2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『さくら』読了。
2005.05.09 (月)
 西加奈子『さくら』読了。感想はこちら

 『さくら』を読んだから、というわけではないのだけれど、TOPを桜にして花びらを散らしてみた(はぁと)。え、桜なんてもう終わってる? 何をおっしゃる、北海道は今からが桜の季節なのよ~う! 近所の桜もあちらこちらでピンク色に染まり始めている今日この頃。やっと本格的な春がきた感じ。でも最近は雨が多いんだけど…(ー_ー;)。
 しかし、桜を散らすのにかなーり悪戦苦闘。やっぱりHTMLを自分で書けない人間にはおしゃれなHPへの道のりは遠いわ…。

 というわけで話を『さくら』へ戻して…。
 これ、かなり売れているらしい。小学館の売り文句は、「『世界の中心で愛をさけぶ』『いま、会いにゆきます』の次はコレ!」というらしいけれど、この並べ方ってものすごく正しい、と思った(笑)。セカチューで初めて本を読んで感動して、「いまあい」でまたまた涙して、「本ってけっこうおもしろいかも?」と思った人がいたとしたら、確かに次はこれを勧めたい。セカチューやいまあいよりはちょっと長い。この「ちょっと長い」のが本人の達成感を刺激(笑)。そしてちょっと苦みもアップ。けれど読み終わった後にはさわやかな感動が。

 これを読んでますます読書が楽しくなってきたら、次は本屋で平積みされている本屋大賞の『夜のピクニック』に行くってのはどうかしら?!

スポンサーサイト
【記事編集】 21:57| 国内作家 な行| トラックバック:1| コメント:0Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 例えば、嫁さんの兄弟姉妹には3歳上の兄貴と3歳下の妹がいるんだけど、本書を読んで思ったのは、自分と嫁さんの妹は一緒なんだけど、嫁さんとその兄貴は自分とは違うということ。ちなみに評者には2歳上の姉貴がいるんだけどさ。 何が違うかと言うと、幼い頃、家に赤ち...
2005/10/08(土) 06:32:12 | 「本のことども」by聖月
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。