2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『むこうだんばら亭』読了。
2005.06.08 (水)
 週末からちょろいも家はまたまたバタバタ(>_<)。まずは一段落したちょろぴこの水疱瘡がちょろぴよに移り、わたしも体調を崩して発熱。しかも相方まで風邪をひいてダウン! 一家崩壊。読書感想どころじゃありません~。

 そんなバタバタもなんとか収束の方向へ。ふー、片づけたと思ってたらまたまた感想が溜まってるよ~。というわけで、まずは乙川優三郎『むこうだんばら亭』の感想をこちらに。直木賞・山本周五郎賞受賞作家である乙川氏の作品を読むのはこれが初めて。時代小説ということで、わたしに合うかしら?と思いつつ読み始めたのだけれど、これがじわじわとボディーブローのように心に効いてくる小説だった。全然ジャンルは違うのだけれど、『彼方なる歌に耳を澄ませよ』を彷彿とさせるような。読んでよかったわ~。

スポンサーサイト
【記事編集】 10:52| 国内作家 あ行| トラックバック:1| コメント:0Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「いなさ屋」。そこにはいろいろな人生を抱えた人たちが集まってきた。「いなさ屋」...きのうは家も相似するはずだった。
2005/06/08(水) 14:18:56 | のほ本♪
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。