2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
たらいまわし・本のTB企画「第11回『旅』の文学!」
2005.03.23 (水)
tarai はーい、やってまいりましたお馴染みたらい回し企画。今回は早くも題11回、Mile.Cさんの出題  「『旅』の文学!」です。

 うーん、旅か・・・。そういえば、昔友人たちと遠野へ旅行しようということになり、慌てて『遠野物語』を読み込んだことがあったなあ(笑)。なんて付け焼刃。なんて泥縄式。このエピソードがちょろいものすべてを語っているといっても過言ではないかも・・・(泣)。

 というわけで、気を取り直して、ちょろいものオススメはこちら。


【続き】
 いわずと知れたJ・R・R・トールキン『指輪物語』。全三部作の映画も素晴らしい出来栄えでしたが、やっぱりこれは原作を読まないとあまりにももったいない。序盤こそつらいかもしれないけれど、そこを越えればめくるめく冒険の世界が・・・。わたしがこの物語をとても好きなのは、それが何かを、倒したり、手に入れたりする旅ではなくて、手に入れた強大すぎる力を葬りにいく旅だ、というところかな。やっぱりそこらのファンタジーとは一線を画する作品。文庫で全9巻と確かに長いけれど、読破する価値アリ。

 それから、これは画像がなくて残念。澁澤龍彦『高丘親王航海記』。これを挙げるにあたって、昔まだパソをやってなかったころにつけていた読書ノートを開いてみようとしたんだけれど・・・引越し直後の哀しさよ、ノートが見つからない!!(>_<) うわーん。こちらも非常に豊かな旅の世界が広がっています。しかも、読みやすいです。うーん、現物もノートも手元にないので、きっちり語れないわー(涙)。というか、ノートを見ないとちゃんと語れないって、わたしの読書人生、ダメダメなんじゃないかしら・・・。

 それからもうひとつ、絵本を。

 安野光雅の『旅の絵本』シリーズ。今は6巻まで出ているのかな? わたしが持っているのは4巻まで。まったく字がなくて、一人の旅人がとある国にやってきて、去っていくまでを絵だけで描いています。この絵が素晴らしいんですよ~。もう、一度開くといつまでもうっとりと見入ってしまいます。自分まで一緒に旅人と旅している気分に浸れること請け合い。わたしは高校生のときに見つけて一目ぼれしました。こっそりと童話の世界などの登場人物が描かれているのを発見するのも楽しい。




 こうして考えてみると、旅っていろいろ受け取り方があるだろうな・・・と改めて。素敵なお題を考えてくださったMile.Cさんに多謝(はぁと)。

スポンサーサイト
【記事編集】 10:38| 本のお話| トラックバック:24| コメント:21Top↑
コメント
ちょろいもさん、こんにちはー。
おぉ!『指輪物語』!!ぢつはエントリを書き上げた後で思い出したの。
王道中の王道すぎて、意外とみなさんの盲点になってるのかな?
「歩く速度で書かれている」と何かで読んだけれど、
中つ国の存亡がかかっているクセに、道中は案外牧歌的で大らかで
拍子抜けした記憶があります~^^;。
あ。澁澤龍彦『高丘親王航海記』。ぢつは読んでなかったりします(大汗)。
澁澤ファンを自称してるクセに…本当にファンなのか<私(滝汗)。
心根を入れ替えて、しっかと読まねば、、、。
収録の「獏園」は「ホラー・ドラコニア少女小説集成」で単行本化されてます。
まずはこちらから、かな。
七生子 | 2005.03.23(水) 12:56 | URL 【コメント編集
こんにちは。
安野光雅の「旅の絵本」、好き~。
うっとりするような絵ばかりで、本当に旅気分に浸れますね。
「指輪物語」は、冒険する旅の王道ですよね。
映画で一躍有名になってしまいましたが、その昔、お取り寄せでもなかなか買えなかった時代が懐かしいです。
読んでると「変な子」みたいな目で見られて。
今では小学生でも読んでる人気本。いい時代になったものです。
NARU | 2005.03.23(水) 13:06 | URLコメント編集
はじめまして♪
>『指輪物語』
映画も見たことないし、ストーリーも全然知らないんですが、
長編大作なんですね♪手始めに映画を見て、好奇心を刺激すれば、
私でも読破するエネルギーがわいてるかなぁ。
>安野光雅の『旅の絵本』シリーズ
>こっそりと童話の世界などの登場人物
私も安野光雅さんの絵、大好きです!
