2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『春、バーニーズで』読了。
2004.12.29 (水)
 吉田修一『春、バーニーズで』読了。アマゾンに画像がなかった…。感想はこちら
 よっしゅー(と言うらしい)は『パレード』でおっ、と思い、『東京湾景』でがっかりした(笑)んだけれど、今回はヒット。そういえばまだ『日曜日たち』も『長崎乱楽坂』も未読だわ…。

 あと読んで感想を書いてないのは『人のセックスを笑うな』のみ。今日もう1冊あたり読めるかな?
 明日からは実家巡りのお供に『竜馬がゆく』を持っていく予定。休みの間に8巻、読み切るぞ~!!

スポンサーサイト
【記事編集】 09:41| 国内作家 や行| トラックバック:6| コメント:4Top↑
コメント
おー、よっしゅー(て言うのか・笑)お気にめしたようで何よりです!
私はやっぱりこの人の作品好きですー。
ほかの作品もぜひぜひ☆
トラックバックさせていただきました~。
他の感想にもまとめてしてしました…!
いやがらせではないですっ!すみません~
あさこ | 2004.12.29(水) 14:55 | URLコメント編集
>あさこちゃん
はい、お気に召しました~(笑)。
来年はこの人もまとめて読みたいわ。
…っていうか、Vシリーズを読まなくては(笑)。
まとめTBありがと~~♪
こっちからもまとめTB返しさせてもらいましたよん♪
ちょろいも | 2004.12.29(水) 21:44 | URL 【コメント編集
ちょろいもさん、こんばんは♪
先日は直木賞アンケートご投票ありがとうございました。
見事的中されましたね(^。^)
私も近いうちに読みたいと思っております。
さて、よっしゅー(ネーミングは伊坂氏かな?)、新刊を必ず買う3人衆に入っております(重松清、瀬尾まいこ、吉田修一)。
最新刊の『7月24日通り』も素晴らしい作品となってるのですが、『東京湾景』が合わなかったのなら、他の作品の方がいいのかもしれませんね(笑)
今年も結構出るんじゃないかなと期待しております。
(ちなみに去年は4冊出ました)
トラキチ | 2005.01.18(火) 00:23 | URLコメント編集
>トラキチさん
アンケート、楽しませていただきました(*^-^*)。
よっしゅーのネーミングは伊坂氏らしいです。
『7月24日通り』も気になっているんですが…
そうですか、『東京湾景』系ですか(苦笑)。
と、とにかく(笑)、別の作品もぜひ読んでみたいと
思っています~。
ちょろいも | 2005.01.19(水) 16:06 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
春、バーニーズで吉田 修一連作短編。(たぶん)デビュー作である『最後の息子』の後日談。オカマさんの主人公の男。二人のその後。僕、こと筒井は結婚して子どももいて、家族で出かけた際に昔同棲してたオカマさんに出会う。アレですな。私はこの人の>トラキチさんアンケー
2004/12/29(水) 14:51:08 | コウカイニッシ。
ものすごく好きなわけではないけれど、書店で新作を見かけるととつい気になってしまう作家の一人。「東京湾景」「パレード」「パーク・ライフ」に次いで、読んだのは4作品目。乾いた都会小説、でも、重くないけれど、決して温かい目を忘れていない、この人独特のバランス>ト
2005/01/16(日) 22:17:41 | 忘れられぬ風景を求めて
春、バーニーズで吉田修一著出版社 文芸春秋発売日 2004.11価格  ¥ 1,200(¥ 1,143)ISBN  4163234802私たち、狼少年ごっこをしてみない? お互いに一つずつ嘘をつくのよ…。理想的なカップルが、不思議な緊張感に陥ってしまうとき。リアルすぎて切ない、男と女の距
2005/01/18(火) 00:16:06 | 活字中毒日記!
直木賞の方は予想通り角田光代さんが受賞されました[:拍手:]2名受賞と予想していたのですが、1名となりました。半分予想が的中と言ったところでしょうかね(笑)出版界のことを考えると少し残念な気もしますが、角田さんの受賞を心から祝福したいと思います。実施>トラキチ
2005/01/18(火) 00:16:46 | 活字中毒日記!
普通ではないけれど、普通の人生を送る男の、淡々としながらも濃厚な日常を著者らしく描く短編集。主人公・筒井・はバツイチ子持ちの瞳と結婚し、瞳の母親と同居している。聖蹟桜ヶ丘が彼のホームタウンだ。京王線に乗り、中央線に乗り、会社へ行くまでの物語。或...>トラキ
2005/12/11(日) 01:31:19 | 書庫  ??30代、女の本棚??
吉田修一氏の連作短編集。主に筒井という男を中心に物語りは語られる。*春、バーニーズで*パパが電車をおりるころ*夫婦の悪戯*パーキングエリア*楽園何気ない日常、ふと昔を思い出す、今ある自分のこと、これからのこと・・・・。心理描写は相変わ....>トラキチさんア
2006/02/02(木) 00:34:16 | 雑板屋
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。