2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『ホット・プラスティック』&『だりや荘』読了。
2004.10.04 (月)
 昨夜もむちゃくちゃ重かったライブドア。とうとう日記の更新は諦めた…。いったい全体どうなっちゃってるの?? ホントに移転を考える人たちの気持ちがよくわかる今日この頃。…まあ、かといって今はどこのブログも過渡期だしなあ…。

 というわけで、ピーター・クレイグ『ホット・プラスティック』(アマゾンに画像がなかった~)と、井上荒野『だりや荘』を読了。感想はこちらこちら。『ホット・プラスティック』はともかく『だりや荘』はヒットだった! すごく読みやすくて数時間で読了できるのに、読了した後の余韻はたっぷり。ハッピーエンドとは言えないけれど、本を閉じてしばらくはしみじみとしてしまったわ。

 目の調子はだいぶいい感じになってきた。赤みもひいてきたし。ただ角膜が両方とも傷ついているらしいので、予断は禁物…かな。今日これからまた眼科に行って来る予定。今日で終わるといいんだけどなあ。

 今日の目標は、昨日から読み始めた『形見函と王妃の時計』をやっつけてしまうこと! いよいよ課題本もサクサク読まないとマズイ感じになってきたわ…(苦笑)。
 昨日は新たに義妹から「十二国記」シリーズ2冊を借りて来ちゃったし。とうとう手をつけるぞ、「十二国記」!!! 図書館からはお待ちかねの『空中ブランコ』と、『ライオンボーイII』が届いてるし…ああ、まだまだ怒濤のような読書は続きそう…。まあ、読書の秋ですから(爆)。


スポンサーサイト
【記事編集】 08:32| 読書記録| トラックバック:4| コメント:3Top↑
コメント
「だりや荘」を気に入ったとしたら、「もう切るわ」もオススメです!
井上荒野は結構好きなんだけど、この2冊以外は今のところちょっと……。
という感じかな、わたしは。
そうそう、迅人、おまえは救いようのない鈍感男だな!と思いましたよ。
フリスカ | 2004.10.04(月) 11:38 | URL 【コメント編集
こんにちは♪
井上荒野さん、まだ柊は未体験なのですが「だりや荘」良さそうですね。
メモしておきます(笑)
いよいよ、「十二国記」シリーズ読まれるんですね♪
一度嵌ると後はその勢いが止まらなくなると思うので…要注意が必要です☆
柊はご飯支度が滞るという影響が出ました。
柊 | 2004.10.04(月) 13:14 | URLコメント編集
>フリスカさん
本プロの感想拝見しました♪
フリスカさんの方がしっかりと読み込んでいるなあ…。
『もう切るわ』要チェックですね~~。
>柊さん
『だりや荘』はよかったですよ~。
ありきたりな設定なのに、ありきたりでない作品です。
「十二国記」は少し落ち着いて余裕を作ってから、
一気にまとめ読みしたいと思います!
ご飯の支度が滞る…ただでさえ今でも滞っているというのに!(笑)
ちょろいも | 2004.10.05(火) 08:45 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ホット・プラスティックピーター・クレイグ<著> 森嶋マリ<訳>アーティストハウスパブリッシャーズ1600円+税 昨日Blogで『海外文学アレルギー』と書いておきながら本日も翻訳ものです。 本書は2段組み300頁以上にも関わらずあっ>フリスカさん本プロの感想拝見しました
2004/10/07(木) 18:46:18 | もう1人じゃない! ~読書オンチな君と僕~
この2004年の夏は、とにかく台風の上陸が多かった。家族や友人たちの住む鹿児島や、その他九州の情報もこれまで入ってきており、それによるとオール電化にしなくてよかったというのが、ひとつの結論のようである。評者も4年前鹿児島で家を新築し、友人たちもそれぞれに家を
2004/10/10(日) 15:35:33 | 「本のことども」by聖月
だりや荘 両親を一度に亡くした、椿と杏。椿がひとり住むことになったペンション”だりや荘”に杏と迅人はやってくることになった。静かに、やさしく残酷な時間が流れはじめる。 うーん、やさしくって愛の物語なのかもしれないけどちょっとだめでした。でもこれ>フリスカ
2004/10/12(火) 12:39:14 | darjeeling and book
「大胆不敵な父親、沈着冷静な息子、奔放な魅力を持つ女。3人が組めばどんな詐欺でも自由自在。最強の詐欺師チームが、大規模なクレジット・カード詐欺に挑む!」という帯文に、んも、おもしろそ♪と速攻買いした「ホット・プラスティック」。初々しい14歳のケヴィンと天>
2004/10/24(日) 18:12:21 | unaG
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。