私の初・安野さんの絵本は「影のくに」だったんですが、
これにも童話の主人公が出てきてたな。
でも、実は「旅の絵本」は1巻を図書館でパラパラとしか見てないんです。
今度借りてきてゆっくり見てみたくなりました♪
マーヤー | 2005.03.23(水) 13:43 | URLコメント編集
引越し【☆;:*:;☆お疲れ様です☆;:*:;☆ 】>c=( *^▽^)ゝ
でも新しいお部屋でいいなあ、うらやましいなあ。
>J・R・R・トールキン『指輪物語』
ああっ!それがあったか!
といっても読んでないんですが(^^;
いつかは読みたいです。(いつかっていつよ?笑)
>『高丘親王航海記』
これはoverQさんも今回、あげていらっしゃいました♪
うーん、overQさんとちょろいもさんが薦めているなら
読まねばなるまい。
こうして今回も読まなくちゃいけない本が山積みになってしまいました(^^;
嬉しい悲鳴なんですが。
>わたしの読書人生、ダメダメなんじゃないかしら・・・。
読書ノートをつけている段階でエライですよー。
私も半年前に読んだ本なんてほとんど内容、忘れてます・・・
でも東大教授の上野千鶴子女史曰く
「忘れてしまう本はそれだけの本。忘れていいんです」
だそうです。
“うひゃあ”です(笑)
LIN | 2005.03.23(水) 14:02 | URLコメント編集
はじめましてこんにちは。
指輪物語、Load of the ringなら映画で見ましたが
指輪物語は読んでいません・・・。
原作そのものですか?
映画は展開が早すぎて(私の理解不足?)
はっきり言ってあまり良くわかりませんでした(笑)
そしてロードをRoadだと思っていました。
「指輪のおもみ」なのに「指輪の道」になったら
ちょっと内容変わってきますよね(笑)
そしてロードオブザリングと耳から聞いたとき
プロレス選手のリングまでの苦労話かと思いました。
LINさんも是非読まねばとおっしゃってる
『高丘親王航海記』うーーん読まねば。。
澁澤龍彦は「都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト」を
よみました。他のも読んでみようかな。
私も読んだ先から忘れていきます。
・・・忘れてしまうのはそれだけの本・・・
私の忘れっぽさが作者に申し訳ない気がする本も沢山あります。
ホントうひゃぁです(笑)
bryum | 2005.03.23(水) 15:15 | URLコメント編集
ちょろいもさん、こんにちは。
お引越し大変ですね。お疲れ様です。
うちも夫に2~3年に一度転勤があるので来年あたりは(;´Д`)
『指輪物語』!私は映画からなのですが、大好きな映画なので原作にも手を伸ばそうとした事はありますが、未だ読んでおりません。
映画が好きすぎて原作を読むのがちょっと怖いのかもしれません。
原作が好きすぎて映画が観れないっていうのと同じですね(´▽`)ゞ
その後、確か、何かの番組で爆笑問題の太田さんが『指輪物語』を読んだと(うろ覚えですが)言ってるのを聞いてまた「私も読むぞー!」と思ったのですが・・・。
>文庫で全9巻と確かに長いけれど、読破する価値アリ。
ちょろいもさんがおっしゃるなら(o`д´)ノ
みらくる | 2005.03.23(水) 17:22 | URLコメント編集
こんにちは。
お引越しお疲れ様です。(´∀`)
『指輪物語』は盲点でした!そういえばあんなに堂々と旅しているじゃないか。
それよりも読書ノートなんてきちんとつけているちょろいも様にもっと驚きです。
え、えらい・・・私はブログをはじめてから記録をつけるようになりました。読書感想文歴一年です。
安野光雅氏の『旅の絵本』シリーズは私も持っていますYO!三巻までですが。小学生のとき親が買ってきてくれて、寝る前に毎日眺めていました。
>一人の旅人がとある国にやってきて、去っていくまでを絵だけで描いています。
そんな内容だったとは・・・∑(`Д´;)オイ
あのころはただただ絵がきれいで眺めていたなぁ・・・。
ちょっと改めて読み返してみます。
moji茶 | 2005.03.23(水) 19:24 | URLコメント編集
>七生子さん
そうそう、『指輪』って王道過ぎたかなー?って少し思ったのでした。
ホントに、手に汗握る展開なはずなのに妙に大らかなのよね(笑)。
わたしは中つ国の地図の載ってる本を買っちゃって(笑)、その地図を
辿りながら読みました。
『高丘親王~』を七生子さんが読んでないのはちょっと意外だったわ!
