2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
児童ファンタジー2冊。
2004.10.18 (月)
    
ライオンボーイII―奇跡の翼  ダレン・シャン 11 闇の帝王

 児童向けファンタジー2冊を読了。うーん、どっちもイマイチ…。『ライオンボーイ』はもう少し面白くなると思ったんだけどな…。3巻で完結らしいので、一応3巻まで読むつもりではあるけれど。『ダレン・シャン』の方も…最近少しずつ感じていた違和感がここにきてどかーんと。正義の味方ぶって悩んでるるけどやってることはどうよ…ってなダレンにイライラ。相手が武器持ってるからこちらも武器を持って軍隊を!という発想は違うんじゃないかなあ。アメリカっぽいというか(苦笑)。こちらもどうやら次の12巻で完結らしい。このままこの方向で終わるのか、それとも納得できるラストが用意されているのか…。

 S&Mシリーズも着々と。『数奇にして模型』を読了して、現在最終作『有限と微少のパン』の半分くらい。いよいよこれでシリーズ制覇かと思うと感慨深いわ…って、まだ制覇してませんけど。『数奇にして…』の感想は今夜にでもアップする予定。
 10作目の副題が THE PERFECT OUTSIDER で、1作目の副題 THE PERFECT INSIDER と対みたいになっているんだけれど、果たしてどういう結末が待っているのかしら…どきどき。ただ、わたしはS&Mシリーズに関してはこちらのサイトの「ミステリー小説の憂鬱」というページを非常に参考にしているので、真賀田博士が「天才」というのにどうしても違和感が…(苦笑)。ここを読むと本当にS&Mシリーズはけちょんけちょん。ネタバレしているので未読の人にはオススメできないけれど、シリーズを読んだことのある人はぜひ。もう、気持ちいいほどこてんぱんなので(笑)。ちなみにこのページでは麻耶雄嵩もかなりけちょんけちょん(笑)。わたしの感想なんてまだまだ甘口ですわ~~、おほほ。


スポンサーサイト
【記事編集】 14:02| 本のお話| トラックバック:0| コメント:0Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。