2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
たらいTB「第10回 映画になったら見てみたい」
2005.02.17 (木)
tarai はーい、毎度おなじみたらい回しTB企画に参加いたします(*^-^*)。 早いものでこの企画ももう10回目。毎度毎度みなさんおもしろいお題を考えますな…。ああ、早い時期に回されてよかった(笑)。

 さて、今回はLoveBooksのIzumiさんお題を出してくださいました。そのお題とは、「映画になったら見てみたい」。

 うーむ、映画か…。
 最近はスゴイのがどんどん映画化されますからな…。『姑獲鳥』はともかくとして映像化は絶対に無理と言われた『ハサミ男』まで。多分これはかなーり原作とは違ったテイストになるんだろうな…。つか、そうしないと映像化はできないだろうし。

 『指輪物語』も素晴らしいスケールで映画になったし、今度は『ナルニア物語』も。わたしが映画を観てみたいのは何かなあ…うーん、うーん、…と悩んだ末にパッと閃いたのはこちら。



【続き】
 セオドア・ローザック『フリッカー、あるいは映画の魔』。いや、タイトルに映画ってついてるからつい…(笑)。まあ、それはともかく、これを映像化は難しいだろうなあ。
 映画が大好きな主人公・ジョナサンがふとしたことから知ったマックス・キャッスルという人物の作った映画。彼の映画にどんどんのめり込んでいく彼の運命はやがて思わぬ方向に突き進んでいく。映画好きなたまらない作品だと思うんだけれど、あまり映画に詳しくないわたしもかなり愉しんで読めた作品。作中の映画作家マックス・キャッスルの作った映画を映画化(ややこしい…)するのは至難の業かと。個人的にはベティちゃんのフィルムを観てみたいんですが。いや、怖くて観られないかも…。

スポンサーサイト
【記事編集】 15:12| 本のお話| トラックバック:19| コメント:20Top↑
コメント
こんばんは。
『ナルニア物語』映画化なんですね!かなり思い入れのある物語なので面白いものにしてほしいです。
『指輪物語』は本当に素晴らしかったですね。あれだったら原作ファンで気に入らなかった人は少ないと思います。
好きなお話しって映像化してほしいようなしてほしくないような。。本当はしてほしくないのかも・・と思っています。
葉兎 | 2005.02.17(木) 17:56 | URLコメント編集
こんばんは。TBありがとうございました。
『ハサミ男』映画化の話を知った時は、私もびっくりでした。
アレをどうやって映画にするんでしょう? 謎です。
原作がある作品の映像化は、集客力がある一方で、
読者の数だけイメージが出来上がってるわけですから、
万人が納得するものを作るのは至難の業ですね。
sa-ki | 2005.02.17(木) 18:04 | URLコメント編集
ちょろいもさん、こんばんは。
なるほど、挙げてくださった作品は映画化されると映画の中で映画を作るという「作中作」というわけなんですね。これはおもしろそうです。うまくいくとヒットしそう。
今回の御題で、本好きは本でいっぱいいっぱい、映画まで手がまわらない、だから自分の中で映像化してしまっているということがわかってきました。
みなさん、妄想狂なんだから!(笑)
Izumi | 2005.02.17(木) 23:42 | URLコメント編集
ちょろいもさん、こんばんは。
『フリッカー、あるいは映画の魔』、この本知りませんでした(汗)
でも面白そう!
Amazonの商品紹介に「「サンセット大通り」と「薔薇の名前」が出会った!」って書いてある~。
映画化したら、映画中映画?みたいになるのかしらん。
Mlle.C | 2005.02.17(木) 23:42 | URLコメント編集
「指輪物語」の映画はすばらしかったけど、
「ナルニア」は一体どうなるんだろう… とかなり不安な私です。
やっぱり思い入れのある作品は、映画になっても観るのが怖い…!
でも観るんならやっぱり大画面で観たいとも思うし、難しいところですわー。
「フリッカー、あるいは映画の魔」、私も全然知りませんでした。
>「サンセット大通り」と「薔薇の名前」が出会った!
な、なんだか分かるような分からないような、分からないような。(笑)
ていうか、その2つが出会ってしまうというのが、私としてはなんだか衝撃的なんですが…??
amazonの紹介よりちょろいもさんの紹介の方がずっと面白そうだわん。
四季 | 2005.02.18(金) 06:35 | URL 【コメント編集
>葉兎さん
こんにちは!
