2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『ハナシをノベル!!花見の巻』。
2008.07.15 (火)
 田中啓文・他『ハナシをノベル!!花見の巻』の感想をこちらに。

 正直に言うと、タイトルだけ見て「あ、笑酔亭梅寿シリーズの新しいヤツだ!」と勘違いして図書館に予約しました…。orz 手元に来たら人気作家が新作落語に挑戦するアンソロジーだったのでビックリ。でも、田中啓文を始め、北野勇作、田中哲弥、我孫子武丸…と続く錚々たる作家陣を見て、「これは嬉しい誤算♪」なんて思って読み始めた、のに、のに。
 個人的には期待はずれ、でした(苦笑)。
 落語って、やっぱり落語をよく知らないと書けないんじゃないかな。
 舞台の脚本と小説が似て非なる物のように、落語の原作と小説も、やっぱり似て非なる物、なのだという、当たり前っちゃー当たり前なことを改めて思ったわ…。

 ただ、この原作を実際に演じたものが収録されているCDはおもしろかった! というかもう全部、原作をちゃんと落語に昇華してCDにしてほしかった(苦笑)。2作品しか収録されていないのが寂しい。まあ、長いから仕方ないか…。
スポンサーサイト
【記事編集】 08:53| 国内作家(アンソロジー)| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『Sweet Blue Age』。
2006.09.12 (火)
Sweet Blue Age 『Sweet Blue Age』の感想をこちらに。読んでいて心地よいアンソロジーでした。こういうアンソロジーを読んでみて、気になる作家さんを見つけるというのもいいよね、なんて思いつつ、考えてみたらアンソロジーで知って今ではすっかり大好きな作家さんて…思い浮かばない…(汗)。もっといっぱい読んだら、自分にとって素敵な作家を見つけることができるなかな~?? でもでも、苦手な作家はやっぱり苦手だと再認識…(大汗)。

【記事編集】 11:16| 国内作家(アンソロジー)| トラックバック:0| コメント:2Top↑
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。