霊』は、少なくともわたしには無茶無茶難解です(笑)。
でも、なんとなくあの雰囲気が大好きなのです。
読むたびに感じることが変わってくる気がします。自分の中身に
応じて。
『本格小説』はもろ日本を舞台にしたお話ですよ~。
でも、ちゃんと「嵐が丘」なんです(笑)。
読み応えがありますよー!
ちょろいも | 2004.09.03(金) 08:59 | URL 【コメント編集
恐縮であります。ご配慮いただき、ありがとうございます。
>なんとなくあの雰囲気が大好きなのです。
同感であります。私も、『死霊』の内容を説明せよなどと言われても、
さっぱり要領を得ないでしょう。でも、あの不思議な世界の雰囲気が
たまりません。とくに最初に登場する図書館の印象が一番強いですね。
それから、キャラクターの個性でしょうか。本当に、読むたびに味わ
いが違ってきますからね。
>mort_a_creditさん
ありがとうございます。恥ずかしながら、カフカは新潮社版の全集、
しかも旧版で読んでおりましたので。『城』と『審判』も新訳で読み
返してみようと思います。
多摩のいずみ | 2004.09.03(金) 15:49 | URL 【コメント編集
f丸も長い小説といえば、あああれだよな、というのが二つほどありますが、どうしましょう?トラバしたほうがいいですか?でも、いまだにトラバは少し苦手なのです〈涙〉
f丸 | 2004.09.03(金) 17:11 | URL 【コメント編集
はじめまして。藍と申します。
ワルツさん、overQさん、LINさんのブログを読んで
いずれ参加したいと思っておりました。
まだまだ未熟ですが、よろしくお願いします。
「嵐が丘」ベースの「本格小説」、面白そうですね。
「嵐が丘」も「ガラスの仮面」に出てきたから知ってるんですけど(オイ)、
併せて読んでみたいです。
藍 | 2004.09.03(金) 17:43 | URLコメント編集
>多摩のいずみさん
わっ、多摩のいずみさんから直接のコメントが!
感激です~~~(*^-^*)。
わたしは『死霊』ではやっぱりあの永久機関の時計塔が
一番印象に残っていますねえ…。
実際に見てみたいです。
でも本当は確か実現不可能なんですよね…。
>f丸さん
おお、ありますか、「あれだよな」が!
ぜひぜひ、TBしてくださったら嬉しいですわー♪
確かに、使い慣れないとトラバって苦手意識が出ますよね。
わたしもブログ始めてしばらくは、敬遠しがちでした。
慣れちゃうと無節操にぺったんしたくなるんですけどね!(笑)
>藍さん
はじめまして!
ご参加ありがとうございました。
こちらこそ、未熟モノで、こんな早い時期にたらいが回ってくるとは
まったく予想していませんでした。
あたふたしてしまって、いろいろと至らない点があると思いますが
どうぞご容赦下さいね。
>「嵐が丘」も「ガラスの仮面」に出てきたから知ってるんですけど(オイ)、
いえいえ、わたしも「たけくらべ」はガラスの仮面を読んで、知ってる
つもりになってますよ(笑)。
そうそう、藍さんのブログ読ませて頂きましたが、
わたしも『砂の城』は大好きです~(笑)。
全巻持ってますわん♪
ちょろいも | 2004.09.04(土) 00:05 | URL 【コメント編集
遅ればせながら参加したよ~♪
いやはや皆さん読んでますなぁ。
未熟者でTBするのが恥ずかしくなってしまいました。あぅ。
このお題はウチのオットに参加させた方が良かったかも・・・(涙)。
せいこ | 2004.09.04(土) 00:29 | URLコメント編集
>せいこさん
参加ありがとう! 全然遅ればせてないよ~。
それにしても、ホントに参加者のみなさまの読書っぷりには
頭が下がります。わたしが主催してるなんてなんだか
悪夢のようよ(笑)。
せいこさんのダンナ様、ホントにスゴイね~~~。
夫婦で読書家なんて、理想的だわ♪
ちょろいも | 2004.09.04(土) 10:41 | URL 【コメント編集
はじめまして。たらいまわし企画に初参加のtokiです。そんなに読書量があるわけでもないのに、恐れ多くも参加してしまいました(汗)。TBされてるサイトさんをまわりつつ、次は何を読もうかな~と考えてます。それにしても、みなさまの読書量には頭の下がる思いです。死霊もいいですね。
はじめまして | 2004.09.05(日) 02:09 | URLコメント編集
ぎゃー。間違えて名前のところに「はじめまして」と書いてしまいました(滝汗)。名前はtokiです。間違えてます。初投稿なのに・・・。スンマセン。。。
toki | 2004.09.05(日) 02:11 | URLコメント編集
>tokiさん
いらっしゃいませ!
