2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『ベルカ、吠えないのか?』読了。
2005.07.08 (金)
 ようやく1ヶ月前に読んだ『ベルカ、吠えないのか?』の感想をこちらにアップ。ふー。

 でも昨日直木賞候補作の発表があって、ちょうどこの本も候補に!! ぎゃー(興奮)! 今回の直木賞はホントになんだか久しぶりにワクワクするわっ。個人的には恩田陸の『ユーラシア』に取ってもらいたいなあ、と思うんだけれどなんとなく叶わない予感(苦笑)。ベルカはものすごーくものすごい作品(どういう日本語だ/笑)なんだけれど、もしもこれが直木賞を取ったとして、普段本を読まない人には受け容れられるかしら…。少なくともわたしは、「最近本を読み出したら結構読書っておもしろいなあって思ったのよ! 何かオススメの本ある??」なんて漠然な質問(笑)を受けたとき、この作品は勧められないなあ…。

 でも、とにかく途方もない力を感じさせる作品。本好きなら一度はぜひ読んでみてもらいたい。そしてなぎ倒されて欲しい。フィクションの持つ圧倒的なパワーに。

 実は再読したい~と今すごく思っているんだけれど、なかなか再読までは許されない状況…(>_<)。というか、趣味の読書で好きな本を好きなときに読めない状況ってどうよ?(笑)

