2007年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
最近小説も読むけれど(BlogPet)
2007.05.25 (金)
時間ほどいったところまでお花見に在庫がなかったためただ今取り寄せ中なのが一番ラクだとわかってはいるんだけど(涙)


 最近小説も読むけれど、「本の本の時間を作ってから飲み会に出かけたら風邪をひきました「文学賞メッタ斬り!」
2007年版受賞作はありません編

だって♪


*このエントリは、ブログペットの「choro」が書きました。
スポンサーサイト
【記事編集】 12:49| choro(こうさぎ)| トラックバック:0| コメント:0Top↑
ちょろいもは(BlogPet)
2007.05.18 (金)
ちょろいもは
ほんとうは、ちょろいもはな『か『を読む時間は取れそうもなくってトホホだけれど、まあ家族も大切だから仕方ない。
って言ってたけど…

*このエントリは、ブログペットの「choro」が書きました。
【記事編集】 10:10| choro(こうさぎ)| トラックバック:2| コメント:0Top↑
『数学的にありえない』。
2007.05.16 (水)
数学的にありえない〈上〉 数学的にありえない〈下〉

 アダム・ファウアー『数学的にありえない』(上・下)の感想をこちらに。タイトルから勝手なイメージで、かなり学者っぽい論理的な知的ミステリを想像していたんですが、これが開けてビックリダ・ヴィンチ・コードばりのノンストップアクションサスペンス(なんてジャンルがあるのかよをい)でした~。
 単純に読んで愉しむためのエンターテイメント作品。そこに興味深い蘊蓄がちりばめられて。久々に単純な読書の楽しみを思い出しました。

 じっくり静かな読書も、考え込まされる重厚な読書も好きだけれど、エンタメはエンタメでちゃんと存在価値がある、と思います。読書の楽しみは居ながらにしていろいろな世界を旅して回れる楽しみ。知識を増やすためだけの読書はお勉強にはなるけれど、せっかく本読みに生まれたからには知識欲を満たすだけじゃもったいない。実際に読書で救われた著者が、必要性に迫られて書き上げた純粋なエンターテイメント。ちょっと「読書」に関して勘違いしたプライドを持ちつつあったわたしにとってはハッと目を覚ましてもらえた作品でした。
【記事編集】 11:19| 海外作家 ハ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『闇の底』。
2007.05.15 (火)
闇の底 薬丸岳『闇の底』の感想をこちらに。

 デビュー作『天使のナイフ』で少年法、そして今回は幼女誘拐殺人と、重いテーマを扱いつつきちんと読者にわかりやすいエンタメに仕上げる力業は相変わらず。新人とは思えないわ~~。 今回はちょっと個人的にラストの落としどころが気になったのだけれど、それでも注目に値する作家さんだと思う。次作も楽しみ!

【記事編集】 10:39| 国内作家 や行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『不恰好な朝の馬』。
2007.05.14 (月)
 週末に朝4時起きしてお弁当を作り、5時出発で車で3時間ほどいったところまでお花見に行き、桜を愛でて夕方帰宅し、夕食を作ってから飲み会に出かけたら風邪をひきました…。orz
 日曜日は1日寝ていたのでだいぶ調子はよくなってきたんですけどねー。鼻水が…ズルズル。

 とうわけで井上荒野『不恰好な朝の馬』の感想をこちらに。まだまだ3月読了分の感想更新中。あー、追いつかないなあ。4月、5月と生活がバタバタしていたせいもあり、読書量はかなーり落ちているんだけれど、それでも追いつかない。やっぱりちゃんと読んだらマメに更新するのが一番ラクだとわかってはいるんだけど(涙)。

 最近小説も読むけれど、「本の本」がブームに。感想はおいおい書きますが、山田正紀&恩田陸の『読書会』が刺激的でおもしろかった! あと、最近出た『文学賞メッタ斬り! 2007年版 受賞作はありません編』もおもしろかった。それからまだ全部読んでないけれど積んであってパラパラ読んでるのが『文學少女の友』と『どれだけ読めば、気がすむの?』。さらにさらに図書館から今借りているのが『読書の腕前』。もひとつダメ押しで本屋さんに在庫がなかったためただ今取り寄せ中なのが『世界文学ワンダーランド』。あー、どれもこれも刺激的!!

