2006年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『実録・外道の条件』。
2006.10.31 (火)
実録・外道の条件 しまった、ちょっとぼんやりしているうちにどんどん感想が溜まっていく! というわけで町田康『実録・外道の条件』の感想をこちらに。これはね、かなり笑える、けれど非常にまっとうな話だと思った。世の中には外道が満ちている! 町田康はホントに頭がいいなあ、と思うわ。 しかし、この表紙の町田康のカッコイイこと(笑)! この表紙から(そしてタイトルからも)作品の中身は全然想像できないのが、損しているのか、得しているのか(笑)。
スポンサーサイト
【記事編集】 10:09| 国内作家 ま行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
たら28「あなたの街が舞台となった本」
2006.10.26 (木)
tara28
 久しぶりにたらい回しに参加 今回はきみ駒、ほっこり。のきみ駒さんのお題で、「あなたの街が舞台となった本」です~。
 おおっ、これならかなり意気込んで参加できそう♪ということで、最近なかなか参加できなかった重い腰をあげてみました(苦笑)。

 わたしの住んでいる街は北の街。けっこうたくさんの作品の舞台になってますが、やっぱり共通するのはきーんと冷たい静けさ、みたいなものかしら…。中にははちゃめちゃなものもありますが。漫画家のいくえみ綾さんなんかはいつもこの街が舞台で高校生くらいの頃は新連載が始まるたびに「おっ、今度はこの高校が舞台ね!」なんて友達同士で舞台になった高校の当てっこをしていたものです(笑)。

 というわけで、わたしのご紹介するのはこちらです♪
【続きを読む】
【記事編集】 23:41| 本のお話| トラックバック:14| コメント:16Top↑
『ティモレオン』。
2006.10.26 (木)
ティモレオン―センチメンタル・ジャーニー ダン・ローズ『ティモレオン センチメンタル・ジャーニー』の感想をこちらに。ずっと気になりつつも敬遠していたティモレオン。勇気を出して読んでみてよかった。たしかに幸せな話ではないけれど、ただただ残酷なだけのお話じゃなかった。やっぱりなんでも食わず嫌いしてとりあえずは読まないと始まらない。読まなくっちゃ貶すことすらできないからなあ(笑)。いや、これは全然貶すような作品じゃないですが。

 こちらはそろそろ本気で寒い。毎晩暖房をつけようかつけまいか本気で悩む今日この頃。まるでガマン大会みたいだわ!(笑) だってまだまだ灯油が高いんだもん~~~(涙)。

【記事編集】 12:03| 海外作家 ラ行| トラックバック:1| コメント:0Top↑
とか考えてたよ(BlogPet)
2006.10.25 (水)
今日、ちょろいもが
これを読んで、ああ~~、やっぱりちゃんと若いうちに読んでおくのが正しい『の姿勢ってもんじゃなかったのか…
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「choro」が書きました。
【記事編集】 11:28| choro(こうさぎ)| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『酒仙』。
2006.10.24 (火)
酒仙 南條竹則『酒仙』の感想をこちらに。第5回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作である本作。めっちゃめちゃおもしろくって、読んでいる間中幸せな気持に。残念なことに絶版なのね…。勿体ない! 多分このタイトルと装丁で、漢字の多い難しそうな本だ…と思っている人が多いんじゃないかしら。全然そんなことないのに!! お酒好きなら絶対に好きになる本だと思うわー。下戸の人でも十分に愉しめる。読む機会があればゼヒゼヒっ。

【記事編集】 23:50| 国内作家 な行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『ボディ・アンド・ソウル』。
2006.10.20 (金)
ボディ・アンド・ソウル 感想をもう1つ。古川日出男『ボディ・アンド・ソウル』の感想をこちらに。
 いやーなんというか…。少なくとも古川日出男初心者(笑)には向かないと思うわ。小説かエッセイかと言われれば多分小説だと思うけれど、小説にしては特に筋があるわけではなく(ないわけでもない/笑)、文章のグルーヴ感に酔うために読む、ような…。ちょっとカテゴリ分け不能な作品。