そうそう、思い入れのある小説の映画化って複雑ですよね…。だいたい、自分の頭の中の映像とかなりのギャップがあるものですし。指輪物語はほんとうに希少な成功作ではないかと思います。ナルニア、わたしも不安と期待が…。
>sa-kiさん
そうそう、わたしも『ハサミ男』映画化の話は、まさか、と思いましたよー。
あれを万人が納得する作品に…うーん、ハードルはかなり高そうですよね。
>Izumiさん
そうそう、わたしなんてまさに本でいっぱいいっぱいで、映画にまで手が回りません! どちらも精力的に愉しんでいらっしゃるかたは尊敬しますわ~。
確かにこの作品はうまく映画化すればヒットするかもしれませんが、うーん、この「うまく映画化」というのがミソですよね(笑)。
多くの妄想狂のみなさまを喜ばせるのは大変。映画監督ってそういう意味ではスゴイお仕事ですね~。
>Mile.Cさん
いやあ、この作品、どうもマイナーみたいです(苦笑)。
>Amazonの商品紹介に「「サンセット大通り」と「薔薇の名前」が出会った!」って書いてある~。
おっ、そんな紹介文が載ってましたか。
ちなみに『サンセット大通り』も『薔薇の名前』も未読(T_T)なわたしには、その紹介文が的を射ているのかどうか見当がつきません(ダメダメじゃん…)。
今年は『薔薇の名前』くらい読んでおきたいですわ…。
>四季さん
ナルニアはどうでしょうねー。でも最近のファンタジー映画は、ハリポタといい指輪といいよくできてますよね。原作に忠実にやってくれれば結構いいものができるかもしれません。
でもわたし、個人的にナルニアの最終巻はちょっと好きになれないんですよね…。宗教色が強すぎて(^-^;)。
『サンセット~』と『薔薇~』が出会うというのはそんなに衝撃的なことなんでうすか! うーん、わたしはこっちの二作を読んでみなくては(笑)。
『フリッカー、~』は、かなりクセがあって独特の雰囲気がわたしは大好きなんですが、うまくその魅力を紹介できなくって悶えてました(苦笑)。機会があったらぜひぜひ。長いです(笑)。
ちょろいも | 2005.02.18(金) 08:30 | URL 【コメント編集
ちょろいもさん、おはようございます。
私も『フリッカー、あるいは映画の魔』の存在知らなかったのですが、本も映画も好きなのでめちゃめちゃ食いついてしまいました(>_<)
何でこんな本を知らなかったんでしょう!
でも、今回知ることができたので感謝です。
文庫にもなってるんですね!良かった~♪
みらくる | 2005.02.18(金) 09:32 | URLコメント編集
Amazonのレビューを見て「ん?薔薇の名前?」とそこに反応しました(笑)
そういう意味で先日、ちょろいもさんが感想を書いていらした『グノーシスの薔薇』も
気になるところ。
ちょろいもさんも、あまり映画をご覧にならないのですね。
今回、みなさんの記事を拝見しても「本もがんがん読むし映画もがんがん観るわ」という方は
いないようですね。
活字中毒者に映像はいらないのか!?
とはいえ『姑獲鳥』はちょっと興味があります。
でも、今後、京極堂シリーズを読むにあたり、京極堂が堤真一に頭の中で変換されるのも
うざったいような・・・
やはり小説の映像化はむずかしいですね。
LIN | 2005.02.18(金) 09:57 | URLコメント編集
TBが2ついっちゃいました。
削除お願いします。m(_ _;)m
LIN | 2005.02.18(金) 10:04 | URLコメント編集
>みらくるさん
みらくるさんは本も映画もイケル口なんですね(笑)。
『フリッカー、~』は映画好きなら「おおっ」と思うような場面がてんこ盛りです。どこまでがホントでどこまでがホラ?みたいな作品ですよ~。
そうそう、文庫も上下巻で出ています♪
こうやってネットをやっていると、自分の知らない本に出会えるのが嬉しいですよね~(*^-^*)。
>LINさん
わはは、やっぱりLINさんは『薔薇の名前』に反応しましたね~(笑)。わたしもそろそろホントにちゃんと読まなければ…(ー_ー;)。紹介文で『薔薇の名前』を引き合いに出されている作品は、ことごとくわたし好みですから…(苦笑)。
『フリッカー、~』もいいですが、『グノーシスの薔薇』はきっと、LINさんはお好きだと思うなあ。
