2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
 
カレンダー
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
My favorite
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
『ボートの三人男』。
2008.12.15 (月)
 ジェローム・K・ジェローム『ボートの三人男 -犬は勘定に入れません-』の感想をこちらに。ゆったりと流れるテムズ川のようにゆったりと流れる物語を堪能。

 いよいよ12月も半分かあ。年賀状を印刷しなければ…。大掃除もしなければ…。というわけで、慌ただしい日々がこれから待っている、ハズ。というか慌ただしく過ごさなければいけない、いけないわっ、ちょろいも!!
スポンサーサイト
【記事編集】 09:18| 海外作家 サ行| トラックバック:1| コメント:2Top↑
『ストーカー』と、あるオフ会の話。
2008.10.02 (木)
 A&B・ストルガツキー『ストーカー』の感想をこちらに。

 さて、ちょっとここ数日怒濤のバタバタな生活を送っているのですが、そんな中、先日なんとなんとなんと、トヨザキ社長&朝倉かすみさんにお会いしてきました(はぁと)。某SNSのオフ会で。この日ほどわたしが幸運だと思った日は他にない、かも。ホンモノのトヨザキ社長が目の前で! しゃべっている! 熱く語っている! 「ちょろいもさん」と呼びかけている!!!!

 バッチリサインをもらい、ツーショット写真を撮らせていただきました。
 トヨザキ社長はテキストでお見かけするイメージ通りの方でした。そして少年のようなピュアなハートの方でした。朝倉さんは作品のイメージよりもっとツッコミの鋭い方でした。お二人から本当にいろいろいろいろいろいろな興味深いお話を伺いました。さらに本好きな方の集まったオフ会なだけあって、他の参加メンバーの皆さまも本当に素敵な方ばっかりでした。しばらくこの余韻で生きていける!

【記事編集】 17:56| 海外作家 サ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『みんな行ってしまう』。
2008.08.13 (水)
 マイケル・マーシャル・スミス『みんな行ってしまう』の感想をこちらに。

 マイケル・マーシャル・スミスは以前長篇『ワン・オヴ・アス』を読んいで、今回の短篇集は2作目。マイケルってば、長篇も短篇もイケテルじゃないの!! なのになんで知名度が低いのか。わたしは直さんに紹介してもらうまで聞いたこともない作家さんだったわー。ま、わたしの場合、わたし個人が知らないから知名度が低い、とはなかなか言いがたいところはあるけれど…(苦笑)。

 昨日は無事母の田舎の畑で野菜をたっぷりと収穫して、温泉を満喫して帰宅。それから採ってきた野菜を仕分けして、夕食に採りたてトマトと採りたてナスの揚げ焼きと採りたてささげの卵とじと採りたてアスパラ炒めを作って、夕食後子どもを寝かせてから採ってきたとうきびをぜんぶ茹でて、朝起きてから袋いっぱいに入ったじゃがいもをベランダで日に当てて、と大忙しでぐったり…。でも、やっぱりお日様をたっぷり浴びた新鮮な野菜を食べるためには頑張らねば。w 子ども達も、仕事で行けなかった相方も「おいしい!」を連発してくれたので、頑張った甲斐がありました。
 朝は茹でトウキビが主食の朝食。w
 子どもたちも、トウキビ食べるのがだいぶ上手くなったなあ。
【記事編集】 11:17| 海外作家 サ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
『[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ』。
2008.01.15 (火)
 シオドア・スタージョン『[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ』の感想をこちらに。2007年の最後に読んだ本がこれ。はー、これでやっと去年の感想を全部書いたわー、ふう。 スタージョンは今まで奇抜な作品を書く作家、というイメージがあったのだけれど、そしてこの短篇集ももちろん発想が奇抜、という点では同じなんだけれど、読む短篇読む短篇ハートウォーミングな内容でそれがかなり意外だった。こんな作品も書くんだー!みたいな。 やっぱり作家は一冊読んでもわからないわー。

 今年はまだあんまり本を読んでいないので、この調子で行けば早いうちに読んでいる本と感想を書いている本のタイムラグがなくなりそう。なるべくリアルタイムでの更新を心がけたいものですわ(汗)。
【記事編集】 11:06| 海外作家 サ行| トラックバック:1| コメント:2Top↑
『ワン・オヴ・アス』。
2007.11.10 (土)
 マイケル・マーシャル・スミス『ワン・オヴ・アス』の感想をこちらに。悪質な図書館テロの衝撃を乗り越えての読了だったのだけれど、や、この表紙からこの内容は絶対浮かばないと思うわ! バリバリハードなサイバーSFのふりをしているけれど、作品から溢れてくるのは家電へのこの上なく暖かな愛情なのだ(爆)。ちょっとオマヌケでめちゃめちゃチャーミングな作品。

 こんな作品を見つけて、オススメしてくれる直さんにおっきなラヴを(はぁと)!
【記事編集】 13:33| 海外作家 サ行| トラックバック:0| コメント:0Top↑
Now Reading
checkblog list
あわせて読みたい
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
グリムス(gremz)
◆◇◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。