 じゃあキライかと言えば、好き(笑)。
 だって古川日出男が好きなんだもん~(笑)。

【記事編集】 23:15| 国内作家 は行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『グラン・ヴァカンス』。
2006.10.20 (金)
グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉 飛浩隆グラン・ヴァカンス』の感想をこちらに。前から話題作だったのは知っていたのだけれどなんとなく読む時期を失っていた本作。先日『象られた力』を読んでめちゃめちゃシビれてしまったので、その勢いで読んでみた。ちょうど文庫化されたのね~。ま、図書館派のわたしは単行本で読んだのだけれど(汗)。
 どちらかというと端正な『象られた力』に比べこちらは思いっきりエンターテイメント。わたしは読んでいて映画「マトリックス」を連想。いろいろ不満もないわけではないけれど、かなり愉しめた。
 飛作品は今月『ラギッド・ガール』が発売されたけれど、これもめっちゃめちゃ面白いという噂。
 絶対読むわ~~~!!

【記事編集】 16:10| 国内作家 た行| トラックバック:0| コメント:1Top↑
『熱帯』。
2006.10.19 (木)
熱帯 佐藤哲也『熱帯』の感想をこちらに。読んでいて蒸し暑~~~~~い気分になる1冊。これから寒くなる季節にぴったり!?(笑)

 神々の気まぐれによって熱帯と化した東京を舞台に繰り広げられるドタバタ劇。同じ熱帯下の東京を描いていて『シャングリ・ラ』とのこの違いはなんだ(笑)。どちらもエンタメという点では一級品だけれど。佐藤哲也は考えることが奇抜すぎ。頭の中が見てみたい…。

 わたしは昔少しだけシステム開発の仕事に関わったことがあるんだけれど、作品中の本筋にはほとんど関係のない開発会議の様子はかなーり笑ってしまった。あるあるある!

 佐藤哲也度(なんだそりゃ)は低め、エンタメ度は高め。何も考えずに愉しめる一冊。

【記事編集】 09:56| 国内作家 さ行| トラックバック:1| コメント:0Top↑
『夢の木坂分岐点』。
2006.10.18 (水)
夢の木坂分岐点 筒井康隆『夢の木坂分岐点』の感想をこちらに。いつも図書館でまっすぐに検索機に向かい、目当ての本の検索を済ませたらささっと予約して、それと同時に回ってきていた予約本を借りていく、というスタイルのわたしが珍しく開架でふと目にして、「そろそろ読んでみようかな?」と手に取ったのがこの作品。小学生の頃うっかり『48億の妄想』を読んだらすっかりトラウマになってしまい、以来筒井康隆は読むのを避けていたのだ。けれどこれを読んで、ああ~~、やっぱりちゃんと若いうちに読んでおくのが正しい本読みの姿勢ってもんじゃなかったのか…と激しく後悔。しくしく。
 今からでも少しずつ、読んでいこうかと考え中。なんだけど痛いのダメ、スプラッタ絶対ダメ!なわたしには地雷本が多そうなのよね…。とりあえず、信頼できる方にアドバイスを頂いて、次は『宇宙衛生博覧会』を読んでみることに。さあ、これは無事に読み切ることができるかなあ??
【記事編集】 22:53| 国内作家 た行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
もうこれは今年のベスト(BlogPet)
2006.10.18 (水)
今年最大の収穫は佐藤哲也「ぬかるんでから」
の感想をこちらに
いやー、もうこれは今年のベスト10確実
と、ちょろいもが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「choro」が書きました。
【記事編集】 12:08| choro(こうさぎ)| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『陰日向に咲く』。
2006.10.17 (火)
陰日向に咲く 劇団ひとり『陰日向に咲く』の感想をこちらに。あまりの評判の良さに、そんなに面白いなら、と図書館に予約を入れたのはいったいいつの日だったか。やっと回ってきたのが9月の末。いやー、長かった。その間にちょっと期待が膨らみすぎたのかも…というわけで、若干辛口です(汗)。