>NARUさん
こんにちは!
NARUさんも『旅の絵本』、お好きなんですね♪
『指輪物語』は映画化で一気に知名度があがりましたね。
『ナルニア』も映画化で読者が増えるのかしら・・・。
なんにしろ、名作が注目されるのはファンとして嬉しいことですよね。
ちょろいも | 2005.03.24(木) 09:33 | URL 【コメント編集
>マーヤーさん
いらっしゃいませ♪
指輪は映画も原作も素晴らしいですよ~。ただ、映画はかなり内容を
端折っているので、観るならエクステンディット・エディションの方を
オススメします。こちらは長い分、丁寧なつくりです。
マーヤーさんも旅の絵本ファンでしたか!
わたしの初めての安野作品は、たぶん「だましえ」とか「不思議な絵」
とかそんな感じのタイトルの本でした。エッシャーっぽい絵がたくさん
載っていた作品で、子供心にその不思議さにとりこまれましたわ~。
ちょろいも | 2005.03.24(木) 09:35 | URL 【コメント編集
>LINさん
そうそう、『高丘親王』はoverQさんも挙げてらしたんですね!
うっかりかぶっちゃいました(笑)。
>でも東大教授の上野千鶴子女史曰く
>「忘れてしまう本はそれだけの本。忘れていいんです」
>だそうです。
確かに、自分だけで読書を楽しむならそれでいいと思います。
本当に忘れられない本って結構少ないですよね。
わたしなんか読んだかどうかすら忘れてる本もありますし(笑)。
でも、読書を通して誰かと話したいと思うと、やっぱり感想をつけて
おくことはかなり役に立つと思います♪
ちょろいも | 2005.03.24(木) 09:36 | URL 【コメント編集
>bryumさん
いらっしゃいませ♪
指輪物語、映画は確かに展開が速かったと思います。原作を知らないと
ちょっとつらい場面もあったと思いますわ~。なんせ、あの長編を3部作
にまとめるんですから(^-^;)。
DVDで出ているエクステンディット・エディションの方がもう少し
わかりやすいと思います。かなりカットされた部分を復活させてますから。
澁澤はわたしもあんまり読んでいないんですよ~。
「都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト」も未読です。
そろそろ澁澤も読み込みたいと思っているんですけどね・・・。
ちょろいも | 2005.03.24(木) 09:36 | URL 【コメント編集
>みらくるさん
おお、みらくるさんは転勤族でしたか。
転勤族は何かと落ち着かないですよね~。しかも2~3年に一度とは!
