2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『百年の誤読』読了。
2005.01.05 (水)
 岡野宏文・豊崎由美『百年の誤読』読了。感想はこちら。うーん、面白かったし、読み応えがあったし、興味深い点もたくさんあったんだけれど、『文学賞メッタ斬り!』ほどは笑えなかったわ…。でも、ネットで今検索してみると、かなーり好意的な評ばっかりなのね。ちょっと期待が高すぎた…??

 ちょろいも家は今日から平日運転。午前中はぴよぴこを連れて車のディーラーへオイル交換に。新春価格でお安いんですもの(笑)。1月も始まったばかりだというのに、なんだか異常気象で道路は雪が溶けてぐしゃぐしゃ。降ってくる雪もまるで春先のような水分の多いもの。滑らない分走りやすいけれど、せっかく洗車してもらった車があっという間に泥水かぶって真っ黒なんですけど!(>_<)
 同じくディーラーに出かけた父母とおちあって、昼食をごちそうになった♪ なんだか久しぶりのちゃんとした(笑)小さなレストラン。子供連れではなかなか行けないようなお店なんだけれど、父の友人の経営しているお店&お客は私たちだけ、ということで、気兼ねなくおいしいランチをいただいた。でもサービスのクレームブリュレがぴよぴこの分しか出なかったのは納得いかなかったわ!(爆) この本当のおいしさが、4歳と2歳の分際ではわかるまいっ。

スポンサーサイト
【記事編集】 02:00| 国内作家 あ行| トラックバック:1| コメント:0Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
百年の誤読ベストセラーに良書なし? 20世紀の100年間に日本文学史上で話題となったベストセラーを大解剖。文学的評価や世間の評判は歯牙にもかけずダメなものはダメと断ずる文芸対談。『ダ・ヴィンチ』連載を大幅加筆し単行本化。20世紀の100年間で、日本中で>せいこ
2005/01/08(土) 00:44:21 | どこまで行ったらお茶の時間
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。