わたしの友人の中には、「本はだいたい一日一冊、でも映画も観るしお芝居も行くわよ!」という強者もいらっしゃいますよ(笑)。いろんなことをホントによくわかっていて、大好きな人なんですけどね~。
本には本の、映画には映画のよさがあるような気がします。
でも、わたしとしては、映画を観ている時間に本が読めると思うとなかなか観られないんですけどね!(笑) 体質的に映画を2本続けてみると夜ひどい頭痛がして眠れない、というのもあるんですが(笑)。
TB、ひとつ削除しておきました(^-^)。
ちょろいも | 2005.02.18(金) 10:55 | URL 【コメント編集
ちょろいもさん、こんにちは。TBありがとうございました。
映画の中で映画、面白そうですね。
TVドラマや舞台で、劇中劇というのがありますが、好きなんですよ。
「フリッカー、あるいは映画の魔」は普段あまり読まないジャンルの本だと思います。新規開拓になりそうです。
NARU | 2005.02.18(金) 16:45 | URLコメント編集
>NARUさん
いらっしゃいませ(はぁと)。
NARUさんとはなかなか読書内容が重ならないようで、「へぇ~~」と感心しながら時々ブログ見させていただいてます。重なっているのは亜愛一郎シリーズくらいでしょうか?(^-^;)
なかなか自分の好みというか、守備範囲以外の本って開く機会がないものですよね…。
そんなことでも、この「たらい回し企画」は新鮮でいつも愉しませていただいてます(*^-^*)。
『フリッカー、~』は今のところ、だーれも読んだことないみたいです(笑)。独特の作風で、個人的にはとても好きなんですけれど。
機会がありましたら、新規開拓してみてくださいませ♪
ちょろいも | 2005.02.18(金) 17:20 | URL 【コメント編集
ああ、ごめんなさい、ちょろいもさん、
私が知ってる「サンセット大通り」は、映画なんですよー。
ビリー・ワイルダー監督、グロリア・スワンソン主演で
今調べたら、1950年公開ですって! ふっるー。(笑)
そういう古い映画が好きで、一時期結構凝っていたもので…
で、多分コレのことじゃないかと思うんですよね、出会ったのは。
本ではそういう題名のはないんじゃないかと思うので。
少なくともAmazonでは出てきませんでしたわー。
でね、「薔薇の名前」は私も未読なんです。
密かに今年の課題本としてますので、ちょろいもさんもぜひ御一緒に~♪
ナルニアの最終巻は、確かにそうですよね。
それにあれっていきなり列車が… でしょう?
なんだか妙に強引だよなあと幼心に不信感を持った覚えが。(笑)
四季 | 2005.02.18(金) 17:24 | URLコメント編集
ちょろいもさん、その節はありがとう。
遊びにやっぱり来ちゃいました。(笑)
セオドア・ローザック『フリッカー、あるいは映画の魔』
未読なのですが、ちょろいもさんの紹介文読んでるだけで読みたくなる感じです!
・・・・って言うか、「ハサミ男」が映画化される???
うそ!?びっくりしました。
ワルツ | 2005.02.18(金) 19:41 | URL 【コメント編集
>四季さん
「サンセット大通り」は映画だったんですね~。(^-^;)
そういえば、この本を読んだ当初、そんな映画の話を聞いたような聞かなかったような(笑)。
『薔薇の名前』は四季さんも未読だったんですか? 意外~~!
それはぜひご一緒いたしましょう(はぁと)。
ナルニア、四季さんも同意見で嬉しいですわ!(笑)
>ワルツさん
まあっ、こんなところで何をしてるの! 早くお布団に戻らなくっちゃダメでしょ!(笑)
…と冗談は置いておいて、お加減いかがですか??
ホントに家族が病気になるのはともかく(笑)、こっちが病気になるのは主婦にはツライですよね…。世界中で孤立無援な気持になります、ホントに…(ー_ー;)。
体が弱ると心も弱っちゃいますから、そんなときは自分を甘やかすように心がけましょうね。コンビニ弁当でも店屋物でも、掃除や洗濯を1週間くらいしなくっても、そうそう死にませんし(笑)。
「ハサミ男」は主役が阿部ちゃんらしいですよ~! …って、主役って、誰?って感じですが(笑)。
ちょろいも | 2005.02.18(金) 21:04 | URL 【コメント編集
こんばんは~。
「ナルニア」映画になるんですか。
というよりも前に既に「指輪物語」もまだⅠしか見ていません。
ギャー!