 ここのところ頑張ってマメに更新していたおかげで、感想未アップの本もやっと9月分は書き上げた! あとは10月分をこつこつ上げていかなければ…でも、この調子ならなんとかもうすぐ読んでいる本に感想が追いつくかな??
 ちなみに現時点で感想未アップ本は8冊。読書意欲は最近もりもりあるので、感想をサボるとまたこの距離が離れていっちゃう~~。はあ、筆マメな人って尊敬するわ…。orz


【記事編集】 11:24| 国内作家 か行| トラックバック:2| コメント:2Top↑
『ブラックベリー・ワイン』。
2006.10.14 (土)
ブラックベリー・ワイン ジョアン・ハリス『ブラックベリー・ワイン』の感想をこちらに。映画化された『ショコラ』が有名な作家さん。わたしも『ショコラ』を読んでみたくて、まずはこれだっけ?と思って手に取ったのだけれど、こっちはショコラのより下った時代が舞台の姉妹(?)編。うわ~! 素直に先に『ショコラ』を読めばよかったなあ。

 けれど結論を言えば、こちらから先に読んでもまったく問題はなかったみたい。十分に愉しめたし、前作を読んでいない事によるヘンな疑問も湧かなかったわ。もちろん、ちゃんと順番に読んだ方がそれ以上に愉しめたのだろうけれど。

 ちなみに『ショコラ』は映画もかなーりイイ!という噂なので、原作を読んだらDVDも借りて観てみたい。
【記事編集】 15:58| 海外作家 ハ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『異国伝』。
2006.10.13 (金)
異国伝 佐藤哲也『異国伝』の感想をこちらに。うーん、なんというか、「佐藤哲也1口アソートチョコレート詰め合わせ」みたいだ(笑)。いろんな味がちょこちょこっと楽しめて、1口ずつしかないんだけど種類が多いからお腹一杯。でもやっぱりちょっともの足りない…。佐藤哲也は1kgくらいある板チョコをイヤになりそうになりながら食べるのが正しいような。あ、いや、それって間違ってますかそうですか。自分でも間違ってる気がします(笑)。

【記事編集】 16:17| 国内作家 さ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『もしも、私があなただったら』。
2006.10.12 (木)
もしも、私があなただったら 白石一文『もしも、私があなただったら』の感想をアップしましたが、ご存じの方はご存じな様に、わたしは白石作品とはどうも相性がよくありません…。だったら読まなければいいのにナゼ読んでしまうのか(笑)。何か惹かれるものがあるのか。今のところなぜ自分が白石作品に手を出し続けるのかよくわかりません。もしかしたらこれが最後かも。というわけで、あまり感想も印象がよくありません。というか辛口気味。白石作品が大好きな方は読まないことをオススメいたします。それでも大丈夫、という方はこちら

 それはともかくとして、日ハムがパ・リーグで優勝!!

 地元北海道は異常な盛り上がり。北海道にプロ野球チームがやってきて、3年目にしてリーグ優勝だもんなあ。普段野球に全然興味のないわたしすら今日はTVを観てしまったわ。いやー、監督も「信じられない」とコメントしてましたが、地元民も信じられない思い(笑)。たぶん、もう二度とないかもしれないとみんな心の中で思っているからこそこんなに盛り上がってるんじゃなかろうか(笑)。や、祭りですよ祭り。

 この勢いで日本シリーズも優勝したらどうなっちゃうんだろう。きゃー。

 でも、今晩大阪の道頓堀よろしくこっちで川に飛び込む人がいたら、たぶん、凍死します(笑)。
【記事編集】 23:34| 国内作家 さ行| トラックバック:2| コメント:0Top↑
『ぬかるんでから』。
2006.10.11 (水)
ぬかるんでから 佐藤哲也『ぬかるんでから』の感想をこちらに。いやー、もうこれは今年のベスト10確実。というか今年最大の収穫は佐藤哲也を知ったことかもしれない。

 今年はいっぱい好みの本が読めた気がするわ~。ってまだ2ヶ月あるけど(笑)。

【記事編集】 18:53| 国内作家 さ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
そういえば(BlogPet)
2006.10.11 (水)
そういえば、ちょろいもが
そのうち1冊はこの間読んですこぶる面白かった飛浩隆の『『・ヴァカンス』なので、ぜひとも読了したいところ。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「choro」が書きました。
【記事編集】 11:25| choro(こうさぎ)| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『象られた力』。
2006.10.10 (火)
象られた力 飛浩隆『象られた力』の感想をこちらに。