このたびはご参加ありがとうございました♪
わたしも読書量はダメダメです。今回参加者の皆さまにたくさんの
知らなかった本を挙げていただき、不甲斐ない主催者っぷりを
晒しております…(^-^;)。
tokiさんはロシア文学がお好きなのですか?
わたしも、若い頃に途中で止まったままの『戦争と平和』くらいは、
いつかちゃんと読了したいものです…(苦笑)。
ちょろいも | 2004.09.05(日) 22:52 | URL 【コメント編集
こんばんは。
遅ればせながら、参加させていただきました~。
遅くなってしまってすみません~。
いやー、世の中っておもしろそうな本がたくさんあるんだなぁ、と今更ながら思いました。
ガッツリとした長編をちゃんと読んでみたいです。(特にドストエフスキー)
あさこ | 2004.09.06(月) 00:12 | URLコメント編集
>あさこさん
参加どうもありがとう~(はぁと)。
全然遅くないですよん!
ホント、たくさんの人の挙げた本を見ると、世の中おもしろそうな本が
たくさんある、と思いますね~。
まだまだ、人生に退屈することはなさそうね(笑)。
ドストエフスキーとか、古典は学生の頃に読んでおくことをオススメします。
やっぱりいろいろと基盤になるよね、これからの読書の上でも。
かくいうわたしは全然古典を押させておかなかったことを、
今頃後悔しているのよ!!(>_<)
ちょろいも | 2004.09.07(火) 09:04 | URL 【コメント編集
はじめまして。出遅れで(これは毎度のことですが)TB企画参加させていただきます。
今、コメント&トラックバックのサーバが落ちているようで、復帰次第TBさせていただきます。今後もよろしくです。
yamatatz | 2004.09.09(木) 18:54 | URLコメント編集
ということで、TBさせていただきましたー。ところで「死霊」はやっぱり気になってます。いつか読もう...。
yamatatz | 2004.09.09(木) 21:45 | URLコメント編集
>yamatatzさん
いらっしゃいませ!
この度はご参加ありがとうございました。(*^-^*)
ピンチョンはわたしにとってはとても思い出深い作家の一人です。
あの難解さは『死霊』に勝るとも劣りません。
『V.』をあれだけ語ることの出来るyamatatzさんなら、
きっと『死霊』も気に入られるのではないかと思いますよ~。
これを機会に、どうぞヨロシクお願いいたしますね。
ちょろいも | 2004.09.09(木) 22:30 | URL 【コメント編集
はじめまして
はじめましてであるにも関わらず、いきなり上下二巻組トラックバックを送ってしまい申し訳なく思っています。ごめんなさい。
長編、いいですよね。
できることならば、いつまでもそこにうずくまっていたい…
hasyos | 2004.09.11(土) 01:32 | URLコメント編集
>hasyosさん
いらっしゃいませ!
たらい回し企画に参加ありがとうございます。
2巻組トラックバック、全然オッケーですよ。(^-^)
長編って、長ければ長いほど、終わりに近くなるとなんだか
淋しくなってきたりしますよね(笑)。
わたしもずっとうずくまっていたくなります~。
ちょろいも | 2004.09.12(日) 09:48 | URL 【コメント編集
はじめまして!
遅くなりましたが、こちらの企画に初めて参加させていただきます。
長編小説は、何日もその世界にどっぷり浸かれるのが魅力で、できるだけ長い小説を読みたいと思ってしまう方です。
大好きな小説は、何冊もあるのを再読するのも好きです。
そんなわけで、思わずこちらの企画に参加してしまいました。
よろしくお願いします。
こに | 2004.09.14(火) 21:53 | URLコメント編集
>こにさん
いらっしゃいませ!
