2008年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『クラリネット症候群』。
2008.10.29 (水)
 乾くるみ『クラリネット症候群』の感想をこちらに。

 ちょっとサボっている間に気温はどんどん下がって最近はいよいよ暖房が恋しい季節。まだつけずに頑張ってますが昨日の夜は暖房入れるか入れまいかかなり本気で悩んだ。w 今日はもしかしたら夕方以降雪が降るかも…だそうな。はー、寒い季節はイヤだなあ。 あのキーンと冷たい清冽な空気はキライじゃないんだけれど。

 今月はわたしとしてはかなり調子よく読書が進んでいるんだけれど、感想の更新がぜんぜんついていかない。w どうしても地道な仕事が苦手なわたし。かといって派手な仕事が得意なのかというともちろんそんなことはない。来週個人的な旅行が控えているので、それでちょっと浮き足だっているってのもあるかなあ。え? 家族旅行かって? いや、一人旅です!w


スポンサーサイト
【記事編集】 11:08| 国内作家 あ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『超・ハーモニー』&『リ・セット』。
2008.10.22 (水)
 

 魚住直子『超・ハーモニー』&『リ・セット』の感想をこちらに。

 これらの作品が好きな人ゴメンなさい。わたしにとっては、どんどんテンションの下がる読書でした…。orz 『非・バランス』はすごくいいと思ったんだけどなあ。もしかしたら、3冊立て続けに一気読みしたのがいけなかったのかもしれないけれど。お腹いっぱいになってしまったというか。

 今日はお昼も夜も外食ですましてしまった♪ お昼は幼稚園にいく用事があったのでママ友たちとランチ、午後は相方のおごりで回転寿司♪ あー台所に立たなくていいってなんてステキなことなんだろう。w 料理するだけで後片づけがないっていうならまだマシなんだけどなあ。
【記事編集】 21:26| 国内作家 あ行| トラックバック:1| コメント:0Top↑
『非・バランス』。
2008.10.21 (火)
 魚住直子『非・バランス』の感想をこちらに。

 魚住直子は10年くらい読もうと思って読んでなかった作家さん。先日図書館で見かけて3冊まとめて借りてきた。児童書なのでどれも読むのは1時間かからないくらい。 うん、これはなかなかピュアでよい話だったわ。3冊読んだ中ではこれが一番好きだった。

 昨日は無事にアイロンを買ってきた。5000円くらいの、高くないけど安すぎないくらいのヤツ。w お友達のアドバイスにより、今度はコードレスのものを購入。今度は長持ちしてくれよー。
 クレジットカードを使う関係で相方が会社をひけてから家族で電気屋さんに行ったんだけれど、もうすっかりおもちゃ売り場がクリスマスバージョンになっていて(ほかの店はどこもハロウィンだというのにw)、子ども達は売り場に釘付け。w ぴこは今年はレゴのおっきいのがほしいんだそーな。ぴよはなんかキラキラした占いセットみたいなのがほしいんだそーな。 まあ、二人ともサンタに来てほしかったらちゃんといい子にするように。w しかし年長のぴこはともかく、小2のぴよはいつまでサンタを本気で信じているのかなあ。

 おもちゃ売り場をひやかしてアイロンを買った後は隣接したデパートのデパ地下で夕食。デザートに相方がたい焼きを買ってくれた。子ども達もわたしもたい焼きは外側のへげへげのところがついたままのヤツが大好き! 「たい焼き4枚、耳付きで!!」とお願いしてしっかりへげへげ付きをゲット。熱々でンまかった♪

【記事編集】 10:13| 国内作家 あ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『魔法の庭』。
2008.10.20 (月)
 イタロ・カルヴィーノ『魔法の庭』の感想をこちらに。

 これはデビュー作に雰囲気が近い、わりとシリアスな短篇集。タイトルからもっとファンタジーっぽい物語かなあと思っていたのに見事に裏切られたわ。一度読んでも「??」みたいに消化不良になってしまう作品もいくつか。起承転結がちゃんとあってキレイにまとまった物語、というより、印象的な断片を効果的に切り取った感じ。美しいけれど不穏。

 朝子ども達が出かける前にエプロンとかランチマットとかにアイロンをかけようとしたら、アイロンが壊れていた。orz まあ、直前の朝かけるわたしが悪いのね…前の日にちゃんとかけようとしていれば、気がついて新しいのを買っておけたのにー。どうやら断線した模様。今日は電気屋にいかねば。あー、緊縮財政の我が家にはイタイ出費。えーん。 アイロンをかけられなかったエプロンと三角巾を持って学校に行ったちょろぴよも不服な様子。ごめんよ、えーん。
【記事編集】 09:18| 海外作家 カ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『レ・コスミコミケ』。
2008.10.18 (土)
 イタロ・カルヴィーノ『レ・コスミコミケ』の感想をこちらに。

 やっぱりカルヴィーノ好きだなあ!
【記事編集】 20:12| 海外作家 カ行| トラックバック:0| コメント:2Top↑
『あたし彼女』。
2008.10.17 (金)
はじめて

