2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『その日のまえに』読了。
2006.01.18 (水)
 お友達のちょきちょきさんに貸していただいた重松清『その日のまえに』の感想をこちらに。ちょきちょきさん、ありがとう!! でもごめんね、わたしにはちょっとベタすぎたよ…(笑)。

 感想を書いていて気がついたのだけれど、『流星ワゴン』を読んだのってずいぶん前だったのね…。感想がアップされてないということは、HPを始める前に読んだのか。あの話もかなりベタだったわ。「過ぎたことはもう変えることはできない」という設定はかなり好感をもったんだけれど。あの作品もわたしは世間で絶賛されるほど好きではないのだけれど、それは何故かというと最後の男の子の選択がすごくイヤだなーと思ったから。
 で、『その日のまえに』を読みながら『流星ワゴン』のことをつらつらと思い出していて、ふと思ったのは、この作者は結構「死」を美化しているような気がするな…ということ。いや、ちゃんと悲しいこととして「死」を描いていて、大切な人を失ってそれでも前に進んでいく、その切なさと前向きさをちゃんときっちり描いているんだけれど、でもなんだか「死」が美しい感じがしてしまう。そんなことを考えてしまうのはわたしがひねくれ過ぎているからだ、というような気もするんだけれど。
 うーん、うまく書けないな…。
 美しい「死」を描くこと自体は全然抵抗があるわけじゃないんだけれど。その証拠に津原泰水『綺譚集』にはシビれまくったし(笑)。

 ちょきちょきさんからは近いうちに今度は『疾走』を貸してもらう予定(はぁと)。こちらはずっしり重いテーマらしいので、ちょっと期待してたりして♪

スポンサーサイト
【記事編集】 21:35| 国内作家 さ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。