指輪の映画は本当に素晴らしかったですよね。
それこそあの原作をどう映画化するんだろう・・・と不安に思っていた
のですが、まったくの杞憂でした。
みらくるさんも、映画がお好きでしたらぜひ、一度読んでみてください
ませ~♪と、気楽に勧められる長さじゃないんですが(苦笑)。
ちょろいも | 2005.03.24(木) 09:37 | URL 【コメント編集
>moji茶さん
moji茶さんにも盲点でしたかー。そうそう、まさにあれこそ旅ですよっ(笑)。
わたしも読書ノートをつけていたのは数年です。あとはネットに感想を書くようになっていつのまにかそちらにすっかり移行してしまいました。けどやっぱり、パソを使うようになる以前のものはノートがないと・・・。
moji茶さんも『旅の絵本』もってらっしゃるんですね~♪
内容を知らなかったなんて、ちょっとわらっちゃいました(笑)。
でも本当に絵がきれいですから、画集のように思っていたんでしょうね、
小学生のmoji茶ちゃん(笑)。
ちょろいも | 2005.03.24(木) 09:37 | URL 【コメント編集
ちょろいもさん、こんにちはー。
お引っ越しお疲れさまです。いいですねえ、新しいお部屋♪
「指輪物語」は、ほんと王道ですね!
小学校の頃読んでても、「変な子」という目では見られなかったと思うんですが…
…って、本人が気付いてないだけだったのかしら。(汗)
私がその当時から持ってるのは全6巻で追補編まで入ってるんですけど
今のと何が違うって、紙の厚みが全然違うんですよ。すっごく薄くてペラペラなの。(笑)
なんだか騙されたようなほっとしたような… です。(^^ゞ
安野光雅さんの「旅の絵本」は、実はあんまりちゃんと見たことないんです。
同じ安野光雅さんで、「さかさま」とか「奇妙なサーカス」が大好きで
こっちのイメージが強過ぎたからかも。(その2冊は、幼稚園でもらったのです)
また今度図書館ででもじっくりと見てみますね♪
四季 | 2005.03.24(木) 14:51 | URL 【コメント編集
ちょろいもさん、こんにちは♪
えーっと、「たら本」は(たぶん)ちょろいもさんが主催だった5回目の長編のときに参加させてもらって以来です。
「指輪物語」はずっと読みたいと思いつつ「いや、原書で挑戦するまでは...」と迷ってます。いつになる??(笑)
安野光雅さんの絵本はいいですね!線が細くて丁寧に書き込まれていて。
うん、↑で四季さんがおっしゃってるように「さかさま」の印象が強いなぁ。
私も図書館でさがしてみます。
藍 | 2005.03.24(木) 16:40 | URLコメント編集
ちょろいもさん、お引越し~~~完了!まずは無事に、おめでとーーー!(^o^)丿
引き続き、お疲れの出ませんように~ね。
お片づけはぼちぼちと頑張って下さい。
新しい素敵なお家は逃げていきませんし。(笑)
指輪物語・・・映画を観て、最後が映画ではどうも釈然としなかったので、
本が読みたい・・と思ってるんですが、あのラストはやはり、あのラストなんですよね・・
映画だけでもたくさんカットされたシーンがあるようで、本を読めばよく味わえるんでしょうね。
>文庫で全9巻と確かに長いけれど、読破する価値アリ。
ちょろいもさんがおっしゃるなら(みらくるさんと同じく。笑)
安野さんのこの絵本はいいですね。私も持ってます。
ワルツ | 2005.03.25(金) 00:48 | URLコメント編集
>四季さん
おおっ、四季さんは小学生で指輪を読んでいたんですか!さ、さすが・・・。確かに昔の本って紙が薄くてしかも字が小さいですよね!(笑)
でも6冊で収まっているのはありがたいのではと推測・・・(笑)。
『旅の絵本』は『さかさま』などとはまたイメージの違う素敵な絵本
ですよん♪ 機会がありましたらぜひパラパラと。
>藍さん
わーい、お久しぶりです(*^-^*)。
指輪を原書で・・・それはすごすぎますっ。
四季さんのコメントにも書きましたが、『旅の絵本』はまた雰囲気が
違って素敵なんですよ~~。立ち読みでもすぐ読めますので(なんせ
字がありませんから/笑)、気が向きましたらぜひ手にとって
見てみてくださいね(はぁと)。
