2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『ある秘密』読了。
2006.01.31 (火)
 フィリップ・グランベール『ある秘密』の感想をこちらに。しんしんと胸に染み入る物語。読んでいる最中、苦しくなって読むのが辛かった。けして厚い本じゃないのにページがやたら重く感じた。けれど、読むのが苦痛な本ではけしてない。

 わたしはこういう、情緒を抑えた、静謐な文章が好きなんだな~と思う。『彼方なる歌に耳を澄ませよ』を読んだときも、こんなしーんとした気持になったのを思い出した。ストーリーはまったく違うけれど、どちらもその底に流れるものが共通な気がする。クレスト・ブックス、やっぱりいいものを揃えてるなあ…。思わず全部制覇したくなったわ。

 まだ1月だけれど、個人的には今のところ今年のベスト10入りは確実な気が。とにかくたくさんの人が読んでくれるといいな。厚くないし、読みづらくないし、次の本屋大賞でこれが大賞に選ばれたりしたら、きっとわたしはもう少し日本を見直す気がするわ!…って、本屋大賞ってもしかしたら日本人作家限定なのか??


スポンサーサイト
【記事編集】 20:41| 海外作家 カ行| トラックバック:1| コメント:4Top↑
コメント
読みたいなぁ!
クレストブックス、気になりつつもなかなか読めないのよね。
そうそう、本屋大賞は日本人作家で小説限定みたいね。
海外物やノンフィクション部門もあったらいいのになぁ。
せいこ | 2006.02.01(水) 13:47 | URLコメント編集
>せいこさん
これはよかったよ~。オススメ。
薄いからあっという間に読めます。でも内容は濃いよ~。
そうか、本屋大賞はやっぱり日本人限定なのね…。
ちょろいも | 2006.02.04(土) 00:36 | URL 【コメント編集
ようやく読みました! あー、なんで今までつんどくしてたんだろ? よかったです、すごく。しばらく心の片隅から消えないんじゃないかと思えるくらい。薦めて下さってありがとうございます(^^)
姫川みかげ | 2007.01.06(土) 23:14 | URLコメント編集
>みかげさん

気に入ってもらえてよかったです~~~♪
オススメした甲斐がありましたわ(はぁと)。
わたしもこの本はずっと心に残る一冊だと思ってます。
ちょろいも | 2007.01.07(日) 14:36 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ある秘密 作者: フィリップグランベール, Philippe Grimbert, 野崎歓 出版社/メーカー: 新潮社 メディア: 単行本 第二次大戦下、フランスがナチに占領されていた時代、ユダヤ人の両親が「ぼく」に隠し続けていた忌まわしき「ある秘密」とは…。 昨年末、ちょろいもさんと安
2007/01/06(土) 23:16:05 | 姫川みかげの しゃんぶろう通信
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。