この度はご参加ありがとうございます♪
わー、ここにも長編好きなお仲間が(はぁと)。
長い小説は本当に、どっぷりと世界に浸って読む幸せがありますよね。
再読も、読むたびに新しい発見があったりして。
でもなかなか再読は機会が見つけられない最近です。
ドストエフスキーなんて、今まで読んだ作品を改めて再読したら
きっと前よりは楽しめるんじゃないか…なんて思うんですけどね~
その前にやっぱり未読の本を片づけたい…と思ってしまいます(^-^;)。
いよいよ秋本番ですね。
ちょろいも | 2004.09.14(火) 22:49 | URL 【コメント編集
medihenです。
気候がよくなると、なんだか読書への集中度も上がるような感じですね。
遅ればせながら、TB企画に参加させていただきました。
よろしくお願いいたします。
medihen | 2004.09.16(木) 00:17 | URLコメント編集
>medihenさん
いらっしゃいませ(はぁと)。ご参加ありがとうございます♪
『ハイペリオン』シリーズ、わたしも大好きな作品です。
秋はやっぱり読書がはかどる気がしますよね。
暑い夏は集中力も低下しますもの…。
いよいよこれから秋も本番ですね。
わたしもたくさん読むぞー!とはりきってます(笑)。
ちょろいも | 2004.09.16(木) 08:44 | URL 【コメント編集
おはようございますー。
ということで(掲示板から続く)、書きました!TBしました!
みなさんと結構重なってしまったので、番外編もつけてみました。(笑)
本を選ぶの、楽しかったです。お誘いありがとうございました(^^)。
「本格小説」面白そうですね。しかもあの「嵐が丘」を下敷きにしてるとは!
「嵐が丘」、好きなんですよー。本物のヒースの丘を見た時は感動しちゃった。
秋のうちに読めるかどうか分りませんが、これはぜひ読んでみたいですー。
四季 | 2004.09.18(土) 07:36 | URL 【コメント編集
ちょろいもさん、おはようございますー。
す、すみません、昨日うっかり本のディレクトリをいじってしまって
最初のTBが飛ばなくなってしまったの。
もう一度TBし直しましたので、 1つ目は消して頂けますか?
お手数をおかけしてごめんなさい~。
今になってふと思い出したのは、原りょうさんのハードボイルドシリーズ。
あれも入れたかったわあ。(笑)
四季 | 2004.09.21(火) 07:25 | URL 【コメント編集
>四季さん
参加ありがとうございます!
TB、一個削除しておきますね~。
四季さんのラインナップもステキです♪ さすが四季さん~。
『本格小説』はホントにオススメです。
たくさんの人に勧められる数少ない小説の一つだと思いますわん。
ヒースの丘、わたしも見てみたい~~~。
ちょろいも | 2004.09.21(火) 09:02 | URL 【コメント編集
ちょろいもさん、こんばんは♪
遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。
心暖まるプレゼント嬉しいですね。
あと、もっと遅ればせながらなんですが、たらいまわし企画トラバさせていただきました。
なかなかみなさん凄い作品を読まれてるので刺激となります。
トラキチ | 2004.10.25(月) 23:12 | URLコメント編集
>トラキチさん
バースデイ記事にもコメントありがとうございました(*^-^*)。
そして、ご参加ありがとうございます。
ホントに、この企画はみなさんの挙げられる作品が素晴らしくて
毎回ため息なんですよね…。
トラキチさんもぜひ楽しんでくださいね~~。
ちょろいも | 2004.10.26(火) 00:11 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
毎度おなじみ本のTB企画。今回は第四回、日々のちょろいもさん主催今回のテーマは「秋の夜長は長編小説」私も長編、だ~いすき♪まずは何といってもドスト!カラマーゾフの兄弟 上 新潮文庫 ト 1-9ドストエフスキー , 原 卓也発売日 1978/07売り上げランキ>トラキチさん
2004/09/01(水) 20:10:27 | やっぱり本が好き~LINの読書日記~
本に関するTB企画、日々のちょろいもさんによる第4弾は「秋の夜長は長編小説!」ということのようでございますのでわたしもさっそく野次馬に。『即興詩人』アンデルセン大畑訳の岩波文庫版を愛読しております。ここには青春がとじ込めてあります。『暗黒間の殺>トラキチ
2004/09/01(水) 23:22:31 | edicrafts