ちょろいも | 2005.03.25(金) 10:28 | URL 【コメント編集
>ワルツさん
ありがとうございます~(はぁと)。
片付けはボチボチすぎないか!?というくらいボチボチと進めてます(笑)。マイペースでやりますわ~。
指輪、ぜひ原作読んでみてくださいね~♪
たくさんたくさん、素敵なシーンや登場人物がカットされているんです
よー(T_T)。
あのラストはあのラスト・・・なんですが、あそこにいたるまでにも
さらにエピソードがあるんです~。
きっとすてきな読書タイムを過ごせると思いますよん(*^-^*)。
『旅の絵本』はワルツさんも持ってらっしゃるんですね。
なんだか嬉しいわ~~~♪
ちょろいも | 2005.03.25(金) 10:29 | URL 【コメント編集
こんばんは。TBありがとうございました。
「旅」と言ったら『指輪物語』を忘れちゃいけませんね。
(と言いつつ、綺麗さっぱり忘れてました^^;)
『旅の絵本』シリーズは、本屋でよく見かけますが未読でした。
読んだらすごく好きになる予感があるんですが、
全部集めないと気が済まなくなりそうで、
なかなか手が出せずにいました(^^ゞ
でも、一度きちんと読んで眺めて味わってみたいです(^^)
sa-ki | 2005.03.26(土) 01:13 | URLコメント編集
こんばんは、TBどうも。
『指輪物語』はなぜか広辞苑よりもでかい三冊セットを買ってしまいました。
これは、読むスタイルが限定されます…(笑)
ne_san | 2005.03.27(日) 01:29 | URLコメント編集
>sa-kiさん
いらっしゃいませ。
『指輪物語』、やっぱりみなが知っているだけにかえって盲点に
なっていたようですね(苦笑)。
『旅の絵本』はすごくよいですよ~~。1冊ずつでも、集めると
すごく嬉しくなっちゃいます。といってわたしも最近出た2冊は
入手してないんですけど(笑)。
>ne_sanさん
おお、3冊セットの指輪をお持ちですか。確かにそれは読むスタ
イルを選びそうですね~。
分厚くて重い本は、なんだか嬉しくなる一方で非常に手首が疲れ
るんですよね(笑)。
ちょろいも | 2005.03.29(火) 21:10 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
たらいまわし・本のTB企画「第11回『旅』の文学!」  ひさびさの参加、「たらい>sa-kiさんいらっしゃいませ。『指輪物語』、やっぱりみなが知っているだけにかえって盲点になっていたようですね(苦笑)。『旅の絵本』はすごくよいですよ~~。1冊ずつでも、集めるとすご
2005/03/23(水) 12:44:37 | 歩行と思索
ここ数回、あれこれ唸って考えているうちにTBのタイミングを逃し参加し損ねていましたが、今回から性根を入れ替えて参加しますとも。第11回目の主催者さまは、Mlle.Cさんです。今回のお題は「『旅』の文学!」私は旅が好きです。つねに漂泊の思ひがやむことはあり>sa-kiさん
2005/03/23(水) 12:45:50 | どこまで行ったらお茶の時間
主催者たらいまわし方式でお送りする本のTB企画第11回は、Le Journal ...>sa-kiさんいらっしゃいませ。『指輪物語』、やっぱりみなが知っているだけにかえって盲点になっていたようですね(苦笑)。『旅の絵本』はすごくよいですよ~~。1冊ずつでも、集めるとすごく嬉しく
2005/03/23(水) 13:01:01 | 猫派の読書寝殿
毎度おなじみ♪たらいまわし企画第11回!今回のお題はMlle.Cさんで「『旅』の文学!」です。た、旅。。旅ですか…。えぇ、わたくし、基本的にひきこもり人間なので旅にはほとんど縁がありません(爆)若いうちに色んなところ行くべきよ!と色んなひとに言われますが>sa-kiさ
2005/03/23(水) 13:21:53 | コウカイニッシ。
Le Journal de La Princesse frivoleさまのたらいまわし・本のTB企画「第11回『旅』の文学!」に参加します。 お奨めの「旅を感じさせてくれる本」をご紹介します。 ★西村玲子『玲子さんのすてき発見旅』→レビューを読む 今回のテーマにぴったりなのが、この本でしょう。>
