2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
132回芥川賞・直木賞候補決定。
2005.01.07 (金)
 第132回芥川賞・直木賞の候補が決まったのを昨日の夕刊で知った。

●芥川賞

阿部 和重   「グランド・フィナーレ」(「群像」12月号)
石黒 達昌   「目をとじるまでの短かい間」(「文学界」12月号)
井村 恭一   「不在の姉」(「文学界」9月号)
白岩  玄   「野ブタ。をプロデュース」(「文芸」冬号)
田口 賢司   「メロウ1983」(「新潮」8月号)
中島たい子   「漢方小説」(「すばる」11月号)
山崎ナオコーラ 「人のセックスを笑うな」(「文芸」冬号)

●直木賞

伊坂幸太郎   「グラスホッパー」(角川書店)
岩井三四二   「十楽の夢」(文芸春秋)
角田 光代   「対岸の彼女」(文芸春秋)
古処 誠二   「七月七日」(集英社)
福井 晴敏   「6(シックス)ステイン」(講談社)
本多 孝好   「真夜中の五分前」(新潮社)
山本 兼一   「火天の城」(文芸春秋)


 ふーん。芥川賞はたいてい未読の本が多い。今回読んでいるのは文藝賞を受賞した『野ブタ。…』と『人のセックス…』のみ。だから予想は全然つかないわー(笑)。でも個人的には『野ブタ。』だったらイヤだなあ。

 直木賞で読んでいるのは伊坂・角田・本多作品の3冊。こっちも少な…(汗)。『グラスホッパー』は、うーん、いいんだけど、これで直木賞は…。でも、直木賞はだいたい「なぜこれで取ってあの傑作は取れなかったの!?」というパターンがもうできあがってるしなあ(苦笑)。個人的には角田光代にぜひ。『対岸の彼女』はすごーくよかったんだよなあ。

 でも、セールス的には本多が取るといいのかしら。2分冊だし(笑)。あんまり普段本を読まない人には、この本はけっこう面白いと思うし。サクサク読めるし(これ結構ポイント)。

 ま、どっちにしても、候補作全部読んでから言え!って感じですなー(笑)。とりあえず、賞自体にはそれほど興味はないんだけれど、本好きとしては本読み人口が増えてくれると嬉しいので、どかんと売れて、しかも好評!という作品が取ってくれれば、と。そういう意味では『グラスホッパー』もいい仕事しそうだなー。


スポンサーサイト
【記事編集】 20:55| 本のお話| トラックバック:5| コメント:2Top↑
コメント
ちょろいもさん、こんばんは♪
今年もよろしくお願いします。
直木賞、角田さんは決定だと思ってます(笑)
ちょろいもさんは評価も高いし納得かな?
あとはやはり伊坂さんが有利でしょう。
芥川賞の『野ブタ。~』なかなか面白かったです。
若いしイケメンだから、取れるんじゃないかな。
昨年の男女逆バージョンだよね。
恒例のアンケートやってます。
もしお時間ありましたら一票投じていただけたら大変嬉しく思います。
トラキチ | 2005.01.10(月) 01:09 | URLコメント編集
>トラキチさん
あけましておめでとうございます♪
こちらこそ今年もヨロシクお願いいたします。
直木賞は角田さんで決定ですか。
たしかに『対岸の彼女』はよい作品だと思います~~。
これが受賞したら、ちょっと直木賞を見直すかも(笑)。
伊坂幸太郎は今回が分かれ道でしょうね。
これで取れなかったら東野路線かと…(苦笑)。
トラキチさんは『野ブタ。』おもしろかったんですね。
わたしはラスト2ページでがっかりしてしまって…。
あんまりこれでは取ってもらいたくないなあ。
アンケート、ぜひ参加させていただきたいと思います~。
ちょろいも | 2005.01.11(火) 09:27 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
●芥川賞阿部 和重 36 「グランド・フィナーレ」(「群像」12月号)石黒 達昌 43 「目をとじるまでの短かい間」(「文学界」12月号)井村 恭一 37 「不在の姉」(「文学界」9月号)白岩  玄 21 「野ブタ。をプロデュース」(「文芸」冬>トラキチ
2005/01/07(金) 22:50:48 | 「本のことども」by聖月
芥川賞・直木賞の候補作が発表されましたね。芥川賞は、阿部和重、石黒達昌、井村恭一、白岩玄、田口賢司、中島たい子、山崎ナオコーラの7名。うーん、知らない人ばっかしのような。でも、白岩・山崎は雑誌の文学賞を受賞して広告とか良く載ってたので、名前は知っ>トラキ
2005/01/08(土) 20:17:02 | 物語の宝石箱
さてまたまた直木賞発表の時期がやってまいりました。第132回直木賞の候補作一覧はこちら嬉しい事に私の主催している第2回新刊グランプリ!のエントリー作品から4作品がノミネートされました[:拍手:]まず、ノミネートされなかった主な作品をピックアップし>トラキチさ
2005/01/08(土) 21:01:52 | 活字中毒日記!
第132回芥川賞・直木賞候補作芥川賞阿部和重「グランド・フィナーレ」(群像12月号)石黒達昌「目をとじるまでの短かい間」(文学界12月号)井村恭一「不在の姉」(文学界9月号)白岩玄「野ブタ。をプロデュース」(文芸冬号)田口賢司「メロウ1983」>トラキチさん
2005/01/08(土) 23:27:14 | コウカイニッシ。
またまたやって来ましたね、直木&芥川賞。候補作いつもより多い? 芥川賞候補  阿部和重 「グランド・フィナーレ」(「群像」12月号)  石黒達昌 「目をとじるまでの短かい間」(「文学界」12月号)  井村恭一 「不在の姉」(「文学界」9月号)  白岩玄  「IS
2005/01/09(日) 01:24:35 | Chocolat Books
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。