『フリッカー、あるいは映画の魔』はもしかしてちょっと怖い話なんですか?「魔」とあるので。(安直な)
「リング」を見た時は怖くて母親の隣で寝ました・・・・。
moji茶 | 2005.02.18(金) 21:31 | URLコメント編集
>moji茶さん
そうです、ナルニア映画になるらしいです。少し前に新聞に見開き広告が載ってましたんでガセではないと思います(笑)。
というか指輪は素晴らしいですよ~!(笑)
『フリッカー、~』は怖くないですよ! 映画の「魔力」の話とでも言いましょうか。どちらかというとミステリ、かな? いやちょっと違う気もします(笑)。
『リング』はわたしは怖くて読んだことありませ~ん。(笑)
ちょろいも | 2005.02.18(金) 23:55 | URL 【コメント編集
はじめまして。TBをどうもありがとうございました。
映画はとても好きなので、ちょろいもさんご紹介のこの本に
とても惹かれます♪
映画の中の映画って、映像作家はわりと好きなパターンではないかなーと
思います。監督やるくらいだから、みな映像オタクなので(笑)。
騒然の話題となっている「ハサミ男」。
何のことやらちっともわかりません(汗)。いまから検索してきます!
ねる | 2005.02.19(土) 09:45 | URLコメント編集
ちょろいもさ~~ん!「ハサミ男」が気になったので、NETで調べてきました。(爆)
   ↓
http://www.media-b.co.jp/hasami/
警察官に阿部ちゃんで、主役のハサミ男は、どうも豊川悦司みたいですよ。
麻生久美子と****させるみたいです。(これは、FLASHを観た私の予想。)
ワルツ | 2005.02.19(土) 20:15 | URLコメント編集
>ねるさん
ねるさんは映画お好きなんですね♪
わたしもキライじゃないんですが、本数を観られなくて…。
監督はみんな映像オタク、というの、わかる気がします。
というかやっぱり、そのくらいの拘りがあってほしいですよね~!
「ハサミ男」は何を書いてもネタバレしそうなあっと驚くミステリです。
初めて読んだ時は衝撃的でしたよ~!!
>ワルツさん
わざわざ調べてくださったんですね~~。
豊川悦司が「彼」なんですか…??? ちょっと…いやかなり(笑)イメージが
違う~~!!
ちょろいも | 2005.02.21(月) 09:01 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Love BooksのIzumiさん主催の第10回。たらいまわし企画もとうとう...>ねるさんねるさんは映画お好きなんですね♪わたしもキライじゃないんですが、本数を観られなくて…。監督はみんな映像オタク、というの、わかる気がします。というかやっぱり、そのくらいの拘りがあって
2005/02/17(木) 17:41:21 | Breesy days
たらいまわし・本のTB企画です♪ 今回の主催者はLove Booksさん(Izumiさん)です。 そして、テーマは「映画になったら見てみたい」です! 今回もとっても面白いテーマですね☆ 私は本を読むのと同じくらい映画を観るのも大好きなのですが、何故だか映画は洋画、本は国内も
2005/02/17(木) 18:43:54 | あいらブックス!
やって来ました、たら10! もう10回目なんですね。早いもんです。 さて、記念すべき十回目のたらまーさんは、Love Books の Izumi さん。お題は、 「映画になったら見てみたい」 百年ばかり前、映画を初めて見た人は、どんなに驚いただろう…ふと、そんなことを思うことが
2005/02/17(木) 19:08:55 | AZ::Blog はんなり、あずき色のウェブログ☆
AZ::Blog はんなり、あずき色のウェブログさん主催のこの企画。今回は記念す>ねるさんねるさんは映画お好きなんですね♪わたしもキライじゃないんですが、本数を観られなくて…。監督はみんな映像オタク、というの、わかる気がします。というかやっぱり、そのくらいの拘りが
2005/02/17(木) 20:49:05 | 葉兎の本棚
たらいまわし企画第10回!今回のお題はIzumiさんです!考えてみたのですが、本の登場人物って自分の妄想で埋められるから楽しい、というのもありますね。なので、登場人物に思い入れが強いと映像化には向かないかもな、と思いました。ストーリーにほれ込むような、そん>ねる
2005/02/17(木) 22:32:34 | コウカイニッシ。
AZ::Blog はんなり、あずき色のウェブログ☆さん主催の、主催者たらいまわし方式でやってみる、本のトラックバック企画!第10回。今回はわたくし・Izumiが僭越ながら御題をお出しいたします。『映画になったら見てみたい』実際私は映画はほとんど見ない、レンギ..>ねるさ
2005/02/17(木) 22:41:43 | Love Books
Love BooksのIzumiさんから第10回のお題が発表になりました。今回は(今回も)難しかったです。もともと「映像化できなさそーな作品」をより好む傾向がある私。だって、「言葉によってのみ構築できる迷宮」に遊ぶことこそが、小説を読む最大の醍醐味じゃありませんか。>ねる