2005/03/23(水) 13:29:16 | KOROPPYの本棚
本のたらいまわし企画 第11回「旅の文学」&nbsp;今回の主催は、Le Journal de La Princesse frivoleのMlle.Cさんです。&nbsp;「旅の文学」!!春らしいすてきお題&nbsp;絵のない絵本  アンデルセンまっさきに思いついたのはこれでした。(アンデルセンに>sa-kiさんいら
2005/03/23(水) 13:43:50 | イーライがやって来た
夏休み。(いや春休みも冬休みも連休も) 旅行フェチの両親に、朝3時にたたき起こ>sa-kiさんいらっしゃいませ。『指輪物語』、やっぱりみなが知っているだけにかえって盲点になっていたようですね(苦笑)。『旅の絵本』はすごくよいですよ~~。1冊ずつでも、集めるとす
2005/03/23(水) 13:47:39 | やっぱり本が好き〓LINの読書日記〓
ブログを書き始めて早3ヶ月・・・。ふとしたきっかけで知り合ったLe Journal de La Princesse frivoleのMlle.C嬢からのお題です。・・・旅かい・・・旅は好きだけど、紀行ものはあんまり読まないしなぁ。でも参加したいどうしよう・・・。と連休中一生懸命家>sa-kiさんいら
2005/03/23(水) 14:49:54 | a daydream
たらいまわし・本のTB企画です! 今回の主催者はLe Journal de La Princesse frivoleさん(Mlle.Cさん)です。 そしてテーマは「『旅』の文学!」です! 何と!またしても面白いテーマです!旅に関する本読むの大好きなんです♪ 自由な時間がたくさんあった大学生の頃、アル.
2005/03/23(水) 16:19:07 | あいらブックス!
えー、またのってみます。生来の出不精のせいか旅には縁遠い私ですが、てっちゃんの過去もあったりしてそそるテーマであります。でも、いざ探してみると完全フィクションものばかり目に入りますね。『指輪物語』も旅と言えば旅ですよね。でも、これははずせない『深夜特>sa-
2005/03/23(水) 17:40:00 | てらブログ
うわーい やってきました。TB企画。 今回はLe Journal de La P...>sa-kiさんいらっしゃいませ。『指輪物語』、やっぱりみなが知っているだけにかえって盲点になっていたようですね(苦笑)。『旅の絵本』はすごくよいですよ~~。1冊ずつでも、集めるとすごく嬉しくなっ
2005/03/23(水) 19:17:54 | moji茶図書館
Le Journal de La Princesse frivoleさんによるた...>sa-kiさんいらっしゃいませ。『指輪物語』、やっぱりみなが知っているだけにかえって盲点になっていたようですね(苦笑)。『旅の絵本』はすごくよいですよ~~。1冊ずつでも、集めるとすごく嬉しくなっちゃいます。と
2005/03/23(水) 21:42:45 | sein
世界の東の果てには、世界の始まりから生えている一本の木がある。また、世界の西の果てには、その建築法自体がすでに邪悪な塔が立っている…      チェスタトン「木曜の男」 この国では、一年のある時期、楽園の林檎と称するものを売っている。甘くて美味。どこを切っ
2005/03/23(水) 23:21:30 | AZ::Blog はんなり、あずき色のウェブログ☆
今回のお題は、「『旅』の文学!」。留守にしていた間にお題が発表されていて、すっかり出遅れてしまいましたが、でも今回も参加しまーす。参加が遅くなると、挙げたい本が...>sa-kiさんいらっしゃいませ。『指輪物語』、やっぱりみなが知っているだけにかえって盲点になっ
2005/03/24(木) 14:42:31 | Ciel Bleu
