2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『ベジタブルハイツ物語』読了。
2005.06.09 (木)
 藤野千夜『ベジタブルハイツ物語』の感想をこちらに。ほのぼのと和む作品。この作品については読売新聞の町田康の書評がとっても気になっていたのだけれど、どうやらわたしは戦慄するほどの感銘は受けなかったみたい…。うーん、これは感受性が鈍いのか、はたまた町田康とわたしとの感性の違いなのか、それとも単にわたしの読み込みが甘いのか…。

 藤野千夜作品は以前アンソロジー『Teen Age』で読んで以来、2作目。いや、芥川賞作家だったなんて知らなかったわ…(恥)。

スポンサーサイト
【記事編集】 12:04| 国内作家 は行| トラックバック:1| コメント:0Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
あなたと、どこかへ。 eight short storiesここではない、どこかへ。あなたと、ふたりで-。かつての、あるいは今の愛を確かめにドライブに出かけるふたり。日産TEANAスペシャル・サイト発信、8人の作家による8つの短篇小説を収録する。吉田修一、角田光代、石きのう
2005/07/12(火) 17:16:40 | どこまで行ったらお茶の時間
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。