2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『蒼路の旅人』読了。
2005.07.28 (木)
 上橋菜穂子『蒼路の旅人』読了。感想はこちら

 この作品は用心棒バルサの活躍を描く「守り人シリーズ」から派生した「旅人シリーズ」の2作目なのだけれど、この2つのシリーズは非常に上質なファンタジー。このシリーズを子供の頃に読める今の子供はホントに幸せだと思うわー。もちろん、上質なファンタジーなので当然、大人が読んでも面白いのは折り紙付き!

 さあ、これでそろそろ図書館本にも目処がついたみたい。いよいよ積み上げてある新刊を怒濤のように消化していかなければ…。ああ、話題の本が読めるのはとっても嬉しいことのハズなのに、気が重くなっちゃうのはどうしてなんだろう(笑)。読まねば本を前にして、今読まなくてもいい本を読むのが逃避行動だなんて、どうかしているわ…(笑)。


スポンサーサイト
【記事編集】 22:17| 国内作家 あ行| トラックバック:1| コメント:3Top↑
コメント
私も読んだー!読んだー!
もう、チャグムが可哀相で可哀相で(涙)。
もし出来ることならば帝に会って、親としてあるべき姿をこんこんと説教してやりたいわ!(笑)
1話完結の物語じゃないけど、この終わり方はあんまりだよねー。
「これからどうなるの~?」
とドキドキしながらページをめくったら、、、以下次号なんだもん(涙)。
この興奮を忘れないうちに、早く続きの物語を読ませて欲しい~!!
最近、ジュブナイルと呼ばれるジャンルがものすごく充実してるよね。
私なんかが思春期の頃は、こーんなに面白い作品はたくさんなかったと思う。
私もちょろいもさんと同感。
子供時代にこの物語と出会えるなんて、いまどきの子供たちが羨ましいわ♪
七生子 | 2005.07.29(金) 12:30 | URLコメント編集
>七生子さん
そうなのよね、チャグムなんだかやたら虐められてるよねえ(笑)。
仮にも皇太子なのに…(笑)。
確かにジュブナイルはすごく充実してるよねー。
わたしたちの頃は…コバルト文庫くらい?(爆)
ちょろいも | 2005.07.29(金) 21:45 | URL 【コメント編集
上橋菜穂子さんのこのシリーズは、図書館の児童書の書架に並んでいていつも気になっている作品。ついでに八方美人男さんにも薦められています。どこから読んでも面白いと書いてありますが、やはり第一作から読みたいところ。
なぜか「精霊の守り人」だけ、ないのです・・。くそぉ、読みたい。
すの | 2005.08.04(木) 01:18 | URLコメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
蒼路の旅人新ヨゴ皇国皇太子のチャグムは罠と知りながら、祖父トーサと共に新ヨゴの港を出港する。この船出がチャグムの人生を大きく変えていく。愛する人との別れ、そして、あらたなる出会い…。守り人・旅人シリーズ。前作『虚空の旅人』に“新たな物語のプロロー上橋菜穂
2005/07/29(金) 12:12:12 | どこまで行ったらお茶の時間
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。