5回目の長編以来、ひさしぶりに私でも書けそうなお題なんで、参加させていただきます!今回のお題は Le Journal de La Princesse frivoleのMile.Cさんから「『旅』の文学!」。というわけで、1本目はこれ。アムリタ〈上〉吉本ばななの「アムリタ」です。>sa-kiさんいらっし
2005/03/24(木) 16:29:41 | □indigo blue□
たらいまわし・本のTB企画第11回は、『旅』の文学です。お題を出して下さったのは、大好きなマドモアゼル!(Mlle.Cさん)なのに大幅に遅刻です~すみません~(&gt;_まずはマドモアゼルへ貢物。どうぞ(はあと)ヨハネさまと一緒に旅されますように~。(『荒野の>sa-kiさん
2005/03/25(金) 00:49:59 | ◆ ワルツの「うたかた日記」 ◆
AZ::Blog はんなり、あずき色のウェブログ☆さん主催の、主催者たらいまわし方式でやってみる、本のトラックバック企画!第10回が始まりましたので、トラックバック!お題は「『旅』の文学!」です。私は旅が好きです。つねに漂泊の思ひがやむことはありません...>sa-kiさ
2005/03/25(金) 10:48:31 | Love Books
←元締めさん★ 恒例、主催者たらいまわし方式でやってみる本のトラックバック企画! タラ11♪い~い日~♪たび~だち~♪ お題は、Mlle.Cさん主催の『旅』の文学! です。 ぐるぐるするのは好きなので、陶然、旅も好きです。 が、最近は、脳内トリップばかりで、とんとご
2005/03/25(金) 13:52:08 | おかぼれもん。
Le Journal de La Princesse frivoleのMlle...>sa-kiさんいらっしゃいませ。『指輪物語』、やっぱりみなが知っているだけにかえって盲点になっていたようですね(苦笑)。『旅の絵本』はすごくよいですよ~~。1冊ずつでも、集めるとすごく嬉しくなっちゃいます。といって
2005/03/26(土) 01:06:52 | Breezy days
やってきました、たら本第11回。今回は「Le Journal de La Princesse frivole」のMlle.Cさんからのお題、「『旅』の文学!」。旅っすかー。毎度毎度悩むのだけど、今回はすんなりでてきました。>sa-kiさんいらっしゃいませ。『指輪物語』、やっぱりみなが知っているだけにか
2005/03/26(土) 23:40:15 | BOOKS AND DAYS
ずいぶん長らく参加しておりませんでしたが、ワタクシ、たらいまわし企画はじつは非常に好きです。(激白)いつも乗り遅れて、皆さんの紹介なさった本をちぇっくする、受け民だったのですが、今回は参加させていただきますね。今回のお題は Mlle.Cさんからで「旅の文学>sa-k
2005/03/27(日) 01:27:35 | 肩までまったり。
今回のお題はLe Journal de La Princesse frivoleのMlle.Cさん。旅という言葉は、その語そのものが、浮き足立っているように思える。旅とはどういうものなのかが解らない。旅行というと、なんだか楽しい感じがする。どこかに行って、観て食べて買ったり、ホテルなんかも>sa-
2005/04/07(木) 16:57:21 | SukuSukuPu-san
文字のない絵本には赤ちゃん向けのようなものがあれば読み手の創造力に任されるものもある。創造力を高める為に時として文字は邪魔な時がある。読む人にとっておもしろいと感じるか、つまらないと感じるかは人それぞれ違うのが面白い所だと思う。安野光雄氏の「旅の絵本」シ
2007/03/20(火) 20:55:15 | ファーブルの森
おすすめの産み分けの本今まで産み分けについていろいろ書いてきましたが、やはり、本の方がもっと詳しく書いてあるので、参考になさってください。・男女産み分け完全ガイド最新版 主婦の友生活シリーズ 出版社:主婦の友社 ページ数:104p 本体価格:900円・女の子・
2007/05/29(火) 14:06:39 | 産み分け(生み分け)の全て
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。