ケータイ小説を

よんでみた

みたいな

【続きを読む】
【記事編集】 17:28| 本のお話| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『狂血』。
2008.10.17 (金)
 五條瑛の革命シリーズ7冊目、『狂血』の感想をこちらに。

 もうダメです、先生、わたしにはついていけません。
 今のわたしはこういう物語を求めていないんだよなあ。
 たぶん、このシリーズを読み始めた数年前の時点で、10巻完結していたら、ハイテンションで一気にのめり込むように読了できただろうに。
 まさに出逢うタイミングの問題。
 ってまだあと3冊あるから最後まで読みますが。
【記事編集】 09:13| 国内作家 か行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『エア』。
2008.10.16 (木)
 ジェフ・ライマン『エア』の感想をこちらに。

 プラチナ・ファンタジィだし、英国SF協会賞/アーサー・C・クラーク賞/ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞受賞だし、ちょっと期待度高すぎた…かも…。

 お天気が3日も続いていますが、今朝は昨日と比べてグッと気温が低かった。さむっ。
【記事編集】 09:59| 海外作家 ラ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『田村はまだか』。
2008.10.15 (水)
 朝倉かすみ『田村はまだか』の感想をこちらに。

 小さなバーでただただ田村を待ち続ける男女の話。序盤から中盤にかけて物語が動くことはまったくない。回想に継ぐ回想。でもぜんぜん、退屈にならない。後半、ぐあーっと物語が動くとものすごくこっちが動揺してしまった。

 舞台になる場所に土地勘があると、なんだか文章以外のいろいろな部分が刺激されてしまう。たぶんどんな小説でもそれは同じなんだろうけれど、わたしにはそういう”地元意識”みたいなものが根強いなあと改めて思った。それだけ好きなんだけれどね、地元が。

 そんな地元は昨日に引き続き小春日和。飛び交う大量の雪虫はウザイけれど(苦笑)、それを除けばとっても気持ちいい。こういう日はお散歩日和だなあ。でもどこにも出かけないで今日は読書読書。w
【記事編集】 09:25| 国内作家 あ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『限りなき夏』。
2008.10.06 (月)
 クリストファー・プリースト『限りなき夏』の感想をこちらに。

 めちゃめちゃ大好きな作家・プリーストの邦訳初短編集。短篇でもプリーストはプリースト、やっぱり愛は深まるばかりだわ~。w

 すっかり朝晩が肌寒くなって、外には雪虫が飛び交っちゃって、秋真っ最中、てゆかもうすぐ冬だなあ、という北の国だけれど、最近は読書も前よりはペースが上がっている感じ。といってもマイペースは変わらないんだけれど。と同時に、秋の夜長はなーんか淋しいな(苦笑)。 たぶん夜が長くなった分だけいらんことを考えすぎるんだと思う。自分が意地悪っぽいなーと思ったり、冷たいなーと思ったり、かと思えば気を回しすぎるから疲れるんだよ…ということもあったり。なかなか、自分は自分、とゆったり構えられないのは、自分に結局自信が足りないんだろーか。普段の態度は根拠もなく自信満々なのにな!w
【記事編集】 23:17| 海外作家 ハ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『悪人』。
2008.10.03 (金)
 吉田修一『悪人』の感想をこちらに。

 かなり久しぶりの吉田修一作品。『パレード』はかなり好きだったんだけれど、その後『東京湾景』ですっかり気持が離れていたのよね…。
 今回は話題作でかなりあちこちで話が盛り上がっていたのにひかれて手に取ったのだけれど、なんというか、宮部みゆきを連想する社会派な作品だった。いつの間にこういう作風になったんだろうか。

 
【記事編集】 20:36| 国内作家 や行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『ストーカー』と、あるオフ会の話。
2008.10.02 (木)
 A&B・ストルガツキー『ストーカー』の感想をこちらに。

 さて、ちょっとここ数日怒濤のバタバタな生活を送っているのですが、そんな中、先日なんとなんとなんと、トヨザキ社長&朝倉かすみさんにお会いしてきました(はぁと)。某SNSのオフ会で。この日ほどわたしが幸運だと思った日は他にない、かも。ホンモノのトヨザキ社長が目の前で! しゃべっている! 熱く語っている! 「ちょろいもさん」と呼びかけている!!!!

 バッチリサインをもらい、ツーショット写真を撮らせていただきました。
 トヨザキ社長はテキストでお見かけするイメージ通りの方でした。そして少年のようなピュアなハートの方でした。朝倉さんは作品のイメージよりもっとツッコミの鋭い方でした。お二人から本当にいろいろいろいろいろいろな興味深いお話を伺いました。さらに本好きな方の集まったオフ会なだけあって、他の参加メンバーの皆さまも本当に素敵な方ばっかりでした。しばらくこの余韻で生きていける!

【記事編集】 17:56| 海外作家 サ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。