2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『オテル モル』読了。
2005.05.02 (月)
 今日はこれが最後になるかなー。栗田有起『オテル モル』。感想はこちら。そういえば栗田氏は『ハミザベス』がず~~~~~~~っと気になっていたまま未読なんだったわ。ちょっと辛口の感想になっちゃったけれど、好みで言えば好きな物語なので(ホントです/笑)、これを機に忘れずにリクエストしよう。

 あと感想の残りは西加奈子『さくら』と、デイヴィッド・ベズモーズギス『ナターシャ』の2作。ふー、だいぶ消化したわ!

 今は町田康『告白』を読書中。新聞連載時に切れ切れに読んだのと1冊にまとめて読むのでは少し印象が違う。でも連載時の挿画はかなりこの作品の雰囲気に合っていて、とても好きだったので挿画がないのは少し寂しい。
 そしてこの作品は予想はしていたんだけれどなんだかわたしの心をものすごくざわつかせる。冷静に読ませてくれない。胸に痛い。ズキズキ。

スポンサーサイト
【記事編集】 19:11| 国内作家 か行| トラックバック:2| コメント:3Top↑
コメント
ちょろいもの、連載したいなぁ。
BlogPetの「choro」 | 2005.05.08(日) 10:12 | URLコメント編集
こんにちわ!私は栗田さんにこの作品で出会ったのですが、そこからさかのぼって読んで、今結構大好きになってます!「ハミザベス」もう読まれましたでしょうか?まだでしたらぜひ、オススメです!
chiekoa | 2005.06.10(金) 17:17 | URLコメント編集
>chiekoaさん
こんばんは♪
わー、chiekoaさんもこれが初めての栗田作品でしたか。
『ハミザベス』、気になりつつもなかなか読む機会がないんですよー(>_<)
近いうちにぜひ、読んでみたいところです~。
ちょろいも | 2005.06.11(土) 01:27 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
オテルモルチェックイン、日没後。チェックアウト、日の出まで。最高の眠りを提供するホテル「オテル・ド・モル・ドルモン・ビアン」のフロントで働き出した希里が知る、優しい対峙の仕方とは…。双子の姉である希里が家庭の事情から、最高の眠りを提供する会員制のビ>chiek
2005/05/29(日) 17:43:18 | どこまで行ったらお茶の時間
ISBN:4087747468:detail 姪っ子の美亜とその父親と、三人で暮らしている希里。彼女が就職を決めた先は「オテル・ド・モル・ドルモン・ビアン」。勤務時間は日没から日の出まで。地下にあるその不思議な会員制ホテルで彼女は…。 なんだか、いやにおもしろい物語でした。爆
2005/06/10(金) 17:15:59 | +ChiekoaLibraly+
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。