2005/02/17(木) 23:29:18 | Le Journal de La Princesse frivole
AZ::Blog はんなり、あずき色のウェブログ☆さん主催の、主催者たらいまわし...>ねるさんねるさんは映画お好きなんですね♪わたしもキライじゃないんですが、本数を観られなくて…。監督はみんな映像オタク、というの、わかる気がします。というかやっぱり、そのくらいの拘
2005/02/17(木) 23:58:18 | ステラマリス記念館
今回のお題は、「映画になったら見てみたい」。実際私は映画はほとんど見ない、レンタル屋が遠いから借りにも行かない、テレビにかからないと見ないという人間なんですが、...>ねるさんねるさんは映画お好きなんですね♪わたしもキライじゃないんですが、本数を観られなくて
2005/02/18(金) 06:03:15 | Ciel Bleu
毎度、おなじみ、「たら本」がやってまいりました。 今回のお題は「映画になったら>ねるさんねるさんは映画お好きなんですね♪わたしもキライじゃないんですが、本数を観られなくて…。監督はみんな映像オタク、というの、わかる気がします。というかやっぱり、そのくらいの
2005/02/18(金) 09:46:21 | やっぱり本が好き〓LINの読書日記〓
えー、ではこの企画のってみます。わたくしぼーさんなんで、以下のような感じで。『アンダーグラウンド』と『約束された場所で』 いずれも村上春樹これは小説ではなく、地下鉄サリン事件を取材したノンフィクションです。アンダー・・は被害者とその家族を、約束・・は>ね
2005/02/18(金) 14:39:03 | てらブログ
やってきました「たらいまわし企画」!今回はLove BooksのIzumi様です...>ねるさんねるさんは映画お好きなんですね♪わたしもキライじゃないんですが、本数を観られなくて…。監督はみんな映像オタク、というの、わかる気がします。というかやっぱり、そのくらいの拘りがあ
2005/02/18(金) 21:32:11 | moji茶図書館
なかなか調子がでないのですが大分快復しました。ありがとうございます。本当に健康が一番ですね。たら本が始まってました。嬉しい!今回のお題は・・◆本のTB企画第10回は 『映画になったら見てみたい本はなんですか?』 今回の主催者は、LOVE BOOKSのIzumiさんです>ねる
2005/02/18(金) 23:30:48 | ◆ ワルツの「うたかた日記」 ◆
本のTB企画「第10回 映画になったら見てみたい本はなんですか?」今回の主催者は、LOVE BOOKS&gt;&gt;のIzumiさんです。本と映画。三度のご飯よりも(いや、と同じくらい^^;)好きなもののコンビではありませんか!!本と映画の中では自由に「トリップ」できる。狭>ねるさんね
2005/02/19(土) 09:51:36 | イタリアごろごろ猫記
 やってきました、たらい回し企画。今回でくぎりの10回目です。今回のお題は・・・LovebooksのIzumiさんより。たらい回し企画「第10回映画になったら見てみたい』実際私は映画はほとんど見ない、レンタル屋が遠いから借りにも行かない、テレビにかからないと>ねるさん
2005/02/21(月) 10:21:05 | darjeeling and book
今回の主催者はLoveBooksのIzumiさんです。テーマは、 「映画になったら見てみたい」魔法使いはだれだ ― 大魔法使いクレストマンシーダイアナ・ウィン・ジョーンズ 佐竹 美保 野口 絵美魔法が禁止されている世界。「このクラスに魔法使...>ねるさんねるさん
2005/02/21(月) 13:46:07 | 空猫の読書
&nbsp;たらいまわし式 本のTB企画                                                                           第十回 「映画になったら見てみたい」&nbsp;今回の主催はLoveBooksのizu>ねるさ
2005/02/22(火) 15:35:01 | イーライがやって来た
やってきました恒例のたらいまわし企画!(ちょっと遅くなりましたが・・)記念すべき第10回は、LoveBooksのizumiさんの出題です。『映画になったら見てみたい』ブログでもよく話題になる良いテーマですね。最近でも五十嵐貴久さんの「TVJ」の映画>ねるさんね
2005/02/24(木) 20:40:16 | 物語の宝石箱
<img src=\"http://www.mypress.jp/v2_writers/mitubati0920/image/c806b6c9.jpg\" alt=\"本が好き!\">待ってましたたらいまわし>ねるさんねるさんは映画お好きなんですね♪わたしもキライじゃないんですが、本数を観られなくて…。監督はみんな映像オタク、というの、わか
2005/02/25(金) 12:07:25 | 妖精と黒薔薇の書架
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。