 というわけで、たらいまわし・本のTB企画「第4回 秋の夜長は長編小説!」です。前回はやっぱり本が好き~LINの読書日記~さんで今回の主催は日々のちょろいもさんです。これでたびたび目にしてきた「たらいまわしTB企画」の意味をやっと理解できました。そういうこと
2004/09/01(水) 23:26:28 | sein
AZ::Blog はんなり、あずき色のウェブログ☆さん主催の、主催者たらいまわし方式でやってみる、本のトラックバック企画!第4回が始まりましたので、トラックバック!今年の秋はちょっと気合いを入れて長編小説にチャレンジしてみませんか?というわけで、LINさぎ..>トラキ
2004/09/02(木) 00:19:20 | Love Books
 たらいまわし・本のTB企画、今回は日々のちょろいもさんの担当で、「第4回 秋の夜長は長編小説!」というお題になりました。 続き物は幾つか読んでますが、一番最初に思い浮かんだのがコレでした。銀河英雄伝説 (10)徳間書店このアイテムの詳細を見る 因み>トラキチ
2004/09/02(木) 01:23:20 | DESERT TOWN
第4回目のたらいまわし・本のTB企画は日々のちょろいもさん主催「第4回 秋の夜長は長編小説!」とのこと。どちらかというと短編をより愛する私ですが、ひとたびハマると長編のほうが面白い。登場人物たちがまるで友人のように思えてきて、最後の方は読み終わるのが>ト
2004/09/02(木) 01:32:32 | Le Journal de La Princesse frivole
なにやら企画があるのでトラックバック。日々のちょろいもさんのお題「秋の夜長は長編小説」ということで、そういうときにはプルーストやジョイスが定番なので、ここはいちばん好きな小説家の大問題作を紹介。小島信夫『別れる理由』講談社。短編連作のつもりで群像に連載>
2004/09/02(木) 02:16:30 | Moi non plus
やってまいりました、たらいまわしの第4回。 今回は、日々のちょろいもさん主催、お題は、 「秋の夜長は長編小説!」 前回は、「全作品を読みたい作家」でした。 その読書スタイルは、たとえてみれば、大海を何年もかけて渡っていくような感じ。 航海していくうちに、海流や
2004/09/02(木) 10:12:38 | AZ::Blog はんなり、あずき色のウェブログ☆
楽しい楽しいタラ4♪がやってまいりました! 主催者たらいまわし方式でやってみる、本のトラックバック企画! 日々のちょろいもさん主催の「第4回 秋の夜長は長編小説!」に参加します。 長編小説って、1000枚以上でしたっけ??? “長編=分厚い”イメージが私には>
2004/09/02(木) 12:56:44 | おかぼれもん。
たらいまわし・本のTB企画第4回は、ちょろいもさんのご提案です。 題して、「秋の夜長、長編小説といえば?」です。そして、バナーをoverQさんが作ってくださいました!(バナーから、飛べますよ。感謝)私が長編小説と言われて、1番に頭に浮かんだのが、(もう、LI>ト
2004/09/03(金) 01:54:40 | ◆ ワルツの「うたかた日記」 ◆
overQさん主催の「たらいまわし・本のTB企画」。JapanMusicBlog TB企画は毎回JMさんがお題を下さるのですが、こちらは、お題の提供を「たらいまわし」して本のTB企画をやりましょう、という趣旨です。第1回から存在は知っていたのですが、なにせ読書量のストックが少ない>ト
2004/09/03(金) 17:01:13 | □indigo blue□
ちょろいもさんからのたらいまわしTB企画第4回のお題は「秋の夜長は長編小説!」。ついつい手軽な短編集なんかを読んでしまいがちな私。あんまり長編小説って読んでないかも・・・。最近読んだ長編はこれ!白い巨塔〈第1巻〉ドラマの影響で一生懸命読>トラキチさんバース
2004/09/04(土) 00:23:37 | Chocolat Baby  
 本にかんするトラックバック企画、第四回です。今回はちょろいもさんのお題で「秋の夜長は長編小説!」。 長篇、長篇ねぇ。  これまで読んだ中でもっとも長いのはきっと豹頭の仮面―グイン・サーガ(1)栗本 薫だと思う。たしか60巻ちかくまでは読んで>トラキチさんバ
2004/09/04(土) 22:45:40 | darjeeling and book
恐れ多くも、前々から気になっていた「たらいまわし・本のTB企画」に参加してみた...>トラキチさんバースデイ記事にもコメントありがとうございました(*^-^*)。そして、ご参加ありがとうございます。ホントに、この企画はみなさんの挙げられる作品が素晴らしくて毎回ため
2004/09/05(日) 01:50:46 | muimui blog