スポンサーサイト
【記事編集】 14:05| 国内作家 は行| トラックバック:9| コメント:10Top↑
コメント
これ読んでみたいです。
ちびっこはるか | 2005.07.11(月) 12:17 | URL 【コメント編集
>はるか
了解しました(笑)。
ちょろいも | 2005.07.11(月) 20:04 | URL 【コメント編集
エキサイトブックスで例の奴が始まりましたね(笑)
トヨザキ女史、『ベルカ』べたほめです。
トヨザキ女史、ミステリーチャンネルの番組で以前、『gift』も
べたほめだったんですが、他の人に「ミステリーじゃないじゃん」って
つっこまれてました。
でもそれくらい古川さんがお好きなんでしょうね。
私も話としてはキライじゃないんですけどね(^^;
今回の直木賞、売れてるんだから恩田さんでいいじゃんと
単純に思うのですがちょろいもさんは誰がいいですか?
LIN | 2005.07.13(水) 16:14 | URLコメント編集
>LINさん
芥川・直木賞、決定しましたね~。
わたしはベルカも『gift』も好きですよ~。
でも、どちらもかなり好き嫌いの分かれる作品ですね。
古川氏の作品はこの2冊しか読んでいないんですが、
他の作品も読んでみたいと思っています。
恩田さんは今回もダメでしたねー…。
まあ、『ユージニア』もまた読者を選ぶというかなんというか。
でも今回の直木賞候補は珍しく(笑)粒ぞろいでしたので、
これから未読の受賞作を読んでみたいでーす。(*^-^*)
ちょろいも | 2005.07.14(木) 23:22 | URL 【コメント編集
ベルガ、面白かったよ!
イヌ、イヌ、イヌで、凄いね。
今度系統図作ってください!(^-^;)
ちびっこはるか | 2005.07.19(火) 12:43 | URL 【コメント編集
>はるか
いやー、系図は…
だ、誰かつくって…。orz
ちょろいも | 2005.07.20(水) 12:26 | URL 【コメント編集
ちょろいもさん、こんばんは!
TBありがとうございます~♪
ちょろいもさんの感想も拝見しました!
本当に、力強くてこちらにグイグイ迫ってくるような作品でしたね。
ただ犬好きだというだけで読みましたが、この本に出てくる犬たちはかっこよかったです!野生の部分を失ってないところが。
でも、なんだかんだ言っても、犬は人間とは切り離せない生き物なんですよね~。
みらくる | 2005.07.29(金) 23:54 | URLコメント編集
>みらくるさん
こちらこそTB返しありがとうございました♪
この本の犬たち、本当にかっこよかったですよね~~。
犬を安易に擬人化した書き方でないところもよかったです。
ちょろいも | 2005.08.01(月) 21:08 | URL 【コメント編集
ちょろいもさん こんばんは。
「ベルカ~」読み終わりました。
よかったですー。
確かに人にオススメはできないけど、いい本ですよね。
かなり私好みでした。
他の古川作品も読んで見たいです。
「モーダル」も図書館で探してこようと思ってます。
本屋で見かけたけど、ホントぶ厚い本ですね(笑)
bon | 2005.10.07(金) 00:34 | URLコメント編集
>bonさん
わー、気に入ってくださって嬉しいです。わたしが書いたわけでもないですが(笑)。
好みが分かれる作品なので、この作品が好き、という人とは「仲間!」な気分です(笑)。
『モーダル』、厚さに負けずにぜひ試してみてくださいね~(はぁと)。
ちょろいも | 2005.10.07(金) 16:58 | URL 【コメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 評者が最初に読んだ古川作品が◎『13』。その後◎◎『アラビアの夜の種族』や ○『サウンドトラック』で再び古川作品を堪能し、すると「JardinSoleil」の四季さんが、文庫化された際に二つの単行本が一つに収蔵された『沈黙/アビシニアン』(←四季さんの感想です)にお
2005/07/08(金) 18:50:55 | 「本のことども」by聖月
  ◎ 『13』  ◎ 『アビシニアン』◎◎ 『アラビアの夜の種族』◎◎ 『中国行きのスロウ・ボート RMX』  ○ 『サウンドトラック』◎◎ 『ボディ・アンド・ソウル』  ○ 『gift』◎◎ 『ベルカ、吠えないのか』>bonさんわー、気に入ってくださって嬉し
2005/07/08(金) 18:51:29 | 「本のことども」by聖月
ベルカ、吠えないのか?1943年、日本軍が撤収したキスカ島。無人の島には4頭の軍用犬が残された。捨てられた事実を理解するイヌたち。やがて彼らが島を離れる日がきて-。それは大いなる「イヌによる現代史」の始まりだった!1943年の4頭の軍用犬から始まり、ソ連>bonさ
2005/07/10(日) 12:47:12 | どこまで行ったらお茶の時間
ベルカ、吠えないのか?オンライン書店ビーケーワンで詳細を見るイヌがメインの歴史。イヌを通して描く戦争の記録。イヌとひとと戦争を描いたなんともふしぎな物語。すごい、としか言いようが無い。おもしろいしものすごく引き込まれるけれど、なかなか読むのに時間>bonさん
2005/07/12(火) 01:18:45 | コウカイニッシ。
取って欲しいアンケートを実施しております。是非お気軽に一票投じていただけたらと思います。こちら直木賞発表まであと2日となった。候補作はこちら今回の特徴は賞味期限切れの作家はのきなみシャットアウトしている点であろうか。あと、本当に近い将>bonさんわー、気に入
2005/07/12(火) 02:10:17 | 活字中毒日記!
「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男(2005)☆☆☆★★※[913]、国内、現代、小説、犬、軍用犬、年代記二つの犬の系統の話。二つの大きな物語の流れ。イヌよ、イヌよ、お前たちはどこにいる?1943年、アリューシャン列島の無人の島に残された日本軍の軍用>bonさんわー、
2005/07/18(月) 07:48:42 | 図書館で本を借りよう!~小説・物語~
ベルカ、吠えないのか?古川 日出男文藝春秋 2005-04-22売り上げランキング>bonさんわー、気に入ってくださって嬉しいです。わたしが書いたわけでもないですが(笑)。好みが分かれる作品なので、この作品が好き、という人とは「仲間!」な気分です(笑)。『モーダル』、厚
2005/07/29(金) 23:44:51 | あいらブックス!
>bonさんわー、気に入ってくださって嬉しいです。わたしが書いたわけでもないですが(笑)。好みが分かれる作品なので、この作品が好き、という人とは「仲間!」な気分です(笑)。『モーダル』、厚さに負けずにぜひ試してみてくださいね~(はぁと)。
2005/10/07(金) 23:23:42 | 本読み日記
もっと早く読むべきでした、この本。世間では大評判であることを知りながら、「早く文庫化されないかな~」とセコいことを考え、ようやく最近になってハードカバーを買うふんぎりがついた【ベルカ、吠えないのか?】。おもしろいです。ベルカは犬なのね。...>bonさんわー、
2006/02/14(火) 13:31:35 | ぱんどら日記
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。