 でも、どれを読んでもいかに自分が読んでないかを突きつけられ、叩きのめされる日々。わたしはマゾかっ(苦笑)。
 も少し読書の時間を取りたいなー。切実に。
【記事編集】 17:10| 国内作家 あ行| トラックバック:0| コメント:2Top↑
なかなか(BlogPet)
2007.05.11 (金)
ほんとうは、ちょろいもは
なかなか『を読む時間は取れそうもなくってトホホだけれど、まあ家族も大切だから仕方ない。
とか考えてたよ。

*このエントリは、ブログペットの「choro」が書きました。
【記事編集】 10:05| choro(こうさぎ)| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『シャドウ』。
2007.05.09 (水)
シャドウ 道夫秀介『シャドウ』の感想をこちらに。道尾作品を読むのは『背の眼』、『骸の爪』に続いて3作目なんだけれど、うーん、どうもわたしとはあんまり相性がよくないみたい(大汗)。いや、この作品自体は大変によくできた、驚きの仕掛けの効いた、上質のミステリだとは思うのだけれど。こればっかりは好みの問題かしら。でもでも、とりあえず残り2作は読んでみようとは思ってる。「合わない」と切り捨てるには惜しい、何かが残っているような気がするようなしないような(苦笑)。

【記事編集】 11:52| 国内作家 ま行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『彼女がその名を知らない鳥たち』。
2007.05.08 (火)
彼女がその名を知らない鳥たち とうとうGWも終わりましたね~。こちらはようやく桜の開花宣言が出て、あちらこちらで桜が咲いています。ああ、やっと春が来た♪ 連休中はバタバタと家族サービス(笑)に忙しく、本を開く時間がほとんどなかったんだけれど、まあ充実した連休を過ごしたといえるのかな。ちょっと気持ち的にはお疲れなんだけれど、そろそろ心も体も平日モードにしなくっちゃ。

 というわけで、沼田まほかる『彼女がその名を知らない鳥たち』の感想をこちらに。『九月が永遠に続けば』で第5回ホラーサスペンス大賞を受賞した沼田まほかるの第2作。これはすごかった! 『九月~』でちょっとこの作家は注目かも、と思っていたのだけれど、格段にうまくなっている気がするわ。ますます次作が楽しみな作家に。前作があまりお気に召さなかった方々にも、ラストの衝撃をぜひぜひ味わってほしいっ!


【記事編集】 09:29| 国内作家 な行| トラックバック:1| コメント:4Top↑
ゴドーたちが(BlogPet)
2007.05.04 (金)
休み中はジャスパーで大きいお値段やなくって文学刑事サーズデイ・
ネクストだけれど、まあ家族も大切だから仕方ない
連休とかたまらないジャスパーを予定しなかったの感想をこちらに
とうとう上下巻にもやっと桜前線が到着
近所でもうっすらと桜のつぼみがつき始めました
ちょろいもがつき始めました?
choroたちが、たまらない家族とかを描写したかった
ゴドーたちが、広い感想や桜前線をサーズデイ・
ネクストやなくってトホホだけれど
だって♪


*このエントリは、ブログペットの「choro」が書きました。
【記事編集】 10:11| choro(こうさぎ)| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『眠れる美女』。
2007.05.02 (水)
眠れる美女 川端康成『眠れる美女』の感想をこちらに。いやー、なんとも官能的な短篇集。川端がこんなにネチっこい作家だったとは!(笑) 『古都』とか『山の音』とかしか読んだことがなくて、わりと優美でたおやかな作品を描くイメージだったのが、すっかり覆されました(笑)。意外…!と思ったら思い出した。そういえばわたし、学生の頃に『掌の小説』を読んでかなり動揺したんだったわ! 掌…もかなり怪しい掌篇満載だった記憶が…。ああ、本棚から引っ張り出して読み返してみたくなってきた(笑)。

【記事編集】 10:29| 国内作家 か行| トラックバック:0| コメント:2Top↑
『文学刑事サーズデイ・ネクスト3』。
2007.05.01 (火)
文学刑事サーズデイ・ネクスト 3 上 (3) 文学刑事サーズデイ・ネクスト 3 下 (3)

 ジャスパー・フォード『文学刑事サーズデイ・ネクスト3 誰がゴドーを殺したの?』の感想をこちらに。とうとう上下巻に分かれたサーズデイ・ネクストだけれど各巻の厚さはどってことなく。これなら別に分冊しないで1冊にできなかったのかしら…。お値段もガガン!と上がってちょっと気軽に手を出せない本になってきたのは確か。まあ、本好きにはたまらないストーリーではあるのだけれど。個人的にはちょっと納得行かない描写があって気になるんだけれど、エンタメとしてかなり優れてはいる、んじゃないかしらん。

 さてさてGWですね。北海道にもやっと桜前線が到着。近所でもうっすらと桜のつぼみがつき始めました。お休み中、ちょろいも家は地味に予定が目白押し。なかなか本を読む時間は取れそうもなくってトホホだけれど、まあ家族も大切だから仕方ない。連休が明けたら読書ペースを掴むつもりで!

【記事編集】 17:28| 海外作家 ハ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。