たいへん遅ればせながら「本のたらいまわし」企画に初参加。遅くなってごめんなさい!今回のお題はちょろいもさんの「秋の夜長は長編小説!」です。よろしくお願いします~!長編といわれて真っ先に思いついたのが、大好きな五條瑛の「革命シリーズ」。構想1万枚、全10>トラ
2004/09/06(月) 00:08:52 | コウカイニッシ。
たらいまわし・本のTB企画「第4回 秋の夜長は長編小説!」またもや随分と出遅れて参加ですが、第4回はちょろいもさん 主催です。ちょっとズルして、第3回 で選んだピンチョンをもう一度。ピンチョン最初の長編「V.」です>トラキチさんバースデイ記事にもコメントありがと
2004/09/09(木) 21:32:55 | open minded
AZ::Blog はんなりと、あずき色のウェブログさんから始まった、たらいまわし・本のトラックバック企画にかなり出遅れたのだが参加している。ようやく追いついた(?)第四回は日々のちょろいもさんが主催する「秋の夜長は長編小説!」… である。長編は僕も大好きで>トラキ
2004/09/11(土) 00:52:50 | bookworm's blog
AZ::Blog はんなりと、あずき色のウェブログさんから始まった、たらいまわし・本のトラックバック企画にかなり出遅れたのだが参加している。これは第四回日々のちょろいもさんが主催する「秋の夜長は長編小説!」に対するトラックバック上下二巻組のその二、下巻である>トラ
2004/09/11(土) 00:59:48 | bookworm's blog
日々のちょろいものちょろいもさんのところで見つけた、TB企画「秋の夜長は長編小説>トラキチさんバースデイ記事にもコメントありがとうございました(*^-^*)。そして、ご参加ありがとうございます。ホントに、この企画はみなさんの挙げられる作品が素晴らしくて毎回ため息な
2004/09/14(火) 16:09:39 | 葉兎の本棚
日々のちょろいもさまの「たらいまわし・本のTB企画「第4回 秋の夜長は長編小説!」」です。 早速おすすめ本の中からピックアップして、ご紹介したいと思います。 ★『鋼鉄の騎士』 藤田宜永 長編といったら真っ先に思い浮かぶ分厚さです。 早く続きが読みたいのに、本
2004/09/14(火) 17:20:21 | KOROPPYの本棚
『たらいまわし・本のTB企画「第4回 秋の夜長は長編小説!」』という企画に遅れば>トラキチさんバースデイ記事にもコメントありがとうございました(*^-^*)。そして、ご参加ありがとうございます。ホントに、この企画はみなさんの挙げられる作品が素晴らしくて毎回ため息
2004/09/14(火) 21:49:42 | こにのつぶやき
前のエントリーで大長編SF<ハイペリオン>四部作を再読した、という話を書いた折も折、日々のちょろいもさんでたらいまわし・本のTB企画「第4回 秋の夜長は長編小説!」という催しが開催されていたのを(今...>トラキチさんバースデイ記事にもコメントありがとうござい
2004/09/16(木) 00:08:14 | メディヘン2
ちょろいもさんのお誘いで、今回初参加となるこの企画。やはり秋の夜長には、読んでも読んでも終わらないような大長編が読みたいものですね! ということで、私が選んでみたのは…>トラキチさんバースデイ記事にもコメントありがとうございました(*^-^*)。そして、ご参加あ
2004/09/21(火) 07:22:59 | Ciel Bleu
「たらいまわし・本のTB企画」、ようやく第4回まで追いつくことができました~♪ さて、今回は日々のちょろいもさんが主催されてます。 テーマは「第4回 秋の夜長は長編小説!」です! 最近は朝夕涼しくなって、秋らしくなってきましたねぇ(*´д`*) 秋っていいです.
2004/10/02(土) 03:44:27 | あいらブックス!
以前にもご紹介したのですが、たらいまわしー本のTB企画という本好きにはとっても興味深い楽しい企画が催されています。遅ればせながら先日初参加しました。当共同ブログにご参加の方で主催されてる方が4人いらっしゃいます。この場を借りてもういちどご紹介し>トラキチ
2004/10/25(月) 21:10:13 | My Recommend Books !
引き続いて第4回です。お題は「秋の夜長は長編小説!」、主催はちょろいもさん。遅くなってゴメンナサイ!さて、これはとっておきの作品があります。最近発売以来約8年を経て待望の文庫化。歴史超大作『蒼穹の昴』です。直木賞作家、浅田次郎が『この小説を>トラキチさん
2004/10/25(月) 22:21:40 | 活字中毒日記!
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。