2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『金春屋ゴメス』読了。
2006.01.19 (木)
 西條奈加『金春屋ゴメス』の感想をこちらに。新人作家の作品だというのに、第17回日本ファンタジーのベル大賞受賞作、ということでついつい点が辛くなってしまったわ(汗)。だってそれだけこの賞には期待しているんだもの~~! なんて言いつつ、たいして歴代受賞作を読んでいるわけじゃないのだけれど。今年はファンタジーノベル大賞受賞作を追いかける、というのもよさそう…♪

 でも大賞がこれだと、今図書館に予約中の、優秀賞受賞にもかかわらず賞を辞退して話題になった『愛めぐる奇妙な告白のためのフーガ』に対する期待もちょっとしぼんできたわ(苦笑)。まあこちらは元々あんまり印象がよくないんだけれど。でも、読んでみもしないで印象だけで語るのはよくない!ということで、とりあえず、回ってきたらちゃんと読んでみまする~。

スポンサーサイト
【記事編集】 10:55| 国内作家 さ行| トラックバック:1| コメント:0Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 本書を読む前から、自分が江戸時代に生まれたら、どんな生活をしていたんだろう?なんて考えたことがある。普通考えないか?考えない?あ、そう。でも評者は考えたことがあるのである。問題は、どういう家柄に生まれるのか?そこらへんから想像の行く先は変わってくるのだ.
2006/01/19(木) 11:02:29 | 「本のことども」by聖月
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。