 や、これはね、ものすごくよかった!
 バリバリのSFだけれどSFファンじゃない人でも問題なく愉しめると思う。ちょっと最近はSFと言えばハチャメチャなものばかり読んでいたような気がする(笑)ので、こういう端正でかつ力強いSFってなんだか嬉しいな。これを読んだ後、衝動的に『グラン・ヴァカンス』も借りてきてしまった。こちらの感想はまたいずれ。

 これであと、読了したけど感想未アップの作品は9冊。ふー、だいぶ追いついてきたわ~。
【記事編集】 15:55| 国内作家 た行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『沢蟹まけると意志の力』。
2006.10.08 (日)
沢蟹まけると意志の力 佐藤哲也『沢蟹まけると意志の力』の感想をこちらに。全作品コンプリートを目指している町田康と古川日出男を差し置いて、今わたしが一番ハマっているのがこの人、佐藤哲也かもしれない…。とにかく強烈で、アクが強くて、拒否反応を起こす人もいそうだけれど、一度覚えると病みつき(笑)。デビュー作にして日本ファンタジーノベル大賞受賞作の『イラハイ』もくどかった(笑)けれど、こっちもそれに負けないくどさ(笑)。

 もう、わたしの読書人生には「佐藤哲也」という烙印が押されてしまったのかも(爆)。

【記事編集】 23:01| 国内作家 さ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『おとうさんがいっぱい』。
2006.10.07 (土)
おとうさんがいっぱい 三田村信行『おとうさんがいっぱい』の感想をこちらに。児童書、しかも低学年くらいから読めそうな本なのだけれど、個人的には今年の5本の指に入るくらいの衝撃的な作品だった。1960年代に発表された作品群なのだけれど、40年以上経ってなお、この作品は古さを感じさせることがない。小学校時代に読んでおきたかったような、読んでなくてよかったような。『神様ゲーム』よりもっと怖かったわ…。
【記事編集】 23:28| 国内作家 ま行| トラックバック:0| コメント:8Top↑
『アマゾニア』。
2006.10.07 (土)
アマゾニア  今日は朝から晩までバタバタしっぱなしで読書もネットも夜まで時間がとれず。でも、とりあえず1冊でも更新しておかねば~。明日からまた3連休でネット時間を取るのは難しそうだものね…。

 というわけで、粕谷知世『アマゾニア』の感想をこちらに。まあいろいろ書いちゃったけれど(苦笑)、やっぱりファンタジーノベル大賞出身作家はレベルが高いと思う…。デビュー作の『クロニカ―太陽と死者の記録』も、ファンタジーノベル大賞受賞作を追いかけている関係で、いずれ読む予定♪
【記事編集】 01:26| 国内作家 か行| トラックバック:1| コメント:0Top↑
『ラピスラズリ』。
2006.10.05 (木)
ラピスラズリ 今日の4冊目。山尾悠子『ラピスラズリ』の感想をこちらに。うーんそろそろ今日の更新は限界か。ぴよぴこが幼稚園から帰ってくる時間が迫ってきたぞ(笑)。さすがに疲れてきたー(泣)。

 これでとりあえず山尾悠子の本の感想は全部書き上げたわ。あとは図書館で『山尾悠子作品集成』を借りてこなければー!

 今週末までに読まねば本が2冊ひかえているので、ぴよぴこの就寝後は読書に集中したいところ。うーん、読み切れるかなー? そのうち1冊はこの間読んですこぶる面白かった飛浩隆の『グラン・ヴァカンス』なので、ぜひとも読了したいところ。頑張らねば…。


【記事編集】 14:54| 国内作家 や行| トラックバック:1| コメント:0Top↑
『文学賞メッタ斬り!リターンズ』。
2006.10.05 (木)
文学賞メッタ斬り!リターンズ 3冊目。大森望・豊崎由美『文学賞メッタ斬り!リターンズ』の感想をこちらに。わたしに芥川賞・直木賞の新しい楽しみ方を教えてくれた(爆)『文学賞メッタ斬り!』の続編ですもの、出版されてすぐに買い求めたのにこの感想の遅さ…。orz

 前作とはまた違ったおもしろさ。文学賞ガイドとしては前作の方が優れているけれども、今回はまた違った味が楽しめた。どうせなら前作を踏まえてからの方がより愉しめるかな、うん。

【記事編集】 13:10| 国内作家 あ行| トラックバック:0| コメント:2Top↑
『夜の公園』。
2006.10.05 (木)
夜の公園 更新2冊目。川上弘美『夜の公園』の感想をこちらに。うーーーーーーーーーーーん(苦笑)。少なくとも、わたしが川上弘美に期待しているのはこういう小説じゃないのだわ…。もちろんそんなのわたしの勝手な期待なのは重々承知。なんだか最後まで、川上弘美を読んでいる気がしなかった。
 それはとっても淋しい気持だった。

【記事編集】 12:40| 国内作家 か行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『ミーナの行進』。
2006.10.05 (木)
ミーナの行進 ちょっと今日は更新に気合いを入れたいわ。とうわけで最初の更新。小川洋子『ミーナの行進』の感想をこちらに。これ、新聞で連載中に第1回だけ読んだのだけれど、どうも連載小説の苦手なわたしはそのまま以後の連載は読んでいなくって、単行本になってから初めて読んだ。よかった~! やっぱりまとめて読んで正解だったと思う。いや、平気な人はちゃんと連載で愉しめたと思うんだけれど。

 もう、絶妙なバランスの作品だと思う。普通の人が書いたらこのストーリーって全然おもしろくないのでは…。さすが『博士の愛した数式』の小川洋子なだけあるわ~! 誰にでも自身をもってオススメできる一冊。

【記事編集】 12:20| 国内作家 あ行| トラックバック:1| コメント:0Top↑
『ケッヘル(上・下)』。
2006.10.04 (水)
ケッヘル〈上〉  ケッヘル〈下〉

 腰を上げたついでに感想をもう一つ。中山可穂『ケッヘル(上・下)』の感想もこちらに。えーと、ちょっとキツめの感想です…もうこの作品が大好きで大好きでケチはつけられたくない、という方は読まないことをオススメいたします…(苦笑)。いや、キライじゃないんですが。むしろ好きなんですが。でもね…。あ、いやいや、ホントにスミマセン~。

【記事編集】 23:20| 国内作家 な行| トラックバック:0| コメント:2Top↑
『仮面物語 或は鏡の王国の記』。
2006.10.04 (水)
 山尾悠子『仮面物語 或は鏡の王国の記』の感想をこちらに。うーん、これも絶版な上にアマゾンにはカタログすらない。復刊ドットコムでは復刊交渉中のようですが…。画像がないと寂しいなー。手元の本を写真にとってアップしようか…と思ったんだけれど、やっとの思いで更新を始めたのに(苦笑)そういうことやろうと思うとまた重い腰が持ち上がらなくなるので、断念。モノグサですみません…。orz

 もう10月、今年もあと2ヶ月。世間では年賀状の予約も始まったようで。わたしの方はやっと読書エンジンはかかってきたんだけれど更新意欲はボチボチ…といったところ。そうなると、こんどは読んだのに感想アップしてない本がどんどんどんどん溜まって来ちゃう~~。ああ、ここらで少しまとめてアップしないとダメだなあ。ダメなことはわかってるんだけど。でも、だけど、だって。うわーん(泣くな)。
【記事編集】 22:49| 国内作家 や行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
とか言ってた(BlogPet)
2006.10.04 (水)
ちょろいもは
素晴らしかった~~~~~♪ ずっと山尾作品には興味があったもののなかなかこれに取る機会がなかったのだけれど、お友達の七生子さんがまとめて貸してくれたのでした!
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「choro」が書きました。
【記事編集】 11:39| choro(こうさぎ)| トラックバック:0